リンツ&シュプルングリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リンツ&シュプルングリー
Chocoladefabriken Lindt & Sprüngli AG
スイス・キルヒベルクの本社
スイス・キルヒベルクの本社
種類 株式会社
市場情報 SIXLISN
SIXLISP
略称 リンツ
本社所在地 スイスの旗 スイス
キルヒベルク
設立 1845年
業種 食料品
事業内容 チョコレートの製造・販売
代表者 ディーター・ワイスコフ
(Dieter Weisskopf, CEO)[1]
売上高 4,088億CHF(2017年)[2]
純利益 4億5250万CHF(2017年)[2]
主要子会社 ギラデリ
ラッセルストーバー
カファレル
ホフバウアー
キュッフェルル
関係する人物 ダーヴィト・シュプルングリー=シュヴァルツ
ロドルフ・リンツ
外部リンク http://www.lindt.com/
テンプレートを表示
リンツ&シュプルングリージャパン株式会社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
107-0062
東京都港区南青山3-13-18
313南青山3階[3]
設立 2010年1月[3]
業種 食料品
事業内容 チョコレートを始めとした食品・飲料の製造・販売・輸入
リンツ ショコラ カフェおよびショコラブティックの運営[3]
代表者 アンドレ・ツィメルマン(代表取締役)[4]
資本金 12億2,700万円[3]
従業員数 710名(2019年2月現在)[3]
テンプレートを表示

リンツ&シュプルングリードイツ語: Chocoladefabriken Lindt & Sprüngli AG、通称リンツ)は、スイスチューリッヒ州のキルヒベルク(Kilchberg)に本社を置き、チョコレートを中心とした菓子の製造・販売や、関連店舗の運営を行う企業。子会社を含め多くのチョコレートブランドを保有する。日本法人はリンツ&シュプルングリージャパン株式会社スイス証券取引所上場企業。

沿革[編集]

1845年、ダーヴィト・シュプルングリー=シュヴァルツ(David Sprüngli-Schwarz)と息子のルドルフ・シュプルングリー=アマン(Rudolf Sprüngli-Ammann)が、チューリッヒ旧市街の小さな菓子店を購入、1859年に中心街のパラデプラッツに2号店を開業、1870年に大規模なチョコレート工場がチューリッヒに設立された[5]

1892年にルドルフの次男のダーヴィト・ロベルト(David Robert)が店舗の運営を引き継ぎ、この時期に特にパラデプラッツの店舗はチョコレートの名店として知名度をあげたが、工場の運営を引き継いだ長男のヨハン・ルドルフ・シュプルングリー=シファリー(Johann Rudolf Sprüngli-Schifferli)は、チューリッヒの工場が早くも手狭になったことから、1899年、郊外のキルヒベルクに新しい工場を設立、また会社組織のシュプルングリー・チョコレート(Chocolat Sprüngli AG)を設立し、経営体制を整備した[5]

1879年ベルンの薬剤師の息子であったロドルフ・リンツ(Rodolphe Lindt)は、従来の硬いチョコレートに対して、新工法による滑らかな舌触りのチョコレートを発明し、国際的な評判を呼んだ[6]。ヨハンはロドルフのチョコレート店を買収、会社名をベルン=チューリッヒ・リンツ&シュプルングリー・チョコレート製造会社(Aktiengesellschaft Vereinigte Berner und Zürcher Chocoladefabriken Lindt & Sprüngli)と改名し、現在のリンツ&シュプルングリーに至る基礎を築いた[5]

第一次世界大戦中の1915年には、生産の4分の3は輸出向けとなり、世界20カ国で販売する国際的企業に成長したが、戦後の世界的な景気後退、また第二次世界大戦中に主要各国が厳しい輸入規制を実施したため、国際市場に多くを拠るリンツ&シュプルングリーは収入低下が続き、大きな試練となった[5]

戦後はチョコレートの需要が急回復し、逆に増産が追い付かない状況となったが、各国に拠点を増設することで対応、1949年に看板商品となるトリュフチョコレートの「リンドール」(Lindor)を販売開始、1960年代にはスイス国内のチョコレート製造メーカーを相次いで買収・統合することで経営規模を拡大した[5]

1994年、経営体制の再編が行われ、持株会社のリンツ&シュプルングリー(Chocoladefabriken Lindt & Sprüngli AG)を設立、各国の現地法人がその傘下で運営される体制となった[5]2009年にリテール部門が新設され、以降、ショコラカフェやショコラブティックなど、世界で300以上の店舗を開設・運営している[7]

日本では東京(南青山)に、リンツ&シュプルングリージャパン株式会社が設けられ、製品の日本への輸入・販売や、ショコラカフェやショコラブティックの運営を行っている。

リンツ ショコラ カフェ[編集]

リンツは世界中に410店舗以上のショコラ カフェおよびショコラブティックを展開しており[8]、チョコレート、デザート、マカロン、ケーキ、アイスクリームなどを提供している。

保有ブランド[編集]

リンツチョコレートに加えて、以下のチョコレート・菓子ブランドを保有している。

関連項目[編集]

初版本ではLindschokoladeとなっていたが、現行の版ではLindtschokoladeと改められている。

脚注[編集]

  1. ^ Group ManagementLindt & Sprüngli、2019年3月31日閲覧。
  2. ^ a b Annual Report 2017 (PDF) Lindt & Sprüngli、2019年3月31日閲覧。
  3. ^ a b c d e マイナビ2020|リンツ&シュプルングリージャパン(株)【リンツチョコレート】の会社概要マイナビ、2019年3月31日閲覧。
  4. ^ 会社概要リンツ オンラインショップ、2019年3月31日閲覧。
  5. ^ a b c d e f History” (英語). リンツ&シュプルングリー. 2017年8月20日閲覧。
  6. ^ リンツチョコレートの誕生秘話”. リンツ&シュプルングリージャパン. 2017年8月20日閲覧。
  7. ^ Global Retail” (英語). リンツ&シュプルングリー. 2017年8月20日閲覧。
  8. ^ Global RetailLindt & Sprüngli、2019年3月31日閲覧。
  9. ^ GRUPPO LINDT: ACQUISTA CAFFAREL” (イタリア語). Adnkronos (1997年9月23日). 2017年8月20日閲覧。
  10. ^ Lindt buys No.3 slot in U.S. market with candy maker Russell Stover” (英語). ロイター (2014年7月14日). 2017年8月20日閲覧。

外部リンク[編集]