ケリー・グループ (アイルランドの企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
トラリーのグループ本社

ケリー・グループ: Kerry Group plc)は、アイルランドトラリーに本拠を置き、香味料や栄養剤など食品成分の開発や、食品の生産を行うコングロマリット。アイルランド証券取引所ロンドン証券取引所上場企業(ISEQKRZLSEKYGa)。

1972年ケリー州Listowelで、州の保有するDairy Disposal Companyと、8つの農業協同組合、アメリカ合衆国Erie Casein Company Inc.の共同出資により設立された[1]。設立の目的はアメリカ市場向けの牛乳の生産であり、牛乳と乳製品が初期の生産の中心であったが、1980年代に入ると肉製品など分野の多様化に着手、またシカゴロンドンに拠点を開設、アメリカ企業の買収を開始し国際化を進めた[1]1974年以降収益を17年連続で増加させ、1986年10月、アイルランド証券取引所の上場企業となった[1]

2001年にマレーシア・ジョホールバルに拠点を開き、中国や日本企業への販売を強化する一方[1]2004年3月、食品原材料を扱うQuest Food Ingredients Groupを買収[2]2005年8月にインド料理やタイ料理を扱うNoon Productsを買収[3]2009年にはアメリカ・ウィスコンシン州に開発拠点を設立した[1]2011年9月、香味料メーカーのCargill Flavor Systemを買収[4]、アイルランド経済が不況下にあった2012年以降、大規模な投資計画に着手し[5]2013年10月、ドバイに開発拠点を設立[6]2014年2月、アジア市場への要としてシンガポールに開発拠点を設立[7]2015年10月にはWellmuneRed Arrow ProductsIsland Oasisのアメリカ食品3社を一挙に買収した[8]

現在ケリー・グループの事業は、アジアやラテンアメリカを含むグローバル市場を対象に、食品・飲料成分や医薬品の開発を行うKerry Inc.と、アイルランドとイギリスの市場向けに冷蔵・冷凍食品を中心とした食品ブランドを生産するKerry Foods[9]、牛乳の製造を行うKerry Agribusinessの3部門に分かれている[10]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Our History and Heritage” (英語). ケリー・グループ. 2016年12月1日閲覧。
  2. ^ ICI Sells Food-Ingredients Line Of Quest Unit to Kerry Group” (英語). ウォール・ストリート・ジャーナル (2004年3月3日). 2016年12月1日閲覧。
  3. ^ Kerry Group buys Noon Products” (英語). The Grocer (2005年8月9日). 2016年12月1日閲覧。
  4. ^ Kerry Buys Cargill Flavor System for $230 Million” (英語). Natural Products Insider (2011年9月23日). 2016年12月1日閲覧。
  5. ^ アイルランド、経済復調の兆し”. 日本経済新聞 (2015年9月28日). 2016年12月1日閲覧。
  6. ^ Kerry Opens New Regional Development & Application Centre in Dubai” (英語). PR Newswire (2013年10月30日). 2016年12月1日閲覧。
  7. ^ Good ingredients for Kerry as revenue tops €5.8bn” (英語). Agriland (2014年2月25日). 2016年12月1日閲覧。
  8. ^ Kerry Group Buys Three Food Companies for $735 Million” (英語). Powder and Bulk Solids (2015年10月19日). 2016年12月1日閲覧。
  9. ^ Our Brands” (英語). ケリー・グループ. 2016年12月1日閲覧。
  10. ^ Group Structure” (英語). ケリー・グループ. 2016年12月1日閲覧。

外部リンク[編集]