スカンジナビスカ・エンスキルダ・バンケン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スカンジナビスカ・エンスキルダ・バンケン
Skandinaviska Enskilda Banken AB
Skandinaviska Enskilda Banken logo.svg
SEB Kungstradgarden 8.JPG
ストックホルム中心部のSEB本社
種類 公開会社
市場情報 Nasdaq Nordic SEB A
略称 SEB
本社所在地  スウェーデン
106 40
Kungstradgardsgatan 8, ストックホルム
設立 1972年(48年前) (1972
業種 銀行
代表者 Johan Torgeby(CEO
外部リンク コーポレートサイト(英語)(スウェーデン語)
テンプレートを表示

スカンジナビスカ・エンスキルダ・バンケン(スカンジナビア・エンスキルダ銀行、スウェーデン語: Skandinaviska Enskilda Banken AB、通称SEB)は、スウェーデンストックホルムに本社を置く銀行。スウェーデンの主要銀行の一つである[1]商業銀行としての側面に加え、資産運用生命保険業務も取り扱う。ストックホルム証券取引所上場企業(Nasdaq Nordic SEB A)。

沿革[編集]

SEBの前身は1856年ヴァレンベリ家のアンドレ・オスキャル・ヴァレンベリ(André Oscar Wallenberg)により、ストックホルム最初の民間による銀行として設立されたStockholms Enskilda Bankである[2]1915年に同社は中心街のKungsträdgårdsgatan沿いに本社を移転、1972年Skandinaviska Bankenと合併し、現在の名称となった[2]

1990年代にスウェーデンの金融機関は深刻な不況に陥るが、SEBは公的資金投入を受けることなく不況を克服、1996年にインターネットバンキングを開始、1998年、トレードネームをSE-Bankenから現在のSEBに変更した[2]2000年ドイツのBfG銀行を買収、さらに年末までにエストニアEesti ÜhispankラトビアLatvijas UnibankリトアニアVilniaus Bankasを一挙に100%子会社化した。2001年にスウェーデンの大手銀行であるスウェドバンクとの合併交渉が行われたが、強大化を問題視する欧州委員会の介入により阻止された。

その後2010年、BfG銀行をスペインのサンタンデール銀行に売却するが[3]、現在までSEBはスウェーデンとバルト三国を主な地盤とし、ニューヨークロンドン香港などの国際拠点を維持している[4]

脚注[編集]

  1. ^ スウェーデン4大銀行、健全だがリスクもある”. ウォール・ストリート・ジャーナル (2013年5月28日). 2016年10月25日閲覧。
  2. ^ a b c Our history” (英語). スカンジナビスカ・エンスキルダ・バンケン. 2016年10月25日閲覧。
  3. ^ Santander buys SEB’s German branches” (英語). フィナンシャル・タイムズ (2010年7月13日). 2016年10月25日閲覧。
  4. ^ International network” (英語). スカンジナビスカ・エンスキルダ・バンケン. 2016年10月25日閲覧。

外部リンク[編集]