スカンジナビスカ・エンスキルダ・バンケン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ストックホルム中心部のSEB本社

スカンジナビスカ・エンスキルダ・バンケン(スカンジナビア・エンスキルダ銀行、スウェーデン語: Skandinaviska Enskilda Banken AB、通称SEB)は、スウェーデンストックホルムに本社を置く銀行資産運用生命保険業務も取り扱う。ストックホルム証券取引所に上場している(OMXSEB A)。ノルデア銀行スウェドバンクスベンスカ・ハンデルスバンケンと共に、スウェーデンの主要銀行の一つとなっている[1]

1856年ヴァレンベリ家のアンドレ・オスキャル・ヴァレンベリ(André Oscar Wallenberg)により、ストックホルム最初の民間による銀行として、Stockholms Enskilda Bankの名称で設立された[2]1915年に中心街のKungsträdgårdsgatan沿いに本社を移転、1972年Skandinaviska Bankenと合併し、現在の名称に改称した[2]。1990年代にスウェーデンの金融機関は深刻な不況に陥るが、SEBは公的資金投入を受けることなく不況を克服、1996年にインターネットバンキングを開始、1998年、トレードネームをSE-Bankenから現在のSEBに変更した[2]2000年ドイツのBfG銀行を買収、さらに年末までにエストニアEesti ÜhispankラトビアLatvijas UnibankリトアニアVilniaus Bankasを一挙に100%子会社化した。2001年にスウェドバンクとの合併交渉が行われたが、強大化を問題視する欧州委員会の介入により阻止された。その後2010年、BfG銀行をスペインのサンタンデール銀行に売却するが[3]、現在までSEBはスウェーデンとバルト三国を主な地盤とし、ニューヨークロンドン香港などの国際拠点を維持している[4]

脚注[編集]

  1. ^ スウェーデン4大銀行、健全だがリスクもある”. ウォール・ストリート・ジャーナル (2013年5月28日). 2016年10月25日閲覧。
  2. ^ a b c Our history” (英語). スカンジナビスカ・エンスキルダ・バンケン. 2016年10月25日閲覧。
  3. ^ Santander buys SEB’s German branches” (英語). フィナンシャル・タイムズ (2010年7月13日). 2016年10月25日閲覧。
  4. ^ International network” (英語). スカンジナビスカ・エンスキルダ・バンケン. 2016年10月25日閲覧。

外部リンク[編集]