パートナーズ・グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

パートナーズ・グループドイツ語: Partners Group Holding AG)は、スイスツーク州に本拠を置き、プライベート・エクイティ・ファンドを中心に運用を行う投資管理会社。プライベートインフラ・プライベート不動産等の分野に強みを持ち、欧米豪アジアの世界15カ国で事業を展開する。スイス証券取引所上場企業(SIXPGHN)。

1996年1月、Marcel ErniAlfred GantnerUrs Wietlisbachの3人により創業、メザニンファイナンスによる支援など未公開株の運用を通じて急速に成長し、2000年に初の海外拠点をニューヨークジャージーに設置した[1]2003年に従業者数が100人を越え、2006年3月にスイス証券取引所に上場、2008年国際連合責任投資原則にプライベート・エクイティ投資企業として早期の署名を果たした[1]2007年、アメリカ合衆国に本拠を置くPension Consulting Alliance Inc.の裁量資産管理の取得を発表し、プライベート不動産分野で大きく伸長した[2]2013年5月、イタリアの同業Perennius Capital Partnersを吸収合併した[3]

日本では2007年にオフィスを開設、東京(大同生命霞が関ビル)に日本駐在員事務所を持つ。2014年に、年金分野におけるアセットマネジメントの拡充を目的とするみずほフィナンシャルグループと業務提携を締結[4]、また日本再生可能エネルギー(NRE)の太陽光発電所関連施設の建設資金に出資した[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b History” (英語). パートナーズ・グループ. 2017年8月27日閲覧。
  2. ^ Annual Report 2007 (PDF)”. パートナーズ・グループ. 2017年8月27日閲覧。
  3. ^ Perennius Capital Partners SGR sigla accordo con Partners Grou” (イタリア語). Finanzaoperativa.com (2013年5月9日). 2017年8月27日閲覧。
  4. ^ パートナーズグループとの業務提携契約の締結について (PDF)”. みずほフィナンシャルグループ (2014年1月23日). 2017年8月27日閲覧。
  5. ^ 日本再生可能エネルギー、日本の太陽光エネルギー市場にさらなる投資”. Cnet Japan (2014年1月27日). 2017年8月27日閲覧。

外部リンク[編集]