ナショナル・グリッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ナショナル・グリッド: National Grid plc)は、イギリスイングランド中部・ウォリックに本拠を置く、送電およびガス供給事業者。イングランド・ウェールズアメリカ北東部を事業対象とする。ロンドン証券取引所ニューヨーク証券取引所に上場している(LSENGNYSENGG)。

沿革[編集]

ナショナル・グリッド所有の送電網(イングランド・エクセター近郊)

ナショナル・グリッド設立以前、イングランドとウェールズの電力事業は、国営電力会社のCentral Electricity Generating Board(CEGB)の統括下に置かれていた。1990年にCEGBは解体され、発電事業はPowerGen2004年にドイツのE.ONが買収)、National Power2001年に2社に分割され、ドイツのRWEとフランスのGDFスエズ(現在のエンジー)がそれぞれ買収)、Nuclear Electric(現在のEDFエナジー)の3社が、送電事業はナショナル・グリッドが、配電事業は12の地域配電事業者(Public electricity supplier、PES)が受け持つこととなった[1]。ナショナル・グリッドは1995年12月、ロンドン証券取引所上場企業となった[2]

2000年、ナショナル・グリッドは、アメリカのNew England Electric Systemを買収[3]2002年1月に、ニューヨーク州北部に本拠を置くNiagara Mohawk Power Corporationを買収した[2]。2002年10月、イギリスのガス供給事業者であったLattice Group plcBG Groupからのスピンオフ企業で、旧ブリティッシュガスの分割企業であるTransco plcの親会社)を買収、2005年に同ガス事業をナショナル・グリッドの一部としてリブランド化した[4]2006年2月、ニューヨークに拠点を置くアメリカ第5のガス供給事業者KeySpan Corporationを買収した[5]

2007年に、オランダの送電事業者TenneTとのジョイント・ベンチャーにより、European super grid計画の一端として、ロッテルダム近郊のMaasvlakteとイングランドを繋ぐ海底ケーブルBritNed工事に着手[6]2011年4月に開通させた[7]2015年4月、景観に配慮した次世代型の鉄塔T-pylon」を開発・実用化した[8]

2016年の時点でナショナル・グリッドは、National Grid Electricity Transmission plcがイングランド・ウェールズの送電事業を担当し(スコットランドでの送電事業運営も一部行っているが、送電網の所有権はスペインのイベルドローラ系列企業が保持している)[9]National Grid USAがアメリカで14000キロメートルの送電網を保持し、Boston Gas CompanyColonial Gas Companyなどの買収企業をリブランド化の上、ガス供給事業を行っている。アメリカ事業の拠点は、マサチューセッツ州ウォルサムに置かれている。

脚注[編集]

  1. ^ 電力会社の海外展開~その1 (PDF)”. 電気学会 (2005年9月). 2016年10月10日閲覧。
  2. ^ a b Our history” (英語). ナショナル・グリッド. 2016年10月10日閲覧。
  3. ^ Another US buy for National Grid?” (英語). 英国放送協会 (1999年1月26日). 2016年10月10日閲覧。
  4. ^ From Transco (Part of BG Plc) to National Grid” (英語). ナショナル・グリッド. 2016年10月10日閲覧。
  5. ^ National Grid completes KeySpan acquisition” (英語). ロイター (2007年8月24日). 2016年10月10日閲覧。
  6. ^ New cable to link UK and Dutch power grids” (英語). ロイター (2007年5月22日). 2016年10月10日閲覧。
  7. ^ Dutch, U.K. Regulators Approve Britned Power Cable Trading” (英語). ブルームバーグ (2011年2月24日). 2016年10月10日閲覧。
  8. ^ 鉄塔マニアにとってはちょっともの足りない感じだけどなかなかスリムで未来的デザイン 英ナショナル・グリッド、次世代デザインの送電鉄塔「Tパイロン」建設”. アスキー (2015年4月10日). 2016年10月10日閲覧。
  9. ^ What we do in the Electricity Industry” (英語). ナショナル・グリッド. 2016年10月10日閲覧。

外部リンク[編集]