ヤラ・インターナショナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Yara International ASA
企業形態 株式会社
業種 化学
設立 1905年
本社 ノルウェーの旗ノルウェーオスロ
主要人物 Jørgen Ole Haslestad CEO兼社長)、 Øivind Lund (取締役会議長)
製品 窒素肥料硝酸塩
売上高 88,775百万NOK(2008年)[1]
営業利益 増加 12,281百万クローネ(2008年)[1]
利益 増加 8,228百万クローネ (2008年)[1]
従業員数 8,170名 (2007年)[2]
ウェブサイト www.yara.com
テンプレートを表示

ヤラ・インターナショナルノルウェー語: Yara International ASAOSE: YAR)は、ノルウェーオスロに本社を置き、世界50カ国以上に拠点を持つ、世界最大の窒素肥料メーカーである[3][4]。ヤラ・インターナショナルの主要事業領域は尿素硝酸塩アンモニアといった窒素化合物を主とした窒素肥料の製造、販売である。

2004年3月26日、ノルスク・ハイドロが上場する際、肥料事業すべてを含むノルスク・ハイドロのHydro Agri部門が、ノルスク・ハイドロより独立して設立された。ノルスクハイドロはヤラ・インターナショナルの株式保有分全てをノルスク・ハイドロの株主に分配したため、ノルスク・ハイドロはヤラ・インターナショナルの経営権を持っていない。

オスロ証券取引所に上場しており、OBX指数採用銘柄の一つである。

M&A[編集]

2007年5月、ヤラ・インターナショナルのはフィンランドの肥料メーカーであるen:Kemira GrowHowの株式30.05%を取得、残りの株式の購入を申し込んだ。2010年2月には、41億USドルでTerra Industries社を買収、同社はヤラ・インターナショナルの完全子会社となり、Yara North Americaと改称した[3][5]

脚注[編集]

外部リンク[編集]