EQT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

EQT AB
EQT (Unternehmen) logo.svg
種類 公開会社
市場情報 Nasdaq Nordic EQT
本社所在地  スウェーデン
111 53
Regeringsgatan 25, ストックホルム
設立 1994年 (28年前) (1994)
業種 投資運用業
代表者 クリスチャン・シンディング(CEO
主要株主 インベストール(18.1%)
外部リンク 公式ウェブサイト(英語)(スウェーデン語)
テンプレートを表示

EQTEQT AB)は、スウェーデンストックホルムに本社を置く北欧最大のプライベート・エクイティ・ファンド。世界15カ国以上に拠点を持ち、欧米諸国やアジア太平洋地域の未公開株に投資している。日本法人はEQTパートナーズジャパン株式会社ナスダック・ストックホルム上場企業(Nasdaq Nordic EQT)。

沿革[編集]

1994年に、スウェーデンの富豪一族ヴァレンベリ家がコントロールする投資会社インベストールおよびその出資企業のスカンジナビスカ・エンスキルダ・バンケンアメリカ合衆国のプライベート・エクイティ・ファンドAEA Investorsの出資により、EQT Partners(EQTパートナーズ)の社名でストックホルムで設立された[1]1998年に初の国外拠点をコペンハーゲンに開設、2005年フランクフルトと共に香港に拠点を開設しアジア地域に進出、2008年にはニューヨークに拠点を設けた[1]

2019年9月にEQT ABとして株式公開企業となった[2]2021年4月アメリカ・フィラデルフィアを拠点とするExeter Property Groupを買収し、子会社EQTエクセターとした[3]2022年3月、アジアにおける同業大手のベアリング・プライベート・エクイティ・アジアを買収し、BPEA EQT Asiaとすることを発表した[4]

投資先としてはヨーロッパが4割強、南北アメリカが約4分の1、アジア太平洋地域が2割強となっている[5]

日本法人[編集]

日本法人「EQTパートナーズジャパン株式会社」は、2021年1月に設立[6]、東京(港区)にオフィスを持つ。日本法人開設と共に、日本産業パートナーズとの連携を発表した[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b History” (英語). EQT AB. 2021年6月6日閲覧。
  2. ^ 米PE大手より輝くスウェーデンEQT、上場初日に大幅高”. ロイター (2019年9月25日). 2021年6月5日閲覧。
  3. ^ Combination with Exeter Property Group completed - introducing EQT Exeter” (英語). EQT AB (2021年4月1日). 2021年6月5日閲覧。
  4. ^ EQT takes the next step on its strategic journey – joins forces with Baring Private Equity Asia, creating a scaled active ownership platform in Asia” (英語). Cision (2022年3月16日). 2022年3月17日閲覧。
  5. ^ Annual Report 2020 (PDF)” (英語). EQT AB (2021年3月31日). 2021年6月5日閲覧。
  6. ^ EQT takes next step in its Asia-Pacific strategy – opens office in Japan” (英語). EQT AB (2021年1月29日). 2021年6月5日閲覧。
  7. ^ 外資ファンド、日本上陸の好機”. 日本経済新聞 (2021年2月18日). 2021年6月5日閲覧。

外部リンク[編集]