日本産業パートナーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本産業パートナーズ株式会社
Japan Industrial Partners, Inc.
種類 株式会社
本社所在地 100-0011
東京都千代田区丸の内2丁目1番1号
明治安田生命ビル15階
設立 2002年11月1日
法人番号 8010001094082
事業内容 事業再編目的のファンドの管理運営業務及びその関連業務
代表者 代表取締役社長 馬上英実
資本金 1億円(2014年)
外部リンク http://www.jipinc.com/
テンプレートを表示

日本産業パートナーズ株式会社(にほん[要出典]さんぎょうパートナーズ、英語: Japan Industrial Partners, Inc.、JIP)は、みずほフィナンシャルグループ傘下であった、日本型のプライベート・エクイティ・ファンド運営会社。

概要[編集]

日本産業パートナーズは、事業再編に際して、事業成長のための資本や経営支援を提供する、日本型のプライベートエクイティファンド運営会社である。2002年みずほ証券NTTデータベイン・アンド・カンパニー・ジャパンが出資して設立され[1]、みずほFGの関連会社であったが、株式の売却等により、2014年2月以降は独立系として活動している[2]

主な出資案件[編集]

沿革[編集]

運用ファンド

  • 2002年12月10日設立 - 日本産業第一号投資事業有限責任組合
  • 2005年2月28日設立 - 日本産業第二号投資事業有限責任組合
  • 2008年7月31日設立 - 日本産業第三号投資事業有限責任組合
  • 2013年3月29日設立 - 日本産業第四号投資事業有限責任組合

脚注[編集]

  1. ^ “日本産業パートナーズ、再編担う黒子の正体 大手企業の事業再編で活躍、その強さの秘密は?”. 東洋経済オンライン. (2014年4月28日). http://toyokeizai.net/articles/-/36381 2014年5月4日閲覧。 
  2. ^ “日本産業パートナーズ、存在感増す「ビッグローブ」に続き「VAIO」買収へ”. MSN産経ニュース. (2014年2月6日). http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140206/fnc14020617540008-n1.htm 2014年2月22日閲覧。 
  3. ^ “協和発酵キリン、石化子会社の譲渡額600億円に”. 日本経済新聞. (2011年1月28日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD280C0_Y1A120C1TJ1000/ 2014年2月13日閲覧。 
  4. ^ “オリンパス、情報通信子会社売却 非中核事業からの撤退”. 日本経済新聞. (2012年8月24日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD240AY_U2A820C1TJ0000/ 2014年2月13日閲覧。 
  5. ^ NECビッグローブ社の株主変更について (PDF)”. 日本電気株式会社 日本産業パートナーズ株式会社 NECビッグローブ株式会社 (2014年1月30日). 2014年2月13日閲覧。
  6. ^ “NEC、ビッグローブ売却を発表 業績影響は精査中”. 共同通信. (2014年1月30日). http://www.47news.jp/CN/201401/CN2014013001001472.html 2014年2月13日閲覧。 
  7. ^ PC事業の譲渡に関する意向確認書の締結について (PDF)”. ソニー株式会社 日本産業パートナーズ株式会社 (2014年2月6日). 2014年2月13日閲覧。
  8. ^ “ソニー、「バイオ」再建へ新会社 投資ファンドと”. 共同通信. (2014年2月5日). http://www.47news.jp/CN/201402/CN2014020401002821.html 2014年2月13日閲覧。 
  9. ^ VAIO株式会社事業開始のお知らせ (PDF)”. VAIO株式会社 (2014年7月1日). 2014年7月9日閲覧。

外部リンク[編集]