KHネオケム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
KHネオケム株式会社
KH Neochem Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 4189
2016年10月12日上場
略称 KHネオケム
本社所在地 日本の旗 日本
103-0022
東京都中央区日本橋室町2-3-1
室町古河三井ビルディング 7階
設立 2010年12月8日
(ケイジェイホールディングス株式会社)
(創業:1948年9月)
業種 化学
法人番号 8010001136966
事業内容 各種石油化学製品の研究・製造・販売
代表者 代表取締役社長 髙橋 理夫
資本金 88億円(2018年12月)
発行済株式総数 3694万9400株
売上高 連結:1011億9900万円
単体:941億1100万円
(2018年12月末日現在)
営業利益 連結:108億5800万円
単体:102億200万円
(2018年12月末日現在)
経常利益 連結:111億9700万円
単体:107億8900万円
(2018年12月末日現在)
純利益 連結:68億8500万円
単体:66億8300万円
(2018年12月末日現在)
純資産 連結:383億400万円
単体:333億4000万円
(2018年12月末日現在)
総資産 連結:945億2700万円
単体:889億9500万円
(2018年12月末日現在)
従業員数 連結:753人
(2018年12月末日現在)
決算期 12月31日
会計監査人 有限責任監査法人トーマツ
主要株主 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(15.90%)
THE CHASE MANHATTAN BANK 385036(5.77%)
主要子会社 黒金化成株式会社(70.1%)
株式会社黒金ファインズ(62%)
関係する人物 加藤辨三郎(創業者)
外部リンク http://www.khneochem.co.jp/
テンプレートを表示

KHネオケム株式会社KH Neochem Co., Ltd.)は、日本の化学品メーカー。創業事業の基礎化学品事業のほか、グローバルニッチな機能性材料事業、電子材料事業を強みとする。

概要[編集]

事業内容

3つの事業分野をコアとして化学品の製造・販売・研究をおこなっている。

沿革[編集]

  • 1948年 - 日本で初めて、糖蜜から発酵法によりアセトンブタノールの大量生産を開始。
  • 1949年7月 - 協和醱酵工業(現:協和発酵キリン)設立。
  • 1961年 - 大協石油(現:コスモ石油)と合弁で、大協和石油化学設立。発酵法から合成法へ製法転換。
  • 1966年11月 - 協和醱酵工業の化学品製造子会社として、協和油化設立。大協和石油化学の関連事業を統合。
  • 2004年 - 協和醱酵工業の化学品事業部門を協和油化へ統合、社名を協和発酵ケミカル(旧)へ変更。
  • 2011年3月 - 日本産業パートナーズが運営する買収ファンドが出資する特別目的会社・ケイジェイホールディングスの完全子会社となり、協和発酵キリンから独立[1]
  • 2011年6月 - ケイジェイホールディングスが協和発酵ケミカル(旧)を吸収合併するとともに、協和発酵ケミカル(新)に社名変更。
  • 2012年4月 - KHネオケムに社名変更。
  • 2016年10月 - 東京証券取引所市場第一部に上場。

事業所[編集]

  • 本社:東京都中央区日本橋室町2-3-1 室町古河三井ビルディング (2019年5月7日~)
  • 大阪支店:大阪府大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル
  • 千葉工場:千葉県市原市五井南海岸11-1
  • 四日市工場・R&D総合センター:三重県四日市市大協町2-3
  • 堺物流センター:大阪府堺市西区築港新町3-39

グループ会社[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]