スリーアイ・グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スリーアイ・グループ
3i Group plc
種類 公開会社
市場情報 LSE
本社所在地 イギリスの旗 イギリス
SW1E 5JD
16 Palace Street, ロンドン
設立 1945年(75年前) (1945
事業内容 プライベート・エクイティ
代表者 サイモン・A・ボロウズ (CEO)
外部リンク コーポレートサイト(英語)
テンプレートを表示

スリーアイ・グループ: 3i Group plc)は、イギリスロンドンに本拠を置き、プライベート・エクイティ・ファンドを中心に運用を行う投資管理会社。ロンドン証券取引所上場企業(LSE)。

沿革[編集]

1945年第二次世界大戦終了後の企業活動を刺激するため、イングランド銀行とイギリスの主要銀行により、中小企業への長期投資促進を目的に設立されたIndustrial and Commercial Finance Corporation(ICFC)を起源に持つ[1]。1960年代以降、非上場会社に対するグロースキャピタル企業として、イギリスの最大手に成長した。1973年、ICFCと同年に大企業への投資促進を目的に設立されたFinance Corporation for Industry(FCI)を合併し、Finance for Industry (FFI)と改称、1983年Investors in Industryと改称し頭文字から「3i」と呼ばれるようになった[1]1987年に株式会社「3i Group」となり、1994年7月にロンドン証券取引所に上場した[1]2013年バークレイズのインフラファンド部門を買収した[2]

1983年パリオフィスを開設以降、国際展開も進み、ニューヨークフランクフルトムンバイなどに拠点を有する。欧米やアジアの各地で、マネジメント・バイアウト実施や債権管理等を通じ、経営改善や事業支援を目的とした投資活動を行っている。

スリーアイと日本[編集]

日本では1999年4月、日本興業銀行との共同出資で「スリーアイ興銀バイアウツ」が設立されたことがあり、同社経由で2001年日産自動車から当時グループ会社のバンテックの株式を買収[3]、資金提供を行い同社の経営再建に関与していた[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Our history” (英語). スリーアイ・グループ. 2017年6月10日閲覧。
  2. ^ 3i to buy Barclays Infrastructure Funds Management” (英語). ロイター (2013年5月24日). 2017年6月10日閲覧。
  3. ^ 英3i、日産子会社買収へ MBO方式で”. 日本経済新聞 (2001年1月13日). 2017年6月10日閲覧。
  4. ^ 物流会社負け組の処方箋 物流子会社のM&A戦略”. ロジスティクスビジネス (2002年7月). 2017年6月10日閲覧。

外部リンク[編集]