インペリアル・ブランズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
インペリアル・ブランズ
Imperial Brands plc
企業形態 公開有限会社
取引所 LSEIMB
業種 たばこ
設立 1901年
本社 イギリスブリストル
事業地域 世界中
主要人物 イアン・ネイピア (社長)
アリソン・クーパー (CEO)
製品 紙巻たばこ、葉巻たばこ、ファインカットたばこ、嗅ぎたばこ、ローリングペーパーとチューブ
売上高 252億8900万ポンド(2015年)[1]
営業利益 19億8800万ポンド(2015年)[1]
17億2300万ポンド(2015年)[1]
従業員数 36,400人(2015年)[1]
ウェブサイト www.imperialbrandsplc.com
テンプレートを表示

インペリアル・ブランズ: Imperial Brands plcLSEIMB)は、イギリスの多国籍たばこ会社である。本社をブリストルに置いている。フィリップモリスブリティッシュ・アメリカン・タバコ日本たばこ産業に次ぐ世界第4位の市場シェアを持ち、葉巻たばこ、ファインカットタバコ英語版ローリングペーパー英語版では世界トップシェアを誇る[2]

1年に3200億の紙巻たばこを売上、世界中に51箇所の工場を持ち、160カ国以上に販売している[3]。販売ブランドにはダビドフウエストゴロワーズモンテクリストドラム英語版(ファインカットでは世界第2位の売り上げ)、リズラ(ローリングペーパーでは世界一の売り上げ)がある[3][4]

ロンドン証券取引所(LSE)に上場しておりFTSE100種総合株価指数の指数算出採用銘柄に選出されている。2016年12月時点での時価総額は推定339億ポンドでLSE上場企業の中で19番目の大きさである[5]2016年2月、企業名をインペリアル・タバコ・グループ(Imperial Tobacco Group plc)から改称した[6]

歴史[編集]

1901年から2000年まで[編集]

2オンス (57 g)のJ&Fベル「スリーナンズ」ブリキ箱たばこ

1901年にブリストルのW.D.・アンド・H.O.ウィルズ英語版(当時たばこ製品メーカー最大手だった)、ノッティンガムに本社を置くジョン・プレイヤー・アンド・サンズ、その他アメリカン・タバコ・カンパニーとの競争に晒されていた独立系ファミリービジネス会社11社といったイギリス国内のたばこ、紙巻たばこ会社13社が合併して設立した[7]。初めにW.D.・アンドH.O.・ウィルズはグラスゴーに本社を置くスティーブン・ミッチェル・アンド・サン英語版と合併した。その後、ランバート・アンド・バルター英語版、ウィリアム・クラーク・アンド・サン、フランクリン・デイビー、エドワーズ・リンガー、J&Fベル、F&Jスミスも合併に参加した。初代社長はウィルズ社のウィリアム・ヘンリー・ウィルズ英語版だった[7]

1902年、インペリアル・タバコとアメリカン・タバコ・カンパニーはブリティッシュ・アメリカン・タバコとしての合弁事業に同意したが[7]、互いの販売地域での取引や商標の割り当て、事業や海外子会社の合弁事業への合流までは合意しなかった。1911年にアメリカン・タバコ・カンパニーは株を売却したが、インペリアル・タバコは1980年までブリティッシュ・アメリカン・タバコの株主だった[7]。1973年にインペリアル・タバコは主にレストランチェーン、フードサービス、卸小売業を買収することで経営を多角化し、社名を「インペリアルグループ」を変更した[8]

1985年、A.C.イスラエルからピープルズ・ドラッグ英語版チェーンと全子会社を買収したが[9]、1986年に複合企業のハンソン・トラスト英語版に25億ポンドで買収された[10]。ハンソンの子会社だった間、グループ企業だったクラージュ・ブルワリー英語版エルダーズ英語版に、ゴールデン・ワンダー英語版ダルゲティ英語版に、フィンレイズはA・J・パテルに、シンクレア・アンド・コリスの卸売部門はパルマー・アンド・ハーベイに、インペリアル・ホテルズ・アンド・ケータリングはトラストハウス・フォルテ英語版に、ロス・フローズンフーズ英語版ユナイテッド・ビスケッツ英語版に売却された。これら一連の動きは社員への年金支給に関する争議としてインペリアルグループ年金基金対インペリアル・タバコ事件英語版という訴訟に繋がった[11]。1996年、ハンソンはたばこ事業に専念させることを決定しインペリアルを分割しロンドン証券取引所に独立系企業として上場させた[12]

2000年から現在まで[編集]

2003年、インペリアルは世界第4位の規模であるドイツのたばこ会社であるレームツマドイツ語版を買収し、レームツマの販売ブランドであるダビドフ、ピーター・ストイフェサント、ウエストをポートフォリオに加えた[13]。さらに2007年、アメリカ合衆国のたばこ会社で4番目の規模であるコモンウェルス・ブランズを19億ドルで買収し米国市場に参入した[14]。2008年2月、フォルトゥナゴロワーズジタンといったブランドを持つたばこ会社で世界第5位のアルタディスを買収した[15]

2010年1月にスコットランド議会が2011年秋より公共の場所でのたばこ自動販売機や販売店などでのたばこの展示販売禁止を可決したことを受けて、インペリアル・タバコはウェストミンスター国会議事堂で販売規制の停止が決議されたことを理由に法改正を不服として提訴したが、同年10月エディンバラにあるスコットランド民事控訴院英語版のブラカデール判事は訴訟を退けた[16]

2013年に日本法人「インペリアル・タバコ・ジャパン」設立。

2016年2月、組織改革に伴い、グループ名を「インペリアル・ブランズ」に改称、傘下に「インペリアル・タバコ」、「Tabacalera」(マドリード拠点)、「ITG Brands」(グリーンズボロ拠点、コモンウェルス・ブランズの改称)、「Fontem Ventures」(アムステルダム拠点)、「Logista」(マドリード拠点)の、5つの子会社を置く形態とした。「インペリアル・タバコ・ジャパン」はインペリアル・タバコの日本法人として継続している。

製品[編集]

インペリアル・タバコのブランドは以下の通り:

紙巻たばこ[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Annual Report 2015”. Imperial Tobacco Group plc. 2016年10月3日閲覧。
  2. ^ “Alison Cooper: lighting up Imperial Tobacco”. London: The Telegraph. (2010年3月21日). http://www.telegraph.co.uk/finance/financetopics/profiles/7494521/Alison-Cooper-lighting-up-Imperial-Tobacco.html 2010年9月4日閲覧。 
  3. ^ a b Corporate Fact File”. Imperial Tobacco Group plc. 2010年9月4日閲覧。
  4. ^ International strategic brands”. Imperial Tobacco Group plc. 2010年9月4日閲覧。
  5. ^ FTSE All-Share Index Ranking”. stockchallenge.co.uk. 2017年1月2日閲覧。
  6. ^ Imperial Tobacco is rebranding to Imperial Brands”. CITYA.M (2016年2月5日). 2016年10月3日閲覧。
  7. ^ a b c d Imperial Tobacco History – Formation
  8. ^ Imperial Tobacco History – Diversification
  9. ^ Chain Drug Review, 14 March 1988 “Lane being converted to the Peoples name”
  10. ^ Imperial Tobacco History – The Hanson Years
  11. ^ [1991] 1 WLR 589
  12. ^ Imperial Tobacco History – The Company today
  13. ^ Imperial buys top German cigarette maker
  14. ^ Bruce Schreiner, "Houchens expanding at a rapid pace: Company has evolved since Kentucky start", Associated Press, 24 December 2007
  15. ^ Imperial Tobacco to buy Altadis for $17bn
  16. ^ “Tobacco firm loses legal battle”. BBC News. (2010年9月30日). http://www.bbc.co.uk/news/uk-scotland-11442855 

外部リンク[編集]