テルナ (イタリアの企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ローマの本社

テルナイタリア語: Terna S.p.A.Trasmissione Elettricità Rete Nazionale)は、イタリアローマに本拠を置き、イタリア全域の送電網を管理する送電事業者イタリア証券取引所上場企業(BITTRN)。

沿革[編集]

エミリア=ロマーニャ州のテルナ保有の送電線

イタリアの電力事業は1962年以来、国有企業のエネルによる独占体制が続いていたが、1990年代にEUが各国の電力事業の規制緩和を推進する中、特に他の電力関連企業から影響を受けない送電網管理会社設立の必要性がEUの指令を通じて促進され、テルナは1999年5月、エネルの送電資産管理子会社として設立された[1]。発足時はエネルが全ての株式を保有していたが、2004年6月、株式の半分がイタリア証券取引所に上場された[1]。テルナの設立当初は、送電網の所有・管理のみを担当し運用はイタリアの経済財務省が保有するGRTN[2]が行う方式が採られていたが、送電業務を円滑・安全に進めるには設備の所有と運用の一体化が不可欠とする考えから、2005年11月、テルナが送電線の保有・管理および運用を行う方式に変更された[3]

2012年にエネルがテルナの保有株式を全て売却し、エネルとの資本関係が解消されたのち[4]、テルナの株式の約3割は、イタリア政府の政策投資銀行であるCassa Depositi e Prestitiと中国の国家電網のジョイント事業であるCDP Reti S.p.A.が保有している[5]

2012年に組織再編が行われ、新たに国内の規制に基づき送電事業を担当するTerna Rete Italia S.p.A.と、国内外で各種事業を行うTerna Plus Srlなどのグループ企業が設けられた[1]。イタリア国外のグループ企業としては、モンテネグロTerna Crna Gora d.o.o.ウルグアイDifebal S.A.チリTerna Chile SpAなどがある[6]

2011年サルデーニャ島と本土間を結ぶ送電線が完成、2016年シチリア島と本土間を結ぶ高圧線が稼働を開始し、テルナはイタリア国内の送電網の98%以上を保有・管理している[1]2012年東芝がモンテネグロの発電施設からイタリア東部に送電するシステムをテルナから受注[7]2013年5月、日本ガイシが電力貯蔵用の大規模電池システム設備をテルナから受注した[8]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Our Story” (英語). Terna S.p.A.. 2018年12月15日閲覧。
  2. ^ Gestore della Rete di Trasmissione Nazionale。テルナに事業譲渡した2005年11月以降はGestore dei servizi energetici(GSE)S.p.A.として再生可能エネルギー分野を担当。
  3. ^ イタリアの電気事情”. 電気事情連合会. 2018年12月15日閲覧。
  4. ^ Enel sells Terna stake for 178 million euros gain” (英語). ロイター (2012年2月2日). 2018年12月15日閲覧。
  5. ^ Main Shareholders” (英語). Terna S.p.A.. 2018年12月15日閲覧。
  6. ^ Corporate Structure” (英語). Terna S.p.A.. 2018年12月15日閲覧。
  7. ^ 東芝、イタリア送電システム変換設備・工事を200億円で受注”. ロイター (2012年12月8日). 2018年12月15日閲覧。
  8. ^ 日本ガイシがイタリアの大手送電会社に大容量蓄電池システムを供給”. エキサイトニュース (2013年5月20日). 2018年12月15日閲覧。

外部リンク[編集]