イタリア証券取引所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イタリア証券取引所
Borsa Italiana S.p.A.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 イタリア
ミラノ
設立 1808年1月16日
業種 金融業
代表者 会長: Angelo Tantazz
売上高 2億7850万ユーロ(2006)
主要株主 ロンドン証券取引所グループ
外部リンク www.borsaitaliana.it/
テンプレートを表示

イタリア証券取引所(イタリアしょうけんとりひきじょ、Borsa Italiana S.p.A.)はイタリアミラノにある、イタリア最大の証券取引所である。ミラノ証券取引所とも呼ばれる。

歴史[編集]

1808年1月16日に設立。以降1998年まで、国営企業として運営されていた。1998年に銀行団に売却され、2007年までその傘下で運営された。2007年10月1日にロンドン証券取引所グループに買収され、同社の完全子会社となった。

立会時間[編集]

イタリア証券取引所

主要な株式の通常取引時間は午前9時5分から午後5時35分までである。土曜、日曜および祝日は休場となる。 市場の種類によって取引時間は異なるので、詳細は取引所のサイトを参照のこと。

株価指数[編集]

イタリア証券取引所が発表する株価指数としては、イタリア国内の時価総額の8割を占める大型株40銘柄で構成されるFTSE MIB指数や、大型株・中型株・小型株の計224銘柄で構成されるFTSE Italia All-Share(イタリア全株指数)などがある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]