京都証券取引所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

京都証券取引所(きょうとしょうけんとりひきじょ)は、2001年3月1日に廃止された証券取引所である。略称は「京証」。

京証は第二次世界大戦後の証券取引法のもとに新たに開設された9ヶ所の証券取引所の一つである。

「日本がアジアの金融中心地の地位を確保するため、証券取引所は東京証券取引所に一本化すべきだ」との持論を持っていた中村伊一理事長が、2001年大阪証券取引所との間で合併契約を締結。2001年3月に閉所式を開催し、吸収合併された[1]

所在地[編集]

京都府京都市下京区四条通東洞院東入立売西町66番(京都証券ビル・地図

旧上場会社[編集]

廃止時に上場していた企業については、大阪証券取引所[2]が引き継いだ。京都証券取引所への単独上場企業は、互応化学工業京都ホテル三谷伸銅竹仁染化の4社だけ(廃止時点での単独上場企業は、互応化学工業と京都ホテルの2社)だった。

()内は証券コード

単独上場[編集]

重複上場[編集]

関連項目[編集]

廃止された証券取引所

脚注[編集]

  1. ^ 2001/03/01 日本経済新聞
  2. ^ 2013年7月16日より現物市場を東証に統合