三洋化成工業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三洋化成工業株式会社
Sanyo Chemical Industries, Ltd.
三洋化成工業本社
三洋化成工業本社
種類 株式会社
市場情報
東証1部 4471
1973年10月11日上場
大証1部(廃止) 4471
1968年5月20日 - 2013年7月12日
本社所在地 日本の旗 日本
605-0995
京都府京都市東山区一橋野本町11番地の1
設立 1949年昭和24年)11月1日
(三洋油脂工業株式会社)
業種 化学
法人番号 3130001009314
事業内容 界面活性剤および殺菌・抗菌剤などの製造・販売
代表者 安藤 孝夫(代表取締役社長)
資本金 130.5億円(2017年3月期)[1]
発行済株式総数 2353.4万株(2017年3月期)[1]
売上高 連結:1501.7億円
単独:975.6億円
(2017年3月期)[1]
営業利益 連結:136.5億円
単独:86.9億円
(2017年3月期)[1]
純利益 連結:101.9億円
単独:98.3億円
(2017年3月期)[1]
純資産 連結:1276.5億円
単独:1106.5億円
(2017年3月期)[1]
総資産 連結:1868.6億円
単独:1539.6億円
(2017年3月期)[1]
従業員数 連結:1,996人 単独:1,269人
(2017年3月31日現在)[1]
決算期 3月31日
主要株主 豊田通商(株) 18.21%
東レ(株) 16.26%
(株)日本触媒 4.70%
(2015年3月31日現在)[1]
主要子会社 SDPグローバル(株) 70.0%
サンノプコ(株) 100%
サンケミカル(株) 50.0%
サンアプロ(株) 50.0%
外部リンク http://www.sanyo-chemical.co.jp/
特記事項:各種経営指標は2017年3月期[1]
テンプレートを表示

三洋化成工業株式会社(さんようかせいこうぎょう、: Sanyo Chemical Industries, Ltd.)は、日本の化学メーカー。界面活性剤高吸水性樹脂が主力。豊田通商東レの関連会社。

沿革[編集]

  • 1949年 - 三洋油脂工業株式会社として創業[1]
  • 1960年 - 川崎工場稼動開始[1]
  • 1963年 - 現社名に改称[1]
  • 1968年 - 名古屋工場稼動開始[1]大阪証券取引所2部、京都証券取引所(2001年廃止)に上場。
  • 1973年 - 東京証券取引所2部に上場。
  • 1976年 - 鹿島工場稼動開始[1]
  • 1978年 - 東京・大阪両証券取引所1部に上場[1]
  • 1999年 - 衣浦分工場稼動開始。
  • 2013年
    • 3月 - 三菱化学株式会社とサンダイヤポリマー株式会社の合弁事業を解消することで合意。同日株式譲渡契約を締結し、三菱化学株式会社の保有株式40%のうち10%を追加取得[1][2]
    • 9月 - 三菱化学株式会社が保有するサンダイヤポリマー株式会社の株式の残り30%を豊田通商株式会社が取得し、新合弁会社としてサンダイヤポリマー株式会社はSDPグローバル株式会社に商号を変更[1][3]

所在地[編集]

京都工場(京都市東山区)
  • 本社・研究所 - 京都市東山区
  • 桂研究所 - 京都市西京区
  • 名古屋工場 - 愛知県東海市
  • 衣浦工場 - 愛知県半田市
  • 鹿島工場 - 茨城県神栖市
  • 京都工場 - 京都市東山区

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 有価証券報告書-第93期(平成28年4月1日-平成29年3月31日)”. EDINET. 2017年8月14日閲覧。
  2. ^ 高吸水性樹脂の生産・研究開発・販売で新たな合弁を開始 (PDF)”. 三洋化成工業株式会社 (2013年3月29日). 2014年4月6日閲覧。
  3. ^ 高吸水性樹脂の新合弁会社スタート(SDPグローバル株式会社として世界展開を加速) (PDF)”. 三洋化成工業株式会社 (2013年9月30日). 2014年4月6日閲覧。
[ヘルプ]

外部リンク[編集]