エジプト証券取引所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エジプト証券取引所
EGX
種類 証券取引所
エジプト
所在地 カイロ
設立 1883年(アレクサンドリア証券取引所)
1903年(カイロ証券取引所)
主要人物 モハメッド・ファリード(会頭)
通貨 エジプト・ポンド
上場数 176[1]
時価総額 US$ 44.2 billion (688 billion)[1][2]
取引高 121百万[1]
指標 EGX 30英語版
EGX 50
EGX 100
ウェブサイト www.egx.com.eg

エジプト証券取引所(エジプトしょうけんとりひきじょ、エジプト・アラビア語: البورصة المصرية‎)は、エジプト証券取引所カイロアレクサンドリアに、同一名称、同一の取締役会が運営し、取引・決済を共有する取引所が2つ存在する。現在の会頭は、モハメッド・ファリード。略称はEGXユーロアジア証券取引所連合英語版会員。

前身のアレクサンドリア証券取引所は、世界でも有数の歴史を持つ証券取引所の一つであり、アフリカ諸国の証券取引所では、JSEに次ぐ上場企業数を有している[3]。1903年にカイロ証券取引所が発足し、両取引所の合併により、カイロ&アレキサンドリア証券取引所が発足、その後、エジプト証券取引所に改称している[4]

2008年に中小企業向け市場であるNilex(Nile Stock Exchange)が新設されている[3]

取引所で行われる売買にはキャピタルゲイン税は課税されない。また、上場企業から株主に分配される配当に対する課税もない。しかし、2013年に企業の合併・買収に対して10%のキャピタルゲイン税が課税されるようになり、配当に対しても同様に課税されることが検討されている[5][6]

2011年のエジプト革命が勃発すると、エジプト証券取引所の代表的な株価指数であるEGX 30は、1月25日に6.25%急落した[7][8]。1月27日に週間で直近最高値から16%の下落幅を記録した1月27日には、取引所の休止を発表。8週間の休業の後、3月23日に取引を再開したが、直後に8.9%の下落を記録した[9]

2011年6月、国外に流出した投資資金を呼び戻すため、EGX 30に連動する上場投資信託(ETF)を上場させた[10]

関連項目[編集]

脚註[編集]

外部リンク[編集]