ネステ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エスポーの本社

ネステフィンランド語: Neste Oyj)は、フィンランドエスポーに本拠を置くエネルギー企業。世界10カ国以上に拠点を持ち、石油精製天然ガスの採掘、石油化学製品の生産、再生可能エネルギー事業、バイオ燃料事業などを展開している。ヘルシンキ証券取引所上場企業(OMXNESTE)。

1948年1月、フィンランドにおける石油の安定供給を目的に国営会社「ネステ石油」(Neste Oil)として設立、1950年代から1960年代にかけての需要増に対応する形で相次いで製油所を建設、天然ガスの採掘も開始した[1]1995年にヘルシンキ証券取引所に株式を公開したが、1997年にイマトラ電力(Imatran Voima)と合併し、石油電力会社のフォータムを形成、その後2005年に同社の石油事業が分離される形で、再びNeste Oilとなった[1]

フィンランドにおけるガソリンスタンドの最大手であり[2]バルト三国ロシア北西部でもガソリンスタンドを展開している。ポーランドのガソリンスタンド事業を2013年ロイヤル・ダッチ・シェルに売却した[3]

近年は廃棄物を利用した再生可能エネルギー事業、バイオ燃料事業にも注力し、2011年3月、シンガポールで世界最大級の再生可能ディーゼル精油所の操業を開始[4]、石油関連事業に加えて再生可能エネルギー事業やバイオ燃料事業を経営の柱とする意味で2015年4月1日、社名をネステへと改めた[1]。株式の約半数をフィンランド政府が保持している[5]

1994年以降、北欧最大のモータースポーツの祭典である、ラリー・フィンランドのスポンサー企業となっている[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Our roots” (英語). Neste Oyj. 2018年6月10日閲覧。
  2. ^ Service stations” (英語). Finnish Petroleum Biofuels Association. 2018年6月10日閲覧。
  3. ^ Neste Oil to sell Polish petrol stations to Shell” (英語). ロイター (2012年12月13日). 2018年6月10日閲覧。
  4. ^ Neste Oil becomes Chief Monster as renewable diesel becomes biofuels monster” (英語). Biofuels Digest (2010年12月3日). 2018年6月10日閲覧。
  5. ^ Shareholders” (英語). Neste Oyj. 2018年6月10日閲覧。
  6. ^ For the benefit of communities –support for the public good” (英語). Neste Oyj. 2018年6月10日閲覧。

外部リンク[編集]