テレパフォーマンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

テレパフォーマンスフランス語: Teleperformance S.A.)は、カスタマーケア業務を中心に、ビジネス・プロセス・アウトソーシングサービスを提供する多国籍企業。コールセンターのアウトソーシングにおける世界最大の企業である[1]フランスパリに本拠を置き、世界70カ国以上の拠点と20万人以上の従業員を有する。ユーロネクスト上場企業(EuronextRCF )。

沿革[編集]

1978年Daniel Julienによりパリで創業、1986年にはフランスのコールセンターアウトソーシング業者の最大手となり、イギリスなど海外への進出を開始した[2]1989年にパリ証券取引所に上場、1993年アメリカ合衆国に法人を開設、1996年シンガポール法人設立を皮切りに、アジア太平洋地域にも拠点を増設した[2]2003年にアメリカのAloricaを抜き、コールセンターアウトソーシングにおける世界2位となり、2007年Convergysを抜き、世界1位となった[2]

その後もアメリカ市場における攻勢が続き、2008年12月、フロリダ州ルイジアナ州に拠点を置くAnswer Group Inc.を買収[3]2014年7月、インドの投資ファンドEssar Global Fund Limitedから、ロサンゼルスに拠点を置くAegis USA Inc.を買収[4]、また2016年8月、アメリカの投資ファンドAbry Partnersから、カリフォルニア州に拠点を置く電話翻訳・通訳ソリューション事業者のLanguageLine Solutions LLCを買収し、北米地域は欧州を抜きテレパフォーマンスの最大市場となった[5]

中国では2006年に法人を開設後、20以上に拠点を増設の上10以上の言語に対応、日本人を含む5000人以上の従業員数に拡大、2016年には2位に躍進した[1]。インドでは2001年に法人を開設後、拠点を増設し10以上の言語に対応、10000人以上の従業員数に拡大している[1]

テレパフォーマンスのビジネス・プロセス・アウトソーシングは、コールセンター対応が約6割で最大の割合を占めるが、Eメールやチャット、ソーシャルメディアでの対応、対面でのケアなど、各企業のニーズに応じたサービスが展開されており[1]、テクニカルサポート対応や債権回収事業なども行われている[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Teleperformance ADR (TLPFY) Investor Presentation” (英語). Seeking Alpha (2017年1月20日). 2017年11月23日閲覧。
  2. ^ a b c Les CENTRES D’APPELS de TELEPERFORMANCE” (フランス語). Teleprospection (2012年9月20日). 2017年11月23日閲覧。
  3. ^ Teleperformance To Acquire "The Answer Group"” (英語). MarketWatch (2008年12月23日). 2017年11月23日閲覧。
  4. ^ Paris-based Teleperformance to buy tech firm Aegis USA for $610 mln” (英語). ロイター (2014年7月10日). 2017年11月23日閲覧。
  5. ^ Teleperformance of France Buying LanguageLine for $1.52 Billion” (英語). ブルームバーグ (2016年8月22日). 2017年11月23日閲覧。
  6. ^ Omnichannel Solutions” (英語). Teleperformance S.A. 2017年11月23日閲覧。

外部リンク[編集]