ロンザ (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ロンザグループドイツ語: Lonza Group AG)は、スイスバーゼルに本拠を置き、世界30カ国以上で医薬品・ヘルスケア関連製品の開発・製造を行うバイオテクノロジー企業。スイス証券取引所上場企業(SIXLONN)。日本法人はロンザジャパン株式会社

沿革[編集]

1897年ヴァレー州Gampelで設立され、レッチェンタールを流れるロンザ川を利用した電力事業からスタートした[1]1909年にはVispに移転して合成肥料の製造に着手し、中間体の性質を利用した製品の開発に事業を拡げた[1]1969年にはアメリカに進出し、同国で同業他社の企業買収を進めた[1]1974年にはAlusuisseと経営統合を行うが、1999年に同社の化学関連事業を取得したうえで再び分離し、スイス証券取引所の上場企業となった。

1980年には、バイオテクノロジー事業を開始している[1]

2011年にアメリカ・コネチカット州を拠点とするアーチ・ケミカルズ (Arch Chemical,Inc.) を買収し、殺生物剤の分野における世界最大手となった[2]2016年9月にアメリカ・カリフォルニア州で栄養成分の研究開発を行うインターヘルス・ニュートラシューティカルズ (InterHealth Nutraceuticals) の買収を完了し[3]、同年12月にはデトロイトのカプセル製剤メーカーのCapsugel,Inc.を買収した[4]バイオ医薬品の分野において、ブリストル・マイヤーズ スクイブグラクソスミスクラインサノフィテバ・ファーマシューティカル・インダストリーズなど、世界の製薬大手と共同開発事業に参与している[1]

ロンザジャパン[編集]

日本法人であるロンザジャパンは1980年に設立され、細胞・分子生物学関連製品・医療関連製品の輸出入や医薬品の受託製造を行っている。2017年現在は、東京(聖路加ガーデン)や大阪(ピアスタワー)にオフィスを持つ。2014年4月には、アーチ・ケミカルズの日本事業を吸収合併した[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Company History” (英語). Lonza Group AG. 2017年5月21日閲覧。
  2. ^ Lonza to buy Arch Chemicals in deal worth $1.2 billion” (英語). ロイター (2011年4月11日). 2017年5月21日閲覧。
  3. ^ Lonza to Acquire InterHealth for as Much as $300 Million” (英語). ブルームバーグ (2016年8月15日). 2017年5月21日閲覧。
  4. ^ Lonza to buy U.S. drug capsule maker Capsugel from KKR for $5.5 billion” (英語). ロイター (2016年12月15日). 2017年5月21日閲覧。
  5. ^ アーチ・ケミカルズ・ジャパンとの合併のお知らせ”. ロンザジャパン株式会社 (2014年4月1日). 2017年5月21日閲覧。

外部リンク[編集]