ドイツ取引所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドイツ取引所
Deutsche Börse AG
Deutsche-boerse-parkett-ffm001.jpg
ドイツ取引所の運営するフランクフルト証券取引所
種類 公開会社
市場情報 FWBDB1
本社所在地 ドイツの旗 ドイツ
65760
The Cube Mergenthalerallee 61, エシュボルン
本店所在地 60485
フランクフルト・アム・マイン
設立 1992年(28年前) (1992
業種 金融業
事業内容 証券取引所の運営
代表者 Theodor Weimer(CEO
従業員数 6,775人(2020年)
主要子会社 EUREX
クリアストリーム
STOXX
外部リンク 公式ウェブサイト(英語)(ドイツ語)
テンプレートを表示

ドイツ取引所ドイツ語: Deutsche Börse AG)は、フランクフルト証券取引所の運営および関連する金融サービスの提供を行う企業。登記上の本店をフランクフルト・アム・マインに、実質的な本社機能をエシュボルンに置く[1]。企業としての正式名称はDeutsche Börse AG(ドイツ取引所株式会社)であるが、通称としてDeutsche Börse GroupGruppe Deutsche Börseドイツ取引所グループ)の呼称を用いている。フランクフルト証券取引所上場企業(FWBDB1)。

沿革[編集]

ドイツ国内には、フランクフルト・アム・マイン、ハンブルクミュンヘンデュッセルドルフハノーファーシュトゥットガルトベルリン(2つ)の各都市に合計8つの証券取引所があり、運営は各証券取引所により独立して行われてきた。このうち最大の規模を持つフランクフルト証券取引所の運営は、長くFrankfurter Wertpapierbörse AGWertpapierbörseは「証券取引所」の意)によって行われてきたが、1992年12月、同社はDeutsche Börse AGへと社名を変更した[2]。社名変更後もフランクフルト以外の証券取引所の運営とは関係がない。2001年、自ら株式を上場し、2002年ドイツ株価指数(DAX)の構成銘柄となった[3]2010年に本社をフランクフルト・アム・マインからエシュボルンの高層ビル「Deutsche Börse Cube」に移転した[4]

ドイツ取引所は1990年代以降、企業買収や子会社の設立により、金融サービス企業としての強化を行っている[5]1997年クセトラの稼働を開始、1998年EUREXを設立、2002年ルクセンブルクを本拠とするクリアストリームの買収を完了、2015年STOXXを完全子会社化した[3]

2000年代以降、ロンドン証券取引所[6]NYSEユーロネクスト[7]との経営統合が検討されてきたが、実現していない。2016年にロンドン証券取引所グループとの経営統合交渉が報道されたが[8]、2017年欧州連合が承認せず阻止された[9]

2020年11月、アメリカの議決権行使助言会社であるインスティテューショナル・シェアホルダー・サービシーズ(ISS)の株式の80%を買収することを発表した[10]

脚注[編集]

  1. ^ Addresse” (ドイツ語). ドイツ取引所. 2020年7月25日閲覧。
  2. ^ Company history” (英語). ドイツ取引所. 2016年11月23日閲覧。
  3. ^ a b From trading floor to electronic marketplace (PDF)” (英語). ドイツ取引所 (2016年4月). 2016年11月23日閲覧。
  4. ^ Deutsche Börse flieht aus Frankfurt” (ドイツ語). シュピーゲル (2010年4月11日). 2020年7月25日閲覧。
  5. ^ Company structure” (英語). ドイツ取引所. 2016年11月23日閲覧。
  6. ^ London Stock Exchange's tumultuous history of bids” (英語). デイリー・テレグラフ (2011年9月2日). 2016年11月23日閲覧。
  7. ^ NYSE Euronext merger with Deutsche Boerse blocked by EU” (英語). 英国放送協会 (2012年2月1日). 2016年11月23日閲覧。
  8. ^ ロンドン証取とドイツ取引所が合併、評価額300億ドル”. ウォール・ストリート・ジャーナル (2016年3月16日). 2016年11月23日閲覧。
  9. ^ EU:ドイツ取引所のロンドン証取買収阻止-事実上の独占で競争阻害”. ブルームバーグ (2017年3月29日). 2017年4月30日閲覧。
  10. ^ ドイツ取引所、議決権助言の米ISSを買収 18億ドルで株式80%”. ロイター (2020年11月18日). 2020年11月19日閲覧。

外部リンク[編集]