STOXX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

STOXX Ltd.
STOXX Logo.png
種類 子会社
本社所在地 スイスの旗 スイス
Theilerstrasse 1A, ツーク
設立 1997年
業種 金融業
法人番号 6700150069206
代表者 Steffen Hermanns(CEO
主要株主 ドイツの旗 ドイツ取引所(100%)
外部リンク https://stoxx.com/
テンプレートを表示

STOXXストックスSTOXX Limited)は、スイスツークに本拠を置き、株価指数(インデックス)の算出・管理や、ポートフォリオ分析を行う金融サービス企業。2015年以降、ドイツ取引所のグループ企業となっている。

沿革[編集]

1997年にドイツ取引所、ダウ・ジョーンズスイス証券取引所パリ証券取引所のジョイント・ベンチャーとして設立され、1998年株価指数の算出を開始した[1][2]2009年12月、ドイツ取引所とスイス証券取引所の出資による運営となり[3]2011年2月より、欧州に加え、米国やアジアなどの世界各地域・グローバル市場に対象を拡大した[2]2015年7月、ドイツ取引所はSTOXXの全株式を取得し完全子会社化した[4]

提供サービス[編集]

STOXXの算出するインデックスは、各国の金融機関にライセンス付与の上、ETFミューチュアル・ファンドオプション取引などのユーザーに利用されている。代表的なインデックスに、ユーロ圏企業のブルーチップとして知られるユーロ・ストックス50指数、欧州経済動向のベンチマークとして参照されるストックス欧州600指数などがある。このほか、ドイツ企業のブルーチップ指数であるドイツ株価指数(DAX)の管理を受託している[2]。定期のレビューが毎年3月、6月、9月、12月に公表され、その月の第3金曜日終了後の翌営業日に適用されている[5]

日本においては、三菱UFJ信託銀行との共同開発により、2017年にiSTOXX MUTB スマートベータ インデックスシリーズの提供を開始[6][7]2019年より、新経済連盟の株価指数である新経連株価指数(Japan New Economy Index)の算出を受託している[8]

オフィス[編集]

ツークのほか、フランクフルトロンドンニューヨーク香港、東京(丸の内北口ビル)にオフィスを持つ[9]

脚注[編集]

  1. ^ Changes in the Dow Jones STOXX Indexes (PDF)” (英語). STOXX Limited (1998年2月23日). 2016年9月30日閲覧。
  2. ^ a b c History” (英語). STOXX Limited. 2016年9月30日閲覧。
  3. ^ STOXX LIMITED ANNOUNCES NEW MANAGEMENT STRUCTURE (PDF)” (英語). STOXX Limited (2010年1月18日). 2016年9月30日閲覧。
  4. ^ Deutsche Borse buys 360T for 725 million euros” (英語). LeapRate (2015年7月26日). 2016年9月30日閲覧。
  5. ^ STOXX指数ガイドブック参照。
  6. ^ スイス STOXX社との協働によるインデックスビジネスへの参入について (PDF)”. 三菱UFJ信託銀行 (2015年5月7日). 2016年9月30日閲覧。
  7. ^ iSTOXX MUTB Smart Beta Indices”. STOXX Limited.. 2019年9月17日閲覧。
  8. ^ 新経済連盟、経済団体としては初となる「新経連株価指数」を発表”. PR TIMES (2019年6月20日). 2019年7月7日閲覧。
  9. ^ Our Locations” (英語). STOXX Limited. 2019年9月17日閲覧。

外部リンク[編集]