コンテンツにスキップ

デマント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
デマント
Demant A/S
種類 公開会社
市場情報 Nasdaq Nordic DEMANT
本社所在地  デンマーク
2765
Kongebakken 9, Smørum
設立 1904年 (120年前) (1904)
業種 ヘルスケア
事業内容 補聴器、聴覚検査機器の製造販売
代表者 Søren Nielsen(CEO
資本金 45 DKK million
(2023年12月期)[1]
発行済株式総数 2億2393万9440株(2024年2月7日現在)[2]
売上高 連結:22,423 DKK million
(2023年12月期)[1]
営業利益 連結:4,148 DKK million
(2023年12月期)[1]
総資産 連結:30,546 DKK million
(2023年12月期)[1]
従業員数 連結:21,623人
(2023年12月31日現在)[1]
決算期 12月31日
主要株主
  • William Demant Invest A/S 58.75%
  • Nykredit Bank A/S 0.5721%
  • ÖKOWORLD LUX SA 0.4314%
  • Niels Jacobsen 0.4077%
  • Carmignac Gestion Luxembourg SA 0.2952%
  • Danske Bank A/S 0.2497%
  • MIV Asset Management AG 0.1854%
  • Sjunde AP-fonden 0.1236%
  • MFS International Singapore Pte Ltd. 0.0910%
(2023年12月31日現在)
関係する人物 Hans Demant(創業者)
外部リンク 公式ウェブサイト(英語)
テンプレートを表示

デマントデンマーク語: Demant A/S)は、オーティコンバーナフォンなどの補聴器ブランドや、聴覚診断装置など医用検査機器の製造販売を行う多国籍企業デンマーク首都地域のスメーロム(Smørum)に本社を置き、世界30カ国以上に現地法人を持ち130カ国以上でビジネスを展開している。

概要

[編集]

慈善財団であるウィリアム・デマント財団(デンマーク語: William Demant Fonden)が、100%持株会社であるウィリアム・デマント・インベスト(William Demant Invest A/S)を通じて所有し[3][4]、補聴器から人工内耳診断装置、聴覚ヘルスケア、オーディオソリューションまで聴覚ケアにおける全分野をカバーする世界唯一の企業である[5]ナスダック・コペンハーゲン上場企業(Nasdaq Nordic DEMANT)。日本法人はデマント・ジャパン株式会社

沿革

[編集]

聴覚障害を持つ妻を助けることに情熱を注いでいたハンス・デマントは、デンマーク生まれのイギリス王妃であるアレクサンドラ・オブ・デンマーク1902年の戴冠式で補聴器を着用していたことを知った後、1904年にオーティコンを設立、アメリカのメーカーであるGeneral Acoustic Companyと契約し同社の補聴器の輸入販売をオーデンセで始めた[6]1910年のハンスの死後は、息子のウィリアム・デマントが会社を引き継ぎ、1923年に会社をコペンハーゲン近郊に移転し、補聴器のライセンス生産を開始した[6]第二次世界大戦はアメリカからの輸入を途絶させ苦境に陥ったが、戦後はアメリカの補聴器メーカーCharles Lehmanとデンマークで合弁事業を行うなど復調し、1957年にデマント家が保有していた株式をオーティコン財団に譲渡、1968年に経営幹部がデマント家以外となった[6]

その後はスイスノルウェーに現地法人を設立、また1973年スコットランドに工場を新設するなど海外進出を進め、1983年に持株会社のオーティコン・ホールディングを設立した[6]1995年1月、スイスの同業バーナフォンを買収し傘下におさめ、同年5月に株式上場企業となり、1997年に企業名をウィリアム・デマント・ホールディングに改め、2000年に聴覚検査機器メーカーのインターアコースティクスを買収し傘下に加えた[6]2008年にイギリスの聴覚検査機器メーカーのAmplivox[7]、続いて2009年にアメリカの聴覚検査機器メーカーのGrason Stadler Inc.を、2015年にはフランスの補聴器ディーラーのAudikaを買収した[8]2019年に企業名をウィリアム・デマント・ホールディングから現社名に改めた[9]

2020年フィリップスとライセンス契約を締結し、フィリップスブランドの補聴器の販売を開始した[10]2022年中華人民共和国の大手補聴器ディーラーである声望の株式を段階的に買収し傘下におさめた[11]

売上別では補聴器関連が約8割、聴覚検査機器が約1割となっている[12]。地域別では、北米とヨーロッパが各4割となっている[12]

ハンス・デマント

事業展開

[編集]

現在、同社は3つの事業部門に注力している。

デマントの事業部門と各ブランド

補聴器事業

[編集]
  • オーティコン(Oticon)
  • バーナフォン(Bernafon)
  • ソニックイノベーションズ(Sonic Innovations)
  • オーティコンメディカル(Oticon Medical)- 埋め込み型骨導補聴器
  • フィリップスヒアリングソリューションズ(PHILIPS)

聴覚ケア・補聴器リテール事業

[編集]

聴覚診断装置事業

[編集]
  • メイコダイアグノスティクス(MAICO)
  • インターアコースティクス(Interacoustics)
  • アンプリボックス(Amplivox)
  • メドレックス(MedRx)
  • グラソンシュタドラー(gsi)

パーソナルコミュニケーション事業

[編集]
  • イーポス(EPOS)- 旧ゼンハイザー・コミュニケーションズ
  • フォニックイヤー(Phonic Ear

日本におけるデマント

[編集]

日本では、日本法人「デマント・ジャパン株式会社」(Demant Japan K.K.)が川崎市にオフィスを置きデマント傘下の各ブランド製品の製造販売を行っている[13]。国内グループ企業にイーポス・ジャパン株式会社、新日本補聴器株式会社、ダイアテックジャパン株式会社(それぞれ親会社が同じである兄弟会社)がある[1]

日本におけるデマントグループ

関連項目

[編集]
  • GNストア・ノール(GN Store Nord A/S) - 補聴器及び音響機器を製造販売するデンマークの企業。ウィリアム・デマント・インベストが主要株主[14]

出典

[編集]
  1. ^ a b c d e f Annual Report 2023” (PDF) (英語). Demant A/S. 2024年5月16日閲覧。
  2. ^ Annual general meeting”. Demant A/S. 2024年4月12日閲覧。
  3. ^ William Demant Fonden”. William Demant Fonden. 2024年7月1日閲覧。
  4. ^ William Demant Invest A/S”. William Demant Invest A/S. 2024年7月1日閲覧。
  5. ^ デマント・ジャパン創立50周年記念イベント「人生を変えるきこえのテクノロジー」を開催”. 株式会社PR TIMES. 2024年4月7日閲覧。
  6. ^ a b c d e Our history” (英語). Demant A/S. 2022年6月5日閲覧。
  7. ^ Amplivox acquired by Demant A/S” (英語). Crunchbase (2008年10月31日). 2022年6月5日閲覧。
  8. ^ BRIEF-William Demant completes acquisition of 53.9 percent of Audika” (英語). REUTERS (2015年9月30日). 2023年5月5日閲覧。
  9. ^ William Demant to Change Name to Demant A/S” (英語). The Hearing Review (2019年2月19日). 2022年6月5日閲覧。
  10. ^ デマント、フィリップスとライセンス契約を締結、フィリップス補聴器が日本初登場”. @Press (2020年1月7日). 2022年6月5日閲覧。
  11. ^ Demant completes acquisition of Sheng Wang in China” (英語). Demant A/S. 2023年6月17日閲覧。
  12. ^ a b Annual Report 2021” (PDF) (英語). Demant A/S. 2022年6月5日閲覧。
  13. ^ 「デマント・ジャパン株式会社」へ社名変更のお知らせ”. デマント・ジャパン株式会社 (2020年7月1日). 2022年6月5日閲覧。
  14. ^ GN Store Nord A/S:Shareholders”. MarketScreener. 2024年7月9日閲覧。

外部リンク

[編集]