デマント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
デマント
Demant A/S
Demant pos.svg
種類 公開会社
市場情報 Nasdaq Nordic DEMANT
本社所在地  デンマーク
2765
Kongebakken 9, Smørum
設立 1904年 (118年前) (1904)
業種 ヘルスケア
事業内容 補聴器、聴覚検査機器の製造・販売
代表者 Søren Nielsen(CEO
外部リンク 公式ウェブサイト(英語)
テンプレートを表示

デマントデンマーク語: Demant A/S)は、オーティコンバーナフォンなどの補聴器ブランド、また聴覚検査機器などヘルスケア機器の製造を行う多国籍企業デンマーク首都地域のスメーロム(Smørum)に本社を置き、世界30カ国以上に現地法人を持つ。日本法人はデマント・ジャパン株式会社ナスダック・コペンハーゲン上場企業(Nasdaq Nordic DEMANT)。

沿革[編集]

聴覚障害を持つ妻を助けることに情熱を注いでいたハンス・デマントは、デンマーク生まれのイギリス王妃であるアレクサンドラ・オブ・デンマーク1902年の戴冠式で補聴器を着用していたことを知った後、1904年にオーティコンを設立、アメリカのメーカーであるGeneral Acoustic Companyと契約し同社の補聴器の輸入販売をオーデンセで始めた[1]1910年のハンスの死後は、息子のウィリアム・デマントが会社を引き継ぎ、1923年に会社をコペンハーゲン近郊に移転し、補聴器のライセンス生産を開始した[1]第二次世界大戦はアメリカからの輸入を途絶させ苦境に陥ったが、戦後はアメリカの補聴器メーカーCharles Lehmanとデンマークで合弁事業を行うなど復調し、1957年にデマント家が保有していた株式をオーティコン財団に譲渡、1968年に経営幹部がデマント家以外となった[1]

その後はスイスノルウェーに現地法人を設立、また1973年スコットランドに工場を新設するなど海外進出を進め、1983年に持株会社のオーティコン・ホールディングを設立した[1]1995年1月、スイスの同業バーナフォンを買収し傘下におさめ、同年5月に株式上場企業となり、1997年に企業名をウィリアム・デマント・ホールディングに改め、2000年に聴覚検査機器メーカーのインターアコースティクスを買収し傘下に加えた[1]2008年にイギリスの聴覚検査機器メーカーのAmplivox[2]、続いて2009年にアメリカの聴覚検査機器メーカーのGrason Stadler Inc.を買収した。2019年に企業名をウィリアム・デマント・ホールディングから現社名に改めた[3]

2020年フィリップスとライセンス契約を締結し、フィリップスブランドの補聴器の販売を開始した[4]

売上別では補聴器関連が約8割、聴覚検査機器が約1割となっている[5]。地域別では、北米とヨーロッパが各4割となっている[5]

日本におけるデマント[編集]

日本では、日本法人「デマント・ジャパン株式会社」(Demant Japan K.K.)が、川崎市にオフィスを置き、デマント傘下の各ブランド製品の輸入販売を行っている。補聴器ではオーティコン、バーナフォン、フィリップスの各ブランドを、医療従事者および専門家向けの聴覚検査装置や補聴器関連機器等ではインターアコースティクス、メイコ(MAICO)、メドレックス(MedRx)を取り扱っている[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Our history” (英語). Demant A/S. 2022年6月5日閲覧。
  2. ^ Amplivox acquired by Demant A/S” (英語). Crunchbase (2008年10月31日). 2022年6月5日閲覧。
  3. ^ William Demant to Change Name to Demant A/S” (英語). The Hearing Review (2019年2月19日). 2022年6月5日閲覧。
  4. ^ デマント、フィリップスとライセンス契約を締結、フィリップス補聴器が日本初登場”. @Press (2020年1月7日). 2022年6月5日閲覧。
  5. ^ a b Annual Report 2021 (PDF)” (英語). Demant A/S. 2022年6月5日閲覧。
  6. ^ 「デマント・ジャパン株式会社」へ社名変更のお知らせ”. デマント・ジャパン株式会社 (2020年7月1日). 2022年6月5日閲覧。

外部リンク[編集]