フェロビアル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マドリードの本社

フェロビアルスペイン語: Ferrovial, S.A.)は、スペインマドリードに本拠を置く総合建設会社。ヨーロッパや南北アメリカ地域を中心に、グループ会社を通じて、高速道路などのインフラ建設から、空港などの公共施設運営・管理まで事業を展開する。マドリード証券取引所上場企業(BMADFER)。

沿革[編集]

1952年12月、ラファエル・デル・ピノにより、鉄道建設会社として設立された(フェロビアルは英語でRailwayの意)[1]。当初はレンフェの路線の路盤建設を行っていたが、1960年代に入ると道路港湾、大都市でのビル建設に進出、1970年代のオイルショック以降は、メキシコブラジルなどスペイン国外に事業を拡大した[1]

会社は息子でマサチューセッツ工科大学運営委員のRafael del Pino Calvo-Soteloが受け継ぎ、カナダトロント都市圏の高速道路である407 ETRの整備・運営権を取得し1997年に開業、加えて1995年高速道路の料金所などを管理するAgrománの株式の大半を取得、続いて同社を1998年に再編、CintraConcesiones de Infraestructuras de Transporte, S.A.)を設立し、フェロビアルのグループ会社とした。1999年にマドリード証券取引所に上場した[1]2003年4月、イギリスのインフラ管理会社Amey plcを買収し傘下企業とした[2]

近年の参画事業

空港事業[編集]

フェロビアルは空港運営やコンソーシアム出資など、多様な形態で空港事業に参画している。1998年、グループ企業のFerrovial Airportsを設立し、メキシコカンクン国際空港などを運営するAeropuertos del Sureste de Méxicoの株式を取得した[3]2006年ロンドン・ヒースロー空港などを運営するイギリスの空港運営会社BAA2012年以降はヒースロー・エアポート・ホールディングス)の株式の大半を取得[4]、その後債務圧縮のため株式を売却しているが、現在なお同社の株式の25%を保有する最大株主となっている[5]。また2014年グラスゴーアバディーンサウサンプトンの空港運営に新たに参画した[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b c History” (英語). フェロビアル. 2017年6月18日閲覧。
  2. ^ Spanish firm set to buy Amey” (英語). 英国放送協会 (2003年4月16日). 2017年6月18日閲覧。
  3. ^ History of Ferrovial Airports” (英語). フェロビアル. 2017年6月18日閲覧。
  4. ^ フェロビアル、英ヒースロー空港の運営会社BAAを買収−建設業から交通インフラ運営まで多角化を推進”. 日本貿易振興機構 (2006年6月8日). 2017年6月18日閲覧。
  5. ^ Company Information” (英語). ヒースロー・エアポート・ホールディングス. 2017年6月18日閲覧。
  6. ^ 英ヒースローHD、3空港の売却が完了…CEO「空港拡張の支持獲得に集中」”. レスポンス (2014年12月19日). 2017年6月18日閲覧。

外部リンク[編集]