ノボザイムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ノボザイムズデンマーク語: Novozymes A/S)は、産業用酵素製品の研究開発・販売を中心に行うバイオテクノロジー企業。世界130カ国以上で製品を販売し、同分野では世界最大の市場シェアを持つ[1]。日本法人はノボザイムズジャパン株式会社デンマークコペンハーゲン近郊のBagsværdに本拠を置き、ノボノルディスクの親会社の投資会社Novo Holdings A/Sの傘下にある。コペンハーゲン証券取引所上場企業(OMXNZYM B)。

沿革[編集]

2000年11月、製薬会社のノボノルディスクが経営再編を行い、ノボザイムズは新たに設立されたNovo Holdings A/S(ノボグループ)の一員として、ノボノルディスクから酵素を中心とするバイオテクノロジー事業を分割する形で設立された(企業名はノボグループと英語で酵素を意味するenzymesの合成)[2]2001年6月、アメリカ合衆国Sybron Chemicalsからバイオテクノロジー事業を買収[3]2006年7月、イギリスDelta Biotechnology Ltd.を買収し子会社化[4]、また同年8月にオーストラリアGroPep Limitedの全株式を買収した[5]

2007年2月、当時のアメリカ大統領ジョージ・W・ブッシュが、ノボザイムズの米国法人を訪問、バイオ燃料の将来に関してパネルディスカッションを行った[6]。同年10月、バイオ農業事業の発展を目的にカナダPhilom Biosを買収[7]2008年、中国・蘇州市に世界最大の酵素発酵施設を開設した[8]2010年12月、アメリカのEMD/Merck Crop BioScience Inc.を買収しバイオ農業事業への取り組みを強化[9]2013年12月、アメリカのバイオ化学メーカーのモンサントとの提携を発表し、Bioag Allianceをスタートさせた[10]

日本法人[編集]

ノボザイムズ日本法人は、ノボノルディスクの前身企業の一つであるノボインダストリーが、1977年に設立した日本法人「ノボインダストリージャパン株式会社」をルーツに持ち、本国の経営再編に伴い2000年「ノボザイムズジャパン株式会社」に社名変更を行った。洗剤や食品、繊維、紙パルプなどで利用される酵素の研究開発や販売を行い、千葉市幕張テクノガーデン)にオフィスを持つ[11]

脚注[編集]

  1. ^ About Novozymes” (英語). Novozymes A/S. 2017年11月7日閲覧。
  2. ^ Novozymes' history” (英語). Novozymes A/S. 2017年11月7日閲覧。
  3. ^ Denmark's Novozymes to acquire US Sybron Biochemicals” (英語). ICIS (2001年6月1日). 2017年11月7日閲覧。
  4. ^ Novozymes, Inc. Acquires Delta Biotechnology, Ltd.; New company To Operate Under The Name Novozymes Delta Ltd.” (英語). Bio Space (2006年7月7日). 2017年11月7日閲覧。
  5. ^ Novozymes Proposal to Acquire Gropep Ltd.; Novozymes Takes Another Important Step to Become a Leading Supplier of Recombinant Ingredients for the Biopharmaceutical Industry” (英語). Business Newswire (2006年8月14日). 2017年11月7日閲覧。
  6. ^ Bush touts ethanol as a fuel of the future / President repeats call for reduction of gas usage in cars” (英語). SFGate (2007年2月23日). 2017年11月7日閲覧。
  7. ^ Danish Novozymes to buy Philom Bios for $27 mln” (英語). ロイター (2007年11月1日). 2017年11月7日閲覧。
  8. ^ Novozymes opens enzyme fermentation facility in China” (英語). 中国中央電視台 (2008年12月2日). 2017年11月7日閲覧。
  9. ^ Novozymes to buy EMD/Merck Crop BioScience” (英語). ロイター (2010年12月20日). 2017年11月7日閲覧。
  10. ^ モンサント、微生物培養でノボザイムズと提携”. ウォール・ストリート・ジャーナル (2013年12月11日). 2017年11月7日閲覧。
  11. ^ ACRYLAWAY酵素によるアクリルアミドの低減 (PDF)”. ノボザイムズジャパン株式会社 (2015年6月19日). 2017年11月7日閲覧。

外部リンク[編集]