曙ブレーキ工業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
曙ブレーキ工業株式会社
Akebono Brake Industry Company, Limited
Akebono Brake company logo.svg
種類 株式会社
市場情報
東証1部 7238
略称 akebono・アケボノ
ブレーキ(銘柄略称[1]
本社所在地 日本の旗 日本
348-8508
埼玉県羽生市東五丁目4番71号
本店所在地 103-8534
グローバル本社
東京都中央区日本橋小網町19番5号
設立 1936年1月25日
業種 輸送用機器
法人番号 8010001034724
事業内容 自動車部品製造
代表者 代表取締役社長 信元久隆
資本金 199億39百万円
売上高 単体80,454百万円、連結266,099百万円
(2017年3月期)
営業利益 連結4,223百万円
(2017年3月期)
純利益 連結354百万円
(2017年3月期)
純資産 単体24,537百万円、連結29,380百万円
(2017年3月期)
総資産 単体140,156百万円、連結201,790百万円
(2017年3月31日現在)
従業員数 連結9,457名(2017年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 トヨタ自動車株式会社
ボッシュグループ
日産自動車株式会社 他
外部リンク http://www.akebono-brake.com/
テンプレートを表示
マクラーレン・メルセデスのF1マシン(MP4-22)のブレーキ

曙ブレーキ工業株式会社(あけぼのブレーキこうぎょう、Akebono Brake Industry Company, Limited)は、日本自動車部品メーカーである。

概要[編集]

1929年創業。主に自動車用ブレーキを中心に生産し、トヨタ日産や米GMを中心に各完成車メーカーへの供給を行っている。ブレーキパッドの日本と米国市場のシェアは4割に達する。

2005年に筆頭株主であった米国自動車部品メーカー・デルファイが供給先のGMの経営不振などのあおりを受けて保有株を全てトヨタ自動車に売却し[2]、現在はトヨタが筆頭株主となっている。またドイツの同業大手のロバート・ボッシュとも提携している。

自動車用のみならず、新幹線ブレーキライニングおよびキャリパーなど鉄道車両向けのブレーキも生産している。新幹線の非常用ブレーキは1964年開業以来、提供し続けており、非常に高いシェアを持つ。

akebono」ブランドでモータースポーツへの部品供給も行っており、ホンダが製造するダウンヒルマウンテンバイクRN01」にも同社製の専用ディスクブレーキが搭載されていた(2013年現在市販はされていない)。また、2006年日本GPからF1マクラーレンへもブレーキシステム(キャリパーとマスターシリンダー)を供給している[3]

かつてはtvkの『新車情報』『新車ファイル クルマのツボ』のスポンサーを長年務めていたが、現在は撤退している。

2014年現在の代表取締役社長である信元久隆(のぶもとひさたか)は同社の5代目の社長で、元宝塚で女優の麻実れいの夫である。

元横綱・曙の取組に限って大相撲の懸賞金を設定していた[要出典]

沿革[編集]

  • 1929年昭和4年) - 曙石綿工業所創設、ウーブンライニング、クラッチフェーシングの製造開始。
  • 1936年(昭和11年) - 曙石綿工業株式会社に改組。
  • 1960年(昭和35年) - 曙ブレーキ工業株式会社に社名変更。
  • 1961年(昭和36年) - 株式を東京証券取引所市場第2部に上場。
  • 1983年(昭和58年) - 株式を東京証券取引所市場第1部に指定。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]