三本和彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三本 和彦(みつもと かずひこ、1931年12月22日 - )は、日本モータージャーナリスト、有限会社三信工房代表。

来歴[編集]

東京都出身。國學院大學経済学科、東京写真大学(現:東京工芸大学)写真技術科卒。1956年から東京新聞の記者として活動する傍ら、学生時代のアルバイトを通じて小林彰太郎と知り合った縁から、1962年に創刊された『カーグラフィック』の写真撮影を務めた。その後、多摩美術大学の講師を経て1969年からフリーのフォトジャーナリスト、モータージャーナリストとなる。1971年にはNETテレビ(現・テレビ朝日)の番組「13時ショー」の司会を担当している。その後、1977年から「新車情報」(テレビ神奈川)の司会者となり、2005年まで28年間担当した。 1989年にはBBCの「Top Gear」でミニ30周年記念イベントを取り上げた際、英語でインタビューを受けている。また、「全国こども電話相談室」(TBSラジオ)の回答者や、同じくラジオ番組「三本和彦の自動車王国」のパーソナリティとしても活躍。2005年にはTheサンデー日本テレビ)のコメンテーターで登場した。

モータージャーナリストとしては実用本位な物の見方で辛口のコメントをする立場をとる。ゆえに「の皮を被った[注釈 1]足」[注釈 2]などの自動車業界、自動車評論界で名言を残す一方、長年出演していたTV番組「新車情報」の収録では「気の狂ったアヒル[注釈 3]、「ダチョウの卵」[注釈 4]、「ゴムひもの緩んだパンツ」[注釈 5]、「枯葉マーク」[注釈 6]、「公衆便所ベンチレーター[注釈 7]、「稲荷鳥居[注釈 8]、「フランス野郎」[注釈 9]等々の歯に衣着せぬ毒舌的な表現で人気を博した。これらは「三本節」と称され自動車メーカー、自動車ジャーナリズム関係者の間で有名であった。また同番組内で、「ハッチバック車のリアゲートに閉扉する為の取っ手が必要」と訴えかけ、この働きかけにより、日本車のリアゲートに閉扉用取っ手が装備されたと言われている。(三本対策とコメントする自動車雑誌も存在した)

日本光学はニコンEM(ニコンの銀塩一眼レフカメラ製品一覧#ニコンEM)以来ジョルジェット・ジウジアーロにスタイリングを仰いでいるが、三本の紹介であることはあまり知られていない[1]

2005年10月25日から11月12日まで、モータファンダイアリーズ - コラム&エッセイ-<新車情報よもやま話> で「新車情報」を降板した本当の理由を明らかにし、反響を呼んだ。

現在、日本写真家協会会員・日本自動車研究者&ジャーナリスト会議(RJC)顧問もつとめている。また、自動車雑誌ベストカーにて「三本和彦の金口木舌」(毎26日号の月一連載)を84歳の現在も執筆している。

2016年4月現在、愛車はフォルクスワーゲン・ポロである。以前、おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR, NO LIFE!に出演した際、次はメルセデス・ベンツ・Cクラスを購入して自動車購入を最後にしようと思っている旨の発言をしたが、自動車雑誌ベストカーの2014年9月10日号において、(条件が良ければ)次はマツダ・デミオ(DJ系)のディーゼルを購入しようと思っている旨の記事を投稿している。

愛車遍歴[編集]

以下は、「おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR, NO LIFE! #46 三本和彦」による[2]


  • 1948年 17歳 たま電気自動車
  • 1950年 19歳 ダットサン トラック
  • 1954年 23歳 オオタ KC
  • 1957年 26歳 シトロエン 2CV
  • 1958年 27歳 スバル 360
  • 1960年 29歳 マツダ R360 クーペ
  • 30代~40代

  日産 ブルーバード
  トヨタ パブリカ
  日産 セドリック
  日産 ブルーバード SS
  日産 ブルーバード SSS
  日産 サニー
  ホンダ N360
  日産 ブルーバード
  日産 フェアレディZ
  日産 サニー
  日産 スカイライン 2000GT
  いすゞ フローリアン
  トヨタ カローラ
  シムカ 1000

  • 1975年 44歳 日産 セドリック
  • 1981年 50歳 ダイハツ ハイゼット アトレー
  • 1982年 51歳 三菱 パジェロ
  • 1990年 59歳 ホンダ NSX
  • 1992年 61歳 トヨタ クラウン
  • 1993年 62歳 トヨタ クラウン マジェスタ
  • 1994年 63歳 メルセデス・ベンツ・Cクラス
  • 1996年 65歳 メルセデス・ベンツ・Cクラス
  • 1997年 66歳 メルセデス・ベンツ・Cクラス
  • 1998年 67歳 トヨタ プリウス(初代)
  • 1999年 68歳 スバル レガシィ
  • 2000年 69歳 トヨタ プログレ
  • 2003年 72歳 ホンダ FIT
  • 2004年 73歳 トヨタ プリウス(2代目)
  • 2006年 75歳 トヨタ プリウス(2代目)
  • 2007年 76歳 トヨタ プリウス(2代目)
  • 2009年 78歳 トヨタ プリウス(3代目)
  • 2010年 79歳 ホンダ FITハイブリッド
  • 2012年 81歳 フォルクスワーゲン ポロ


その他にも、メルセデス・ベンツ・190シリーズ三菱・ストラーダ(ラリー参戦用として)、トヨタ・カリーナ(ディーゼルエンジン)を所有していたと、ベストカー新車情報で投稿・発言している。

主な著書[編集]

  • 「世界最長ラリーに挑戦して」(二玄社
  • 「お金のかからないクルマの使い方」(光文社
  • 「三本和彦・もう黙っちゃいられネエ」(三推社
  • 「三本和彦・怒りのサンドバッグ」(立風書房
  • 「クルマからみる日本社会」(岩波新書
  • 「辛口クルマ選び徹底ガイド」(日本文芸社・毎年刊行)
  • 「『いいクルマ』の条件」(NHK出版
  • 「三本和彦、ニッポンの自動車を叱る」(二玄社
  • 「言わずに死ねるか!日本車への遺言」(講談社

他多数。

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ プリンス・スカイラインGT
  2. ^ 多くのフランス車
  3. ^ BMW328ciクーペの回で、ダンパーを長年変えずに乗っている車の乗り心地に対して(決して、BMWの乗り心地に対して語ったわけではない。三本はBMWの乗り心地に対して、ロープロファイルタイヤを履いているのが信じられない程乗り心地がいいと語っていた。)
  4. ^ エリマキトカゲミラージュ(2代目C10系)のスタイリングに対して
  5. ^ トヨタ2代目カムリ&初代ビスタ(SV10系)のスタイリングに対して
  6. ^ 紅葉マーク」を蔑称したものであり、放送後警視庁から呼び出しを受けている。彼の後、多くの自動車雑誌も「落葉マーク」と蔑称していた
  7. ^ トヨタ・MR2(初代AW系)の右側リアクォーターパネルに取り付けられたエアインテークダクトに対して
  8. ^ ホンダ・ストリーム(初代RN1型)のテールランプのデザインに対して
  9. ^ 日産自動車の経営再建に邁進したCEOカルロス・ゴーンに対するコメントと思われる

出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]