梶原しげるの本気でDONDON

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

梶原しげるの本気でDONDON(かじわらしげるのほんきでどんどん、1991年までは「梶原茂の本気でDONDON」)は文化放送で、1988年4月11日 - 2000年3月31日まで放送されていたラジオ番組。放送時間は月曜日 - 金曜日の11:00 - 13:00。文化放送の報道部が制作していた。

概要[編集]

スタッフがその日の朝に決めた、ニュース性の強いテーマについて、2時間かけて広く深く、多角的に掘り下げていく番組。「ニュースの向こうに何かがみえる 我らニュースの探検隊」をキャッチフレーズに、身近なニュースから世間を揺るがす大事件まで、ニュースの疑問に体当たりする番組構成だった。また、当日発生した事件や事故をテーマに取り上げることもあり、速報性という面でも非常に強かった。

さらに、構成と探検隊長の梶原しげる(1991年までは梶原茂)の巧みなトークによる、独特のスピード感を持った聴きやすさ。探検隊員と呼ばれるスタッフたちが、スタジオのトーク中でも、サイレンつきキーホルダーの音(この音を繰り返す)を鳴らして飛び込んでくるスタイルや、梶原自身による生電話インタビューの多用など、種々の工夫がちりばめられていた。事件の関係者や、時には当事者が電話で生出演することも多々あり、ラジオならではの機動性が生かされていた。

こうした工夫により、ワンテーマを2時間にわたって広く深く掘り下げる番組が番組として成立したという意味で、日本の報道史上、特筆すべき番組といえよう。ただし、大きなニュースがあった場合を除いて、第一木曜日は弁護士の遠藤誠による「愛と誠の人生相談」をレギュラー企画として放送した。

それまで、月曜日 - 金曜日の午前11時台は、『陳平のトクする11時』(1981年4月6日 - 1982年10月1日)、『小倉智昭のとことん気になる11時』(1984年4月2日 - 1987年4月3日)と報道部主体のワイド番組が編成されていたが、その形式を発展させた生ワイドだった。

音楽は当時、既に懐かしい存在だったフルバンドジャズを多用していた。

タイトル[編集]

番組開始当時の文化放送は、『DONDON』に続けて、『吉田照美のやる気MANMAN!』(13:00 - 15:00)、『いう気リンリン 那智チャコワイド』(15:00 - 17:00)を放送していた。つまり、当時の文化放送は11:00~17:00まで、「○○気」、および「DONDON」、「MANMAN」、「リンリン」という繰り返し語をタイトルに付けた、3つのワイド番組を連ねていたことになる。ちなみに、『やるMAN』は『DONDON』よりも1年先に放送を開始している。

なお、「繰り返し語」、「気が付く」については、以上の3番組のほかに、『えのきどいちろう意気揚々』、『野村邦丸の気分はZUNZUN!』(『那智チャコワイド』の二代後の番組)があり、DONDON、やるMANを含めた繰り返し語、「気」付き4番組が、平日8:30-17:50に並ぶ時期(1999年4月 - 2000年3月)も存在した。

パーソナリティ[編集]

梶原しげる(1991年までは梶原茂、文化放送アナウンサーフリーアナウンサー

アシスタント[編集]

主なニューズィング・パーソン[編集]

他の番組で「コメンテーター」と称される出演者を、このように呼んでいた。

探検隊員[編集]

他の番組で「リポーター」と称している出演者や、制作・技術スタッフをこのように呼んでいた。この番組ではディレクター放送作家が、頻繁に登場した。このうち、主に中継先で、リポートやインタビューを担当する者については梶原が愛称を付けていて、スタジオからの呼び掛けに応じて登場する際には、愛称にちなんだテーマミュージックが流れた。

※担当当時は全員、文化放送アナウンサー。

番組の進行[編集]

オープニングで、ニューズィング・パーソン(コメンテーター)を紹介し、しばらくフリートークした後、『ニュースの向こうに何かがみえる! 我らニュースの探検隊! まず最初のコーナーは「NEWSING DONDON」』というキャッチフレーズを宣言して、番組が始まる。アシスタントが提供スポンサー名を述べた後、CMを挟んで、テーマ発表。同時に、番組がテーマにちなんだ、様々な疑問を「疑問その1」から、3つほど列挙する。一部コーナーを挟みながら、テーマに関するトークを始める。

12時台初めに、ストレートニュースを内包しており(「主なタイムテーブル」参照)、この部分のみ、NRN加盟局の一部にネットしていた。ネット時間は局によって異なる。現在、高知放送宮崎放送がネットしていた時期があることが判明している。

なお、当番組の前に放送していた『えのきどいちろう意気揚々』の放送中の10時40分頃、探検隊がスタジオに飛び込んでくるのと同じスタイルで、サイレンの音を鳴らしながら、梶原が出演し(その時、えのきどと梶原の両者が「ああ、どうもどうもどうもどうも」という挨拶から話を始めるのが「お約束」になっていた)、今日のテーマについて話をして、FAX募集の告知を行っていた。なお、臨時ニュースが飛び込み、『本気でDONDON』のテーマに設定するときは「お約束」は無く、梶原がニュースの経過を報告し、『本気でDONDON』でも伝える旨を予告することが多かった。

エピソード[編集]

  • サイレンつきキーホルダー(前出)は音の出るボタンが小さく、複数並んでいたので、ボタンを押し間違えて最初に違う音(機関銃の連射など)を出してしまう隊員もいた。
  • オウム真理教が問題になる前から独自の調査を定期的に行なっていたため、教祖の麻原彰晃逮捕後、当時、番組に関わっていたスタッフや記者らがたびたび法廷に呼ばれて、参考人証言を行ったことがあった。
  • 1993年12月15日、日野OL不倫放火殺人事件をいち早く事件として取り上げたが、この時は「火災現場周辺の違法駐車のため消防車が近づけずに延焼が広がり、焼死者を出したこと」がテーマだった。事件の概要が明らかになったのは犯人が逮捕されてからである。
  • 番組10周年を記念して後述の番組本を発刊する際、パーソナリティの梶原の後輩である吉田照美小俣雅子がパーソナリティを務める『吉田照美のやる気MANMAN!』にゲスト出演(途中から伊藤もトークに参加)し、梶原は「最近、TBSのアクセス(『BATTLE TALK RADIO アクセス』)っていう夜の番組で、本気でDONDONと似たような企画やってるね」と発言し、アクセスをライバル視するまではいかないものの、気にしていたことを明かしていた。ただし、アクセスのメインはバトルトークにあり、当番組は広く深い調査を主旨とする番組なので、硬派の番組同士という点以外の接点はない。なお、当番組はこの2年後に終了したが、アクセスは出演者の交代を重ねながら2010年4月まで継続した。

番組終了後の動き[編集]

梶原が全日制の大学院心理学を学ぶことになり、スケジュールの都合で、番組は終了した。最終回のエンディングでは梶原がスタッフ全員の名前を読み上げた。

後枠は編成を刷新して『陳平&寺ちゃんのハッピートゥモロー』となり、放送時間も、10:00 - 13:00の3時間となった。

後に、寺島尚正が『寺ちゃんの飛び出せ!ハッピータウン』で、同番組に内包する形で独立。それに伴い、野末陳平の相手役が寺島から、藤木千穂に変更となった。

一方、梶原は朝ワイド『チャレンジ!梶原放送局』に移ったが、TBSラジオ・ニッポン放送の同時刻朝ワイドに苦戦して、短命に終わる。

番組終了後、インターネットで、本番組と同じ趣旨の企画が続行されたが、こちらは間もなく終了した。

2006年11月9日の『くにまるワイド ごぜんさま~』で、木曜レギュラーコメンティストの重松清が急遽欠席したため、「プチ」本気でDONDONを放送し、リスナーからの素朴な疑問がメール、FAXで次々と寄せられ、おおむね好評だった。また、番組内で、当時の探検隊呼び出し音が復活した。

これを受けて、同番組では2007年2月19日から2月23日までの1週間、期間限定ではあるが、「野村邦丸の何気にDONDON」という形で復活。ゲスト コメンティストには梶原を出演させるという念の入れ様だった。

なお、『ごぜんさま~』ではこの後、2007年4月、6月のスペシャルウィークでも「野村邦丸の○○でDONDON」と(○○にはテーマが入る)称して、特集を組んでいる。 最近では『竹内靖夫の電リク・ハローパーティー』で、パーソナリティの竹内靖夫アナと石川真紀アナが「是非、復活して欲しい番組だ」と発言しており、文化放送内部では未だに根強い人気があるようだ。

本番組との関連性はないものの、2009年のA&Gの番組において、桃井はるこが「繰り返し語」をヒントに、レギュラー番組のタイトルに用いていた。

2012年には『文化放送2012 本気でLON!DON!』と銘打った、ロンドンオリンピック関連のホームページを開設。同タイトルを番組タイトルとして、現地からのリポートを交えて放送された。

特別編成[編集]

毎年9月1日の防災の日は全国38局ネットで、「防災の日スペシャル」を放送していた(この番組終了後の「防災の日スペシャル」は文化放送の平日帯ワイド番組を担当しているアナウンサーが引き続き担当していたが、2004年以降は太田英明が毎年担当している)。また、「防災の日スペシャル」以外にも不定期で、全国ネットの単発番組。もしくは『キユーピー・メロディホリデー』のため、放送が休止となっていた。

サッカー日本代表の試合の中継の影響で、12時からの放送開始となった時はテーマを、サッカー関連にしたことがあった。

1991年 - 1992年頃、文化放送が祝日編成「10days(7days)スイング・ホリデー」を実施した際は比較的、柔らかめの特集を多く組んでいた。

主なタイムテーブル[編集]

  • 11:00 - オープニング→今日のコメンテーター紹介
  • 11:05 - NEWSING DONDON(東京ワンタン本舗他)
  • 11:20 - 東急ストア ママ大学 DONDONリクエスト(東急ストア加盟協賛各社)
  • 11:35 - ニュースの疑問に体当たり 本気でアタック!!(PT
  • 11:45 - DONDON追跡隊
  • 11:55 - 交通情報
  • 12:00 - ブレイクタイム(BGMをバックに出演者がフリートークをする。時報からNEWS NOWまでのつなぎといえよう)
  • 12:01 - NEWS NOW(かつての「お昼のニュースパレード」に当たる枠。当時は東京電力の提供コーナー)
  • 12:10 - 天気予報(月・水・金 内外薬品)(火・木 浅草のれん会ソーイングハウス
  • 12:13 - DONDON歌謡曲(アポロン音楽産業
  • 12:15 - もっと知りたいニュースの裏側 行け行けDONDON
  • 12:30 - キテミテDONDON
  • 12:45 - DONDONレーダー 埼玉情報(くらづくり本舗)→千葉情報(京葉ガスがときどき提供していた)→神奈川・伊豆情報
    • ※現在の「首都圏ジャパン!」に当たるコーナー枠(交通情報と地域情報)。当時の同局の他番組での交通情報とは異なり、BGMにCASIOPEAの「Frou Four」が使われていた。
  • 12:52 - あっと言わせる 素朴な疑問大賞(リスナーから寄せられたニュースに関連したなかで「言われてみれば、確かに疑問」ということをいくつか紹介し、探検隊員たちが簡単な回答をして、最も秀逸な疑問、質問を表彰。なお、大賞を紹介するときのファンファーレは『ぶっつけワイド』(東海ラジオ放送)でも使われていたことがある)
  • 12:57 - エンディング

関連書籍[編集]

『梶原しげるの本気でDONDON-われらニュースの探検隊-』

文化放送編 メディアファクトリー発行 1998年 ISBN 4-889-91664-4
文化放送 月~金11:00~13:00枠
前番組 番組名 次番組
11時台は小倉智昭のとことん気になる11時
(1984年4月2日 - 1987年4月3日)
倉林由男のとことん気になる11時
(1987年4月6日 - 1988年4月8日)
12時台はニュース・録音のベルト番組中心の構成
さだまさしのラジオまっぴるま等)
(1985年10月 - 1987年3月)
→昼はおまかせ 桂竜也です→昼はおまかせ 月岡逸弥です
(1987年4月6日 - 1988年4月8日)
梶原しげる(梶原茂)の
本気でDONDON
ハッピートゥモロー
(2000年4月3日 - 2002年10月4日 10:00 - 13:00)