鈴木敏夫 (文化放送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
すずき としお
鈴木 敏夫
プロフィール
愛称 びんさん、びんちゃん
出身地 日本の旗 日本奈良県大和高田市
生年月日 (1964-01-29) 1964年1月29日(58歳)
最終学歴 関西学院大学法学部
勤務局 文化放送
部署 コミュニケーションデザイン局 報道スポーツセンター 部長
活動期間 1988年4月 -
ジャンル 報道
公式サイト https://8card.net/p/39733998966
出演番組・活動
出演中 ロンドンブーツ1号2号 田村淳のNewsCLUB
伊東四朗 吉田照美 親父・熱愛
出演経歴 15はドキドキ ピンクコング3
梶原しげるの本気でDONDON
伊東四朗のあっぱれ土曜ワイド

鈴木 敏夫(すずき としお、1964年昭和39年〉1月29日[1] - )は、文化放送 コミュニケーションデザイン局 報道スポーツセンター部長。元アナウンサーで、「鈴木 びん」というマイクネームを使用していた時期がある。奈良県大和高田市出身[1]。血液型はA型。

来歴[編集]

1988年関西学院大学法学部卒業後、文化放送入社[1]。入社当初はスポーツアナウンサーとしてキャリアを始めるが、入社2年目に『15はドキドキ ピンクコング3』を担当して以降は、バラエティから報道まで幅広く番組を担当。

2003年にアナウンス室から報道部に異動して、報道記者に転身。2017年7月に報道スポーツセンターのデスクから部長に昇進。趣味は旅行、落語、映画鑑賞(映画ペンクラブ会員)。

出演番組[編集]

現在の出演番組[編集]

過去の出演番組[編集]

アナウンサー時代
報道記者転身後

制作番組[編集]

プロデューサーとして、報道特番(主にドキュメンタリー)の企画制作を手掛けている。

  • 文化放送ウェンズデープレミアム 「4つの空白~拉致事件から35年」(2013年) - 日本民間放送連盟賞 番組部門(ラジオ報道番組)優秀賞
  • アーサー・ビナード 「探しています」(2016年) - 日本民間放送連盟賞 番組部門(ラジオ報道番組)最優秀賞(戦後70年特別企画としてレギュラー放送した番組の再編集版)
  • 文化放送報道スペシャル「戦争はあった」(2020年) - 第46回放送文化基金賞 番組部門 ラジオ番組優秀賞および日本民間放送連盟賞 番組部門(ラジオ報道番組)優秀賞(アーサー・ビナードが出演)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 月刊ラジオパラダイス 1988年6月号 p.13「全国新人アナウンサー特集'88」