アーサー・ビナード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アーサー・ビナード(Arthur Binard、1967年7月2日 - )は、アメリカ合衆国ミシガン州生まれの詩人俳人随筆家翻訳家広島市在住[1]。妻は詩人の木坂涼9条の会会員。

来歴[編集]

20歳でヨーロッパへ渡り、ミラノイタリア語を習得。ニューヨーク州コルゲート大学英米文学部を卒業。卒業論文を書く際に漢字日本語に興味を持ち、1990年6月に単身来日。来日後、通っていた日本語学校で教材として使用された小熊秀雄の童話『焼かれた魚』を英訳した事をきっかけに、日本語での詩作、翻訳を始める。現在は活動の幅をエッセイ絵本ラジオパーソナリティなどに広げており、日本国内各地で講演活動等も行っている。

主な詩集に、『釣り上げては』(思潮社)、『左右の安全』(集英社)、『ゴミの日』(理論社)など。訳詩集に『日本の名詩、英語でおどる』(みすず書房)など。

絵本に、『くうきのかお』(福音館書店)、『はらのなかのはらっぱで』(フレーベル館)、『さがしています』(童心社)など。

翻訳絵本に『ダンデライオン』『どんなきぶん?』(福音館書店)、『あつまるアニマル』(講談社)『ひとりぼっち?』(徳間書店)、『カーロ、世界をかぞえる』(フレーベル館)など。

エッセイ集に、『日々の非常口』(朝日新聞社)、『日本語ぽこりぽこり』(小学館)、『出世ミミズ』『空からきた魚』(集英社文庫)、『亜米利加ニモ負ケズ』(日本経済新聞出版社)などがある。

受賞[編集]

人物・エピソード[編集]

  • 自身の名前「Arthur Binard」を漢字表記で「朝美納豆」として、名刺にも併記している(納豆好きである)。
  • 都内や近郊の移動には、自転車を多用している。
  • 大学在学中に交際していた女性を追って20歳の時イタリアに渡ったが、後にニューヨークに戻り復学した。
  • 埼玉県教職員組合主催の国際女性デー関連の集会に招かれた際、講演のタイトルを「さいたさいたセシウムがさいた」としたところ抗議が寄せられ[2]、集会は中止となった[3]。尚、前年の2011年8月4日には東海テレビぴーかんテレビにて岩手県産米ひとめぼれの当選者の欄に「怪しいお米 セシウムさん」「汚染されたお米 セシウムさん」と表示されたセシウムさん騒動があったため、ブログでは「さいたさいたセシウムがさいた」と同じくセシウムさん騒動と批判したという見方もあった。

主な出演番組[編集]

現在[編集]

過去[編集]

連載[編集]

現在[編集]

  • 『アンクル・リーマスの語った話』…花椿 (資生堂月刊誌)
  • 『日々のとなり』…マガジンアルク (アルク

過去[編集]

作品(著書、共著、翻訳 等)[編集]

  • 焼かれた魚 (1993年12月) 透土社
  • Timeless-中川隆写真集 (1995年6月1日) 小学館
  • おーい、カナブーン (1998年8月) 福音館書店
  • Our cup of tea ティータイムがと・く・い (1999年8月) 星雲社
  • かじだ、しゅつどう 英語版-Fire! We're On The Way!(こどものともファーストイングリッシュブック) (2000年3月) 福音館書店
  • いちご 英語版-Strawberries(こどものともファーストイングリッシュブック) (2000年3月) 福音館書店
  • 音と絵で覚える子ども英語じてん(三省堂ワードブック) (2000年6月) 三省堂
  • 釣り上げては (2000年7月) 思潮社
  • カエルのおんがくたい (2001年3月) 福音館書店
  • どんなきぶん? (2001年11月) 福音館書店
  • カーロ、せかいをよむ- きりんのカーロ(1) (2002年12月) フレーベル館
  • カーロ、せかいをかぞえる- きりんのカーロ(2) (2002年12月) フレーベル館
  • 空からやってきた魚 (2003年7月31日) 草思社
  • くうきのかお(びじゅつのゆうえんち) (2004年10月) 福音館書店
  • A FRIEND (2004年11月15日) 玉川大学出版部
  • うごく浮世絵!?(びじゅつのゆうえんち) (2005年1月) 福音館書店
  • ダンデライオン(世界傑作絵本シリーズ) (2005年2月) 福音館書店
  • 日本語ぽこりぽこり (2005年2月28日) 小学館
  • 14ひきのひっこし・英語版 (2005年8月) 童心社
  • 14ひきのあさごはん・英語版 (2005年8月) 童心社
  • 14ひきのぴくにっく・英語版 (2005年8月) 童心社
  • 14ひきのかぼちゃ・英語版 (2005年8月) 童心社
  • 14ひきのおつきみ・英語版 (2005年8月) 童心社
  • 焼かれた魚-The Grilled Fish (2006年1月) パロル舎
  • 出世ミミズ (2006年2月17日) 集英社文庫
  • 日々の非常口 (2006年8月) 朝日新聞社
  • ここが家だ ベン・シャーンの第五福竜丸 (2006年9月26日) 集英社
  • はらのなかのはらっぱで (2006年11月) フレーベル館
  • 左右の安全 (2007年10月5日) 集英社
  • ひとりぼっち? (2007年11月) 徳間書店
  • 日本の名詩、英語でおどる (2007年12月22日) みすず書房
  • 空からきた魚 (2008年2月20日) 集英社文庫
  • ゴミの日- アーサービナード詩集(詩の風景) (2008年8月) 理論社
  • あつまるアニマル (2008年10月) 講談社
  • 賞味期限知らず (2008年11月5日) 小学館
  • ふしぎの国のアリス (2009年7月1日) 講談社
  • 富士山のしゅみ (2009年8月1日) 福音館書店
  • どうして どうして? (2009年8月5日) 小学館
  • 昆虫主義 (2009年8月31日) 青土社
  • ホットケーキできあがり! (2009年9月15日) 偕成社
  • つみきのいえ 英語版 Once upon a Home upon a Home (2009年11月12日) 白泉社
  • ディズニープリンセス プレミアムコレクション シンデレラ (2009年11月19日) 講談社
  • はじまりの日 (2010年3月31日) 岩崎書店
  • ガラガラヘビの味 アメリカ子ども詩集 (2010年7月16日) 岩崎書店
  • カエルもヒキガエルもうたえる (2010年8月4日) 長崎出版
  • キンコンカンせんそう (2010年8月6日) 講談社
  • ことばメガネ (2010年11月19日) 大月書店
  • 亜米利加ニモ負ケズ (2011年1月25日) 日本経済新聞出版社
  • ジョン万次郎物語 (2011年2月1日) ラボ教育センター
  • どうぶつ どうして どんどんどんと (2011年2月28日) 岩崎書店
  • タンポポたいへん (2011年4月20日) すずき出版
  • ほんとうのサーカス (2011年5月31日) BL出版
  • ひとのあかし What Makes Us (2012年1月17日) 清流出版
  • 小池邦夫の落書帖 (2012年1月29日) 文化出版局 
  • 泥沼はどこだ〜言葉を疑い、言葉でたたかう (2012年2月11日) かもがわ出版
  • 3.11を心に刻んで (2012年3月6日) 岩波書店
  • イッツ・ア・スモールワールド みんなとなりどうし (2012年4月18日) 講談社

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 広島)アーサー・ビナード、二階堂和美の両氏が対談 - 朝日新聞 2017年2月1日
  2. ^ 「セシウムさいた」抗議受け削除 講演タイトル、埼玉県教組 共同通信、2012年3月8日閲覧、アーカイブ化
  3. ^ 抗議相次ぎ集会中止 講演「セシウムさいた」で 共同通信、2011年3月9日閲覧、アーカイブ化
  4. ^ 製作の文化放送では、「斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI!」内で放送
  5. ^ 戦後70年特別企画 アーサー・ビナード『探しています』 2015年4月4日 文化放送 2015年10月21日閲覧

外部リンク[編集]