永倉万治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ながくら まんじ
永倉 万治
生誕 1948年昭和23年)1月27日
日本の旗 日本 埼玉県志木市
死没 (2000-10-05) 2000年10月5日(52歳没)
埼玉県和光市
出身校 立教大学中退
職業 作家
配偶者 永倉 有子 (妻)

永倉 万治(ながくら まんじ、1948年1月27日 - 2000年10月5日)は、日本作家である。本名、長倉 恭一(ながくら きょういち)。晩年にはペンネームの表記を、「永倉 萬治(読み同じ)」と改めていた。

1989年平成元年)、著書 『アニバーサリー・ソング』で、講談社エッセイ賞を受賞。

人物[編集]

経歴[編集]

埼玉県志木市生まれ。立教高等学校(現在の立教新座高等学校)を経て、立教大学経済学部を中退。

劇団 「東京キッドブラザース」の公演に参加したが、ヨーロッパ公演の際に同劇団から退団した。その後は放送作家雑誌編集者、広告プランナー等を務める傍ら、各種雑誌等にエッセーや小説を発表するようになり、1984年昭和59年)からは執筆活動に専念した。

1989年平成元年)、番組出演のためにラジオ局に向かう途中の四ツ谷駅(東京都新宿区)で倒れ、脳出血の診断を受けた。右半身麻痺失語症を生じたもの、リハビリテーションを経て、執筆の再開を果たす。しかしながら2000年(平成12年)に脳出血を再発(脳幹出血)、入院先の国立埼玉病院(埼玉県和光市)で死亡した。

著作[編集]

永倉の作品には、男女の「大人の恋」を描いたもの、サラリーマンの心境を描いたもの、リストラ後も楽しく生きる男の姿を描いたものなどがある。また、自叙伝的なものとして、「東京キッドブラザーズ」在籍時の体験をもとにした『黄金バット』や、1989年(平成元年)に脳出血に倒れた際の入退院の経緯を描いた 『大熱血闘病記』(『父帰る 平成元年 大熱血闘病記』に改題)等がある。後者はNHKにて『父帰る』と題してテレビドラマ化され、俳優のうじきつよしが永倉役を演じた。

妻である有子さんは永倉の執筆を助けたことで知られ、遺作となった小説 『ぼろぼろ三銃士』の後半は有子さんの手によって完成された。また有子さんは、永倉との生活を描いた作品 『万治クン』を発表している。

一覧[編集]

「永倉万治」名[編集]

  • 「小説寄席芸人伝」(作/古谷三敏)(小学館・1984年) - 「永倉万治」の名前で発表した初めての作品。
  • 「この頃は、めっきりラブレター」(講談社・1985年
  • 「新・昭和30年代通信」(小学館・1986年
  • 「東京デート漂流」(講談社・1986年)
  • 「東京恋愛事情」(筑摩書房・1987年
  • 「いけない観光」(翻訳/M・ロンドン著)(主婦の友社・1987年)
  • 「屋根にのぼれば、吠えたくなって」(毎日新聞社・1988年
  • 「ジェーンの朝とキティの夜」(角川書店・1989年
  • 「みんなアフリカ」(講談社・1989年)
  • 「アニバーサリー・ソング」(立風書房・1989年、講談社エッセイ賞受賞)
  • 「とげぬき地蔵通信」(ダイナミックセラーズ・1989年)
  • 「ポワール・ウィリアムスに関する20点と70点の思い出」(河出書房新社・1989年)
  • 「女房のいない週末」(小学館・1989年)
  • 「星座はめぐる」(TBSブリタニカ・1990年
  • 「陽差しの関係」(講談社・1990年)
  • 「アナタの年頃」(講談社・1991年
  • 「ラスト・ワルツ」(角川書店・1991年)
  • 「誘惑の十六幕」(マガジンハウス・1992年・共著)
  • 「大熱血闘病記」(角川書店・1992年)
    • 「父帰る 平成元年 大熱血闘病記」(角川文庫・1994年)
  • 「荒木のおばさん」(講談社・1992年)
  • 「結婚しよう」(新潮社・1993年
  • 「晴れた空、そよぐ風」(PHP研究所・1993年)
  • 「移動遊園地」(中央公論社・1993年)
  • 「武蔵野S町物語」(河出書房新社・1994年
  • 「家族を幸せにする死に方」(祥伝社・1994年・監修)
  • 「黄金バット」(講談社・1995年
  • 「おけら」(文藝春秋・1996年
  • 「四重奏」(角川書店・1996年)
  • 「大青春。」(主婦の友社・1996年)
  • 「二人でボサノバ」(主婦の友社・1996年)
  • 「食・後・は・眠・い」(新潮社・1996年)
  • 「二丁拳銃でドカン!」(勁文社・1996年)
  • 「フルネルソン」(講談社・1997年
  • 「男はみんなギックリ腰」(集英社・1997年)
  • 「大復活」(講談社・1997年)
  • 「満月男の優雅な遍歴」(光文社・1998年
  • 「ポチャポチャの女」(実業之日本社・1998年)
  • 「どいつもこいつも」(新潮社・1998年)

「永倉萬治」名[編集]

  • 「インポテンス」(講談社・1998年)
  • 「あなたの隣の大切な人」(青春出版社1999年
  • 「アルマジロの日々」(幻冬舎・2000年
  • 「人の気も知らないで」(実業之日本社・2000年)
  • 「あぁ、結婚」(集英社・2000年)
  • 「「これでおしまい」」(集英社・2001年) - 1997-99年の雑誌掲載を集めた短編集。
  • 「ぼろぼろ三銃士」(実業之日本社・2001年・共著) - 永倉は執筆途中に亡くなり、妻の有子さんによって完成された。

その他[編集]

永倉には雑誌編集者であった頃に本名や無記名、イニシャルにて執筆された作品も多数存在していた。

参考文献[編集]

  • 生年月日、大学、エッセイ賞について新現代執筆者大事典(1992年)、日本著者名人名典拠録2(2002年)(いずれも日外アソシエーツ)

外部リンク[編集]