岸本佐知子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

岸本 佐知子(きしもと さちこ、1960年昭和35年)2月25日 - )は、日本の翻訳家エッセイスト、アンソロジスト。

経歴[編集]

神奈川県横浜市出身。

兵庫県出身の会社員の娘として東京都世田谷区の社宅に育つ。小学校から中学校にかけての愛読書は中勘助銀の匙』と志賀直哉小僧の神様』とジュール・ルナールにんじん』(岸田國士訳)の3冊だった[1]女子学院中学校在学中、夏休みの英語の宿題で英語の絵本を一冊訳し上げて教師に大変褒められたことが後の翻訳への興味につながったという。また中学3年生のとき筒井康隆の作品を知り、「読む前と後とで人生が変わるくらいの衝撃」を受けた[2]

女子学院高等学校を経て1978年上智大学文学部英文科入学。大学在学中に別宮貞徳のゼミで英文の翻訳を学ぶ[3]。卒論のテーマはリチャード・ブローティガン[4]

1981年に大学を卒業してサントリーに入社、宣伝部に勤務。しかし、とにかくOLの仕事が向いておらず、あるとき仕事をほとんど取り上げられてしまい[5]、急に余暇が増えたため、勤務帰りに週1回、翻訳学校で英文翻訳を学び直す。

6年半のサントリー勤務を経て退社後、翻訳家として独立。海外の先鋭的な小説作品の翻訳を行い、特にスティーヴン・ミルハウザーニコルソン・ベイカーの翻訳で広く知られるようになる。現在は「岸本の翻訳作」ということで、その作品・作者が「海外文学愛好家」にアピールする存在である。なお、中田耕治を翻訳の師匠と呼んでいる[6]

また、『翻訳の世界』編集部にいる友人の依頼で同誌に奇妙な味わいのエッセイを連載、このエッセイは翻訳の技術等に関わる内容ではなかったため一部の読者から苦情の投書を受けたが柴田元幸に高く評価される[6]。同誌に連載された文章を含む第一エッセイ集『気になる部分』を2000年9月に白水社より刊行。

『ちくま』に連載されたエッセイ「ネにもつタイプ」をまとためた第二エッセイ集『ねにもつタイプ』(筑摩書房)が、2007年の第23回講談社エッセイ賞を受賞。2012年11月、第三エッセイ集『なんらかの事情』を刊行。

現在も『ちくま』に上記エッセイ「ネにもつタイプ」を連載中。川上弘美小川洋子北村薫を愛読者に持つ[7]

2013年、第19回野間文芸翻訳賞選考委員。2014年、講談社エッセイ賞選考委員。2015年、第一回日本翻訳大賞選考委員。2018年、読売新聞 読書委員。2020年、すばる文学賞 選考委員。

著書・訳書[編集]

単著[編集]

  • 『気になる部分』(白水社) 2000、のち白水Uブックス 2006
  • 『ねにもつタイプ』(筑摩書房) 2007、のちちくま文庫 2010:講談社エッセイ賞受賞
  • 『なんらかの事情』(筑摩書房) 2012、のちちくま文庫 2016
  • 『ひみつのしつもん』(筑摩書房) 2019
  • 『死ぬまでに行きたい海』(スイッチパブリッシング) 2020

共著・編著[編集]

翻訳[編集]

  • 『カルテット』(ジーン・リース早川書房) 1988
  • 『君がそこにいるように』(トム・レオポルド、白水社) 1989、のち白水Uブックス
  • 『ダンシング・ガールズ』(マーガレット・アトウッド、白水社) 1989
  • 『ブロードウェイの彼方』上・下(ビヴァリー・S・マーティン、ハヤカワ文庫) 1990
  • 『エドウィン・マルハウス ジェフリー・カートライト著 あるアメリカ作家の生と死 (1943 - 1954)』(スティーヴン・ミルハウザー福武書店) 1990
    のち改題『エドウィン・マルハウス あるアメリカ作家の生と死』(白水社) 2003
    のち改題『エドウィン・マルハウス』(河出文庫) 2016
  • 『さくらんぼの性は』(ジャネット・ウィンターソン、白水社) 1991、のち白水Uブックス
  • 『誰かが歌っている』(トム・レオポルド、白水社) 1992
  • 『もしもし』(ニコルソン・ベイカー、白水社) 1993、のち白水Uブックス
  • 『モデル・ワールド』(マイケル・シェイボン、早川書房) 1993
  • 『中二階』(ニコルソン・ベイカー、白水社) 1994、のち白水Uブックス
  • 『フェルマータ』(ニコルソン・ベイカー、白水社) 1995、のち白水Uブックス
  • 『拳闘士の休息』(トム・ジョーンズ、新潮社) 1996、のち河出文庫
  • 『ニューヨーク・バナナ』(マイク・フェイダー、白水社) 1997
  • 『サーカスの息子』上・下(ジョン・アーヴィング、新潮社) 1999、のち新潮文庫
  • 『室温』(ニコルソン・ベイカー、白水社) 2000
  • 『オレンジだけが果物じゃない』(ジャネット・ウィンターソン、国書刊行会) 2002、のち白水Uブックス 2011
  • 『ヴァギナ・モノローグ』(イヴ・エンスラー、白水社) 2002
  • 『ノリーのおわらない物語』(ニコルソン・ベイカー、白水社) 2004、のち白水Uブックス
  • 『ほとんど記憶のない女』(リディア・デイヴィス、白水社) 2005、のち白水Uブックス
  • 『空中スキップ』(ジュディ・バドニッツ、マガジンハウス) 2007
  • 『灯台守の話』(ジャネット・ウィンターソン、白水社) 2007、のち白水Uブックス
  • 『いちばんここに似合う人』(ミランダ・ジュライ、新潮社) 2010
  • 『話の終わり』(リディア・デイヴィス、作品社) 2010
  • 『遠い町から来た話』(ショーン・タン、河出書房新社) 2011
  • 『短くて恐ろしいフィルの時代』(ジョージ・ソーンダーズ、角川書店) 2011、のち河出文庫
  • 『ロスト・シング』(ショーン・タン、河出書房新社) 2012
  • 『鳥の王さま』(ショーン・タン、河出書房新社) 2012
  • 『エリック』(ショーン・タン、河出書房新社) 2012
  • 『夏のルール』(ショーン・タン、河出書房新社) 2014
  • 『月の部屋で会いましょう』(レイ・ヴクサヴィッチ、市田泉共訳、創元海外SF叢書) 2014、のち創元SF文庫
  • 『元気で大きいアメリカの赤ちゃん』(ジュディ・バドニッツ、文藝春秋) 2015
  • 『あなたを選んでくれるもの』(ミランダ・ジュライ、新潮社) 2015
  • 『サミュエル・ジョンソンが怒っている』(リディア・デイヴィス、作品社) 2015
  • 『ベスト・ストーリーズⅠ ぴょんぴょんウサギ球』(若島正編、若島正他共訳、早川書房) 2015
  • 『ベスト・ストーリーズⅡ 蛇の靴』(若島正編、若島正他共訳、早川書房) 2016
  • 『分解する』(リディア・デイヴィス、作品社) 2016
  • 『最初の悪い男』(ミランダ・ジュライ、新潮社) 2018
  • 『芥川龍之介選 英米怪異・幻想譚』(芥川龍之介編、柴田元幸他共訳、岩波書店) 2018
  • 『セミ』(ショーン・タン、河出書房新社)2019
  • 『掃除婦のための手引き書』(ルシア・ベルリン、講談社) 2019、のち講談社文庫
  • 『十二月の十日』(ジョージ・ソーンダーズ、河出書房新社) 2019
  • 『彼女の体とその他の断片』(カルメン・マリア・マチャド、小澤英実他共訳、エトセトラブックス) 2020
  • 『内なる町から来た話』(ショーン・タン、河出書房新社) 2020
  • 『ウサギ』(ショーン・タン絵、ジョン・マーズデン文、河出書房新社) 2021
  • 『おばけと友だちになる方法』(レベッカ・グリーン、福音館書店) 2021
  • 『すべての月、すべての年』(ルシア・ベルリン、講談社) 2022

編訳[編集]

  • 『変愛小説集』(編訳、講談社) 2008、のち講談社文庫 2014
  • 『変愛小説集Ⅱ』(編訳、講談社) 2010
  • 『居心地の悪い部屋』(編訳、角川書店) 2012、のち河出文庫 2015
  • 『コドモノセカイ』(編訳、河出書房新社) 2015
  • 『楽しい夜』(編訳、講談社) 2016

脚注[編集]

  1. ^ 『灯台守の話』刊行記念 岸本佐知子さん・清岡智比古さんトークショー 5/7白水社公式サイト
  2. ^ 『灯台守の話』刊行記念 岸本佐知子さん・清岡智比古さんトークショー 7/7白水社公式サイト
  3. ^ 上智大学文学部英文学科
  4. ^ 後年、「翻訳家を志すきっかけとなった本」を問われた際にはブローティガンの『西瓜糖の日々』(藤本和子訳、河出書房新社)を挙げ、「学生時代にこの本と出会っていなかったら、今ごろはまちがいなく別の人生を送っていたでしょう」と述べている(岩波書店編集部編『翻訳家の仕事』巻末執筆者紹介p.5、岩波新書2006年)。
  5. ^ メールマガジン『Tra-maga』 文芸翻訳家 岸本佐知子氏翻訳学校 フェロー・アカデミー
  6. ^ a b 新元良一『翻訳文学ブックカフェ』(本の雑誌社2004年
  7. ^ 担当編集者は知っている。ほぼ日刊イトイ新聞

外部リンク[編集]