エリック・カール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エリック・カール
Eric Carle
Eric Carle (cropped).jpg
ロサンゼルスで(2009年)
誕生 (1929-06-25) 1929年6月25日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州シラキュース
死没 2021年5月23日(2021-05-23)(91歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
マサチューセッツ州ノーサンプトン
職業 作家、イラストレーター、デザイナー
最終学歴
ジャンル 子供向け絵本
代表作
主な受賞歴 ローラ・インガルス・ワイルダー賞
2003年
活動期間 1963年 – 2021年
配偶者
Barbara Morrison
(m. 1973; d. 2015)
[1]
子供 2
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

エリック・カール(Eric Carle、1929年6月25日[2] - 2021年5月23日)は、アメリカ絵本作家[3][4]

ニスを下塗りした薄紙にで色をつけた色紙を切抜き、貼りつけていくコラージュの手法が特徴[5]。鮮やかな色彩感覚によって「絵本の魔術師」といわれる。 発表した絵本は40作以上にのぼり、代表作である『はらぺこあおむし』は39か国語に翻訳され、出版部数は5500万部を超えている[3]

略歴[編集]

1929年ニューヨーク州シラキュース生まれ[2]。両親はドイツ人[5]1935年に家族とドイツに移住[5]

1946年から4年間、シュトゥットガルト造形美術大学で学ぶ。52年にアメリカに戻り、絵本作家のレオ・レオニの紹介でニューヨーク・タイムズグラフィックデザイナーとして働く[2]。67年に『くまさん くまさん なにみてるの?』(原題 Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?、文 ビル・マーチン英語版)のイラストレーションを担当し、絵本作家としてデビュー。68年に最初の自作絵本『1、2、3 どうぶつえんへ』を発表[2]。本作は翌1970年にボローニャ国際児童図書展グラフィック大賞を受賞[6]。69年、『はらぺこあおむし』をアメリカで刊行。本作はアメリカのほかドイツ、フランスなど各国で多数の賞を受賞[7]

  • 1971年より絵本製作に専念、『たんじょうびの ふしぎな てがみ』、『うたが みえる きこえるよ』などを発表。
  • 1985年、訪日。
  • 2002年11月、ボストン近郊にエリック・カール絵本美術館が開館。
  • 2003年、ローラ・インガルス・ワイルダー賞を受賞。
  • 2021年5月23日、腎不全のため、東部マサチューセッツ州の自身の別荘で死去[8]。91歳没。

代表的な絵本[編集]

括弧内は原題およびアメリカにおける出版年。

  • くまさん くまさん なにみてるの? (Brown Bear, Brown Bear, What Do You See? 1967年)
  • はらぺこあおむし(The Very Hungry Caterpillar 1969年)森比左志 訳、偕成社(1976年)
  • ホットケーキできあがり!(Pancake、Pancakeアーサー・ビナード 訳、偕成社
  • ごちゃまぜカメレオン(The Mixed-up Chameleon八木田宜子 訳、偕成社
  • ちいさいタネ(The Tiny Seedゆあさふみえ 訳、偕成社
  • やどかりのおひっこし(A House for Hermit Crab)森比左志 訳、偕成社
  • くもさん おへんじ どうしたの(The Very Busy Spider)森比左志 訳 偕成社
  • ごきげんななめのてんとうむし(The Grouchy Ladybug)森比左志 訳、偕成社
  • 月ようびはなにたべる?(Today is Monday)森比左志 訳、偕成社
  • だんまりこおろぎ(The Very Quiet Cricket工藤直子 訳、偕成社
  • 巨人に気をつけろ!(Watch Out A Giant)森比左志 訳、偕成社
  • さびしがりやのほたる (The Very Lonely Firefly) 偕成社
  • とうさんはタツノオトシゴ(Mister Seahorse佐野洋子 訳、偕成社
  • こんにちは あかぎつね!(Hello Red Fox) 佐野洋子 訳、偕成社
  • パパ、おつきさまとって(Papa, Please Get the Moon for Me)森比左志 訳、偕成社
  • パッチン!とんでコメツキくん(The Very Clumsy Click Beetle)偕成社

他に童心社からいわむらかずおコラボレートしたバイリンガル絵本『どこへいくの?ともだちにあいに!』がある[9]

その他[編集]

2021年11月12日、エリック・カールの世界観をテーマとする、日本で初めてのプレイグラウンド施設『プレイパーク エリック・カール』がオープンした [10]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ The Eric Carle Museum of Picture Book Art Mourns the Loss of Co-Founder Barbara Carle” (英語). The Eric Carle Museum of Picture Book Art. 2021年7月20日閲覧。
  2. ^ a b c d 自伝 1992, p. 54.
  3. ^ a b 「はらぺこあおむし」実は日本で誕生 穴あき・幅が異なるページ 印刷・製本先、米では見つからず”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2021年5月28日). 2021年7月20日閲覧。
  4. ^ 日本児童文学学会 編 『児童文学事典』東京書籍、1988年、170頁https://alc.chiba-u.jp/cl/#%E3%81%8B2021年7月20日閲覧  カール, エリック (PDF)”. 千葉大学. p. 170. 2021年7月20日閲覧。
  5. ^ a b c 絵本「はらぺこあおむし」の作者 エリック・カールさん死去”. NHKニュース. 日本放送協会 (2021年5月28日). 2021年7月20日閲覧。
  6. ^ 1970 Biblioteca Salaborsa Ragazzi” (イタリア語). 2021年7月20日閲覧。
  7. ^ awards” (英語). Official Eric Carle Website. 2021年7月20日閲覧。
  8. ^ 「はらぺこあおむし」の作家死去 エリック・カールさん”. this.kiji.is. 共同通信社 (2021年5月27日). 2021年7月20日閲覧。
  9. ^ いわむらかずお、エリック・カール 『どこへいくの? ともだちにあいに! To See My Friend!』童心社、2001年11月15日。ISBN 978-4494005000 
  10. ^ エリック・カールの世界観で学び、遊ぶ 『PLAY! PARK ERIC CARLE』 二子玉川ライズにオープン” (2021年11月12日). 2021年11月23日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]