山内美郷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山内 美郷(やまのうち みさと、1948年11月18日- )は、神奈川県逗子市出身のエッセイストである。父は山内明、脚本家の山内久は叔父。夫はグラフィックデザイナーの長山一治青山学院高等部出身。

人物[編集]

日本画家を志したが断念。雑誌『クロワッサン』に投稿し、エッセイストとして活動を開始。

1986年から1994年まで、『象印クイズ ヒントでピント』に女性軍キャプテンとして8年以上レギュラー出演。同番組のメインである「16分割クイズ」においては、わずか2~3枚開いただけで正解に導くことが多々あり、司会の土居まさるからは「16分割の姫」と呼ばれていた(なお、番組レギュラーになる以前にも、2度ゲスト解答者として務めたことがある)。

出演番組[編集]

著書[編集]

  • 『食卓のエッセイ』新潮文庫 1985
  • 『二度目の乾杯』マガジンハウス、1988 
  • 『昼下がりのひとりごと』毎日新聞社、1988 
  • 『明日は今日より素晴らしい 夢と好奇心をいつまでも』海竜社、1989 
  • 『わたしのおしゃれ感覚』毎日新聞社、1991 
  • 『オーダーメイドの日常』フレーベル館 クリエイティブウーマンシリーズ 1994
  • 『夢見る力の育て方 ちょっとした幸せに感動できるヒント』大和出版、1996 
  • 『ホクレア号が行く 地球の希望のメッセージ』ナイノア・トンプソン共著 モンティ・コスタ写真 ブロンズ新社 (発売) 2004

脚注[編集]

  1. ^ レギュラー前は1986年3月30日(第337回)放送分にゲスト出演。

外部リンク[編集]