文化放送A&Gゾーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

文化放送A&Gゾーン(ぶんかほうそうエーアンドジーゾーン)は、文化放送におけるアニラジ放送枠の総称。A&Gゾーンとも呼ばれる。

この、「A&G」は「アニメ&ゲーム」の略称で、正式には文化放送アニメ&ゲームゾーン(ぶんかほうそうアニメアンドゲームゾーン)となる。

概要[編集]

1991年平成3年)4月14日、A&Gゾーン成立前からの最長寿番組『ノン子とのび太のアニメスクランブル』が放送開始[1]

1992年(平成4年)4月、文化放送は、開局40周年とAMステレオ放送開始の記念事業として、アニメ系のラジオ番組の制作を増加する。当時は日曜日に放送され、『ラジメーション・魔神英雄伝ワタル3』のように出演声優のDJ+アニメ原作のラジオドラマの構成となる番組が中心であった。

1994年(平成6年)4月、文化放送は開局以来の長寿番組『大学受験ラジオ講座』が毎日の帯番組としては終了。この番組改編で日曜日だけであった、アニメ・ゲーム系のラジオ番組の放送枠を移動した形で金曜日深夜に新設、さらに翌1995年(平成7年)には土曜日深夜にも新設、アニメ・ゲーム・声優の曲に特化したカウントダウン番組『SOMETHING DREAMS マルチメディアカウントダウン』を開始し、日曜日の放送も復活、アニメ・ゲーム系の番組編成を強化した。この時期、番組編成枠が「A&Gゾーン」として成立するようになった。野村邦丸によると、自身が面接官を務めていた入社試験(時期不明)ではA&G配属志願者が全体のおよそ8割に及んでいたという[2]

1997年(平成9年)10月、『超機動放送アニゲマスター』を放送開始。文化放送ディレクターであったおたっきぃ佐々木がメインパーソナリティを務め、次第に人気が出て時間を拡大、「A&Gゾーン唯一のワイド番組」となり、「A&Gゾーン」の中核となる番組として統括的立場にあった。

中核番組の役割は、同じ放送枠(土曜日21:00-23:00)にて『A&G 超RADIO SHOW〜アニスパ!〜』(2004年〜2015年)を経て、現在は『A&G TRIBAL RADIO エジソン』に、またカウントダウン番組も『A&Gメディアステーション こむちゃっとカウントダウン』に、それぞれ継承されている。また、2015年からは『エジソン』と『こむちゃっとカウントダウン』に加える形で生放送番組の拡充を進めており、2015年6月末からは4人の男性声優が日替わりでパーソナリティを務める平日深夜の帯枠『ユニゾン!』を開始[3]、2017年4月からは初の日曜昼ワイド番組となる『A&Gリクエストアワー 阿澄佳奈のキミまち!』を開始する[4]

全民放AMラジオ局およびラジオたんぱ(現・ラジオNIKKEI)で同一内容が放送されていた『ゆく年くる年』では、文化放送が制作を担当した1997年(平成9年)から1998年(平成10年)にかけての放送において「ゆく年くる年〜夢見る力〜」と題し、A&Gゾーン主体の番組構成がなされ、日本全国に放送された。また、当時のA&Gゾーンキャッチコピー「Dream Power」にちなみ、イベント「Dream Power」を開催したり、当時のA&Gゾーンの番組[5]のパーソナリティ約30人によるA・G・A・Sを結成し、佐々木作詞による歌「dream power-翼なき者たちへ-」のCDをリリース・先述のイベントなどで披露した。

番組制作について、かつては主に文化放送子会社であるセントラルミュージックが手掛けていたが、セントラルミュージックが担当していた多くの番組がドワンゴとの合弁企業として設立されたAG-ONEに移管された。同社は後にMAGES.となり、現在では文化放送グループから離れた(ドワンゴ完全子会社)が、セントラルミュージックには返還されずに制作を担当している[6]

野球中継や報道特別番組への対応[編集]

土曜は21時台から翌日3時台が、日曜は20時台から翌日1時台が、それぞれこのゾーンに充てられているが、毎年4月から11月上旬までは野球中継『文化放送ホームランナイター』を試合終了まで放送しており、野球中継が延長した場合はそちらが優先され、番組の繰り下げや短縮、休止がしばしば発生する。さらに30分単位の収録番組については、各番組の休止頻度に公平さを持たせるために、ローテーションで休止優先順位が定められる。

2013年からは、『ホームランナイター』は原則として土曜日のみの放送(日曜日は一部の公式戦と日本シリーズのみ中継)となり[7]、日曜日夜から月曜日未明についてはA&Gゾーン各番組の放送を優先する方針に切り替わっている。

一方、オリンピック中継や国政選挙の開票速報番組が該当時間帯に編成される場合は、野球中継や有事の場合の報道特別番組とは異なり、該当特番と時間が重なる番組については極力休止せずに、放送時間の変更、日曜日夜から月曜日未明の場合は放送休止時間帯の繰り下げ・短縮により対応する。しかし、2013年からは、19時台の生番組『キニナル』の放送を優先する傾向にあり、その影響で枠が不足し、一部の番組に休止が発生する場合もある。

2014年度までは『走れ!歌謡曲』ならびに日曜版終了後も名残で翌日3時以降にA&Gの番組が編成されていても休止されることはなかった。2015年度になり翌日3時台の番組が分割されたことをきっかけにA&Gから外れる4時台を含めて5時までのすべての番組が休止ローテーションの対象となった。 2016年からは日曜20:30枠もA&Gゾーンとなるが、当該時間帯は競艇中継の影響を受けることがあり、該当日は予め当該番組を休止させている(SG優勝戦がナイターレースの場合)。

A&Gゾーンをベースにした文化放送アニメビジネス[編集]

文化放送では、A&Gゾーンのコンテンツ力・A&Gゾーン番組を通して得たアニメ関連の人脈を利用して、以下のようなアニメ関連ビジネスにラジオ放送局の枠を超え進出している。

番組一覧[編集]

文化放送で現行放送されている、もしくは過去に放送されたアニメゲームの番組の一覧を掲げる。

  • [生]は生放送番組
  • [他]は他局制作もしくは他局へのネット番組
  • [RAG+]は超!A&G+で同時配信されている番組
  • [AG+]は超!A&G+で時差配信されている番組[9]
  • [継AG+]は放送・配信元が超!A&G+から移動してきた番組
  • [文+]は2011年3月まで放送されていた文化放送プラスで同時放送されていた番組[10]
  • [移AG+]は放送・配信元が超!A&G+に移動した番組
  • [移他]は放送・配信元が超!A&G+以外の局・インターネットラジオに移動となった番組

現在放送されている番組[編集]

(2018年10月現在)

時刻 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日 時刻
11:00 一般番組 一般番組 [生][RAG+]A&Gリクエストアワー 阿澄佳奈のキミまち! 11:00
13:00 一般番組 [11] 13:00
18:00 [他]Anison Days+ 小野賢章のおののみ
18:45からの15分間
18:00
19:00 一般番組 一般番組 19:00
20:00 冬馬由美&ランズベリー・アーサーのVALKYRIE -RADIO ANATOMIA- 20:00
20:30 [他]青山二丁目劇場
2011年3月まで[AG+][文+]
一般番組 [AG+]宏太朗と裕一郎 ひょろっと男子 20:30
21:00 ご注文はラジオですか??〜WELCOME【う・さ!】〜 山本希望田中貴子のKING'S RAID"IO"! 下野紘巽悠衣子の小説家になろうラジオ 一般番組 DAIV TO MUSIC [生][他][RAG+]A&G TRIBAL RADIO エジソン
2018年10月から[他][12]
[RAG+]大橋彩香のAny Beat! 21:00
21:30 [他]浅野真澄×山田真哉の週刊マネーランド[13] 一般番組 [他]田村ゆかりの乙女心症候群 一般番組[14] [AG+]Fate/Grand Order カルデア・ラジオ局 21:30
22:00 一般番組[15] 水瀬いのり MELODY FLAG 22:00
22:30 碧と彩奈のラ・プチミレディオ 22:30
23:00 [生][他][RAG+]A&Gメディアステーション こむちゃっとカウントダウン 新テニスの王子様 オン・ザ・レイディオ
2008年3月まで[他]、2011年3月まで[文+]
23:00
23:30 [他]水樹奈々 スマイル・ギャング
2011年3月まで[文+]
23:30
翌0:00 [他]上坂すみれの(はーと)をつければかわいかろう 拓也・良子のドリーム・ドリーム・パーティ 翌0:00
翌0:30 [他]東映公認 鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー 宮野真守のRADIO SMILE 小倉唯のyui*room 翌0:30
翌1:00 [生][他]&CAST!!!アワー ラブナイツ! ドラガリアロスト ラジオキャッスル [他]神谷浩史・小野大輔のDearGirl〜Stories〜
2011年3月まで[AG+][文+]
[AG+]Yostar presents 加隈亜衣のアズールレーディオ 翌1:00
翌1:30 森久保祥太郎 吉野裕行 福山潤 諏訪部順一 ミリオンアーサーRADIO! ミリラジ! [他]柿原徹也・畠中祐 ボクらが君を幸せにするラジオ スクエニ 第10BD開発局 翌1:30
翌2:00 一般番組[16] [他]堀江由衣の天使のたまご
2011年3月まで[文+]
MOMOSORASHIINA Talking Box (放送休止枠) 翌2:00
翌2:30 バンドリ! ガルパラジオ with Afterglow エブリスタ・マンガボックス presents 豊永・小松・三上の真夜中のラジオ文芸部 翌2:30
翌3:00 一般番組 井口裕香のトーキングすむすむ 翌3:00
時刻 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日 時刻

A&G TRIBALチェック[編集]

A&G TRIBALチェック(エーアンドジー・トライバルチェック)は『A&G TRIBAL RADIO エジソン』内で各週異なる楽曲を流す宣伝枠(パワープレイと同義)。2015年3月までの旧称は「A&G Dream Push!」(エーアンドジー・ドリームプッシュ!)。

放送時間
  • 文化放送
土曜日
22:37 - 2分弱(『A&G TRIBAL RADIO エジソン』内)※超!A&G+でも同時配信
放送時間(Dream Push!)
  • 文化放送
土曜日
22:57 - 2分弱(『A&G 超RADIO SHOW 〜アニスパ!〜』終了後)※超!A&G+でも同時放送
日曜日
3:00 - 1分(『白石涼子の聞かなきゃ♪そん☆Song!』開始前。番組終了とともに廃枠)

放送終了した主な番組[編集]

インターネットラジオ[編集]

BBQR[編集]

文化放送のインターネットラジオ配信サイト・BBQRでもアニラジ番組があり、オンデマンド形式で配信されていた。現在はBBQRの配信は終了している。

かつてBSQR489が存在していた頃はそこで放送された番組の一部コーナーなどを抜粋したインターネットラジオ版も配信されていた。

2007年3月からは、地上デジタルラジオ放送DigiQ+N 93(2007年4月2日からはUNIQue the RADIO、9月以降は超!A&G+)のVoice of A&G Digital 超ラジ!の番組の一部を抜粋して配信するようになった。

2007年9月3日からは、地上デジタルラジオ放送超!A&G+のインターネットでの同時配信も開始された。同時に、BBQRのA&G番組が超!A&G+でも放送されるようになった。

超!A&G+[編集]

前述の地上デジタルラジオ実用化試験放送DigiQ+N 93 9301chのアニラジ枠を拡大する形で、同9302chでインターネットストリーミング再配信と同時にサービス開始。

デジタルラジオ実用化試験放送時代は、独自制作番組の放送やBBQR番組の再配信に加え、A&Gゾーン番組の再放送及び同時放送をしていた。

2011年3月に9302chでの実用化試験放送が終了と共にストリーミングサービスに1本化された際、A&Gゾーン番組の再放送は打ち切りとなり、独自制作番組の配信とAG-ON配信番組(A&Gゾーン番組の再配信番組含)の先行配信、土曜日夜21時 - 24時のA&Gゾーン生放送2番組の同時配信を引き続き実施している。

AG-ON[編集]

2012年4月より、会員制のオンデマンドストリーミングサービス「AG-ON(エジオン)」が開始された。

AG-ONでは、オリジナルコンテンツや超!A&G+番組の再配信、超!A&G+番組関連コンテンツを配信しているほかラジオ大阪制作(1314 V-STATION放送)のアニラジの再配信を、有料または無料で実施している。

AG-ON Premium[編集]

2017年3月より、「AG-ON(エジオン)」の後継オンデマンド配信サイトとして、会員制のオンデマンドストリーミングサービス「AG-ON Premium(エジオン プレミアム)」が開始された。

AG-ON Premiumでは、超!A&G+で配信された番組や文化放送で放送された番組、その関連番組などを無料または有料にて配信している。

脚注[編集]

  1. ^ これ以前、文化放送では『アニメトピア』(ラジオ大阪制作)で他社制作のアニメ番組のネット受けおよび自社で関連番組『アニメNOW!』を放送していた。
  2. ^ くにまるジャパン 文化放送 2015年7月16日
  3. ^ 人気男性声優による生放送帯番組「ユニゾン!」 月曜パーソナリティは関智一に決定,アニメ!アニメ!,2015年6月17日
  4. ^ 文化放送、アニラジ日曜昼進出!MCは声優阿澄佳奈,日刊スポーツ,2017年3月13日
  5. ^ SOMETHING DREAMS マルチメディアカウントダウン・電撃大賞・國府田マリ子のGMを除く(國府田マリ子のGMはラジオ大阪の制作番組であるが、同じくラジオ大阪制作のアニメトピアRからの参加はあった)
  6. ^ 番組制作事業 | MAGES. Inc.
  7. ^ QR日曜夜に新番、ナイターは注目カードのみ - 文化通信 2013年2月20日
  8. ^ 文化放送 アニメ映画製作委員会参加決定!『8月のシンフォニー -渋谷2002〜2003』
  9. ^ 超!A&G+への時差配信は、DRP放送が終了した2011年3月に録音番組については廃止、『アニスパ』と『こむちゃ』も同時生放送のみ(リピートの廃止)となっていたが、2014年4月からは『ラジオビッグバン』の時差配信再開(2014年10月で終了)と、新たに『チェンクロラジオ』が時差配信される。また、本来は超!A&G+用の番組である『梶裕貴のひとりごと』が、2014年7月-2015年3月・2016年10月-12月に地上波での時差放送を行った。以降も一部の新番組は時差配信を行っている。
  10. ^ 文化放送プラスは地上波放送とのサイマル放送であり、2008年9月29日-2011年3月31日の期間の月-土曜日6-翌3時、日曜日6-翌1時に放送されていた番組はすべて同時放送されていた。
  11. ^ 日曜6:05『グッチ裕三 朝からうまいぞぉ!』でも、声優(金田朋子)がパーソナリティを務めている。
  12. ^ 2017年3月までは下半期限定でNRNのネットセールス番組に指定されていたが、2016年10月以降の地上波ネット局は皆無であった。2017年10月からはNRN番組より除外されたが、2018年10月から地上波ネットが再開される。
  13. ^ 同番組はかつて文化放送公式サイトの番組表ではA&G番組扱いを受けていなかった。A&G公式サイトの番組表には記載されている。
  14. ^ 金曜22:00『楽器楽園〜ガキパラ〜 for all music-lovers』にも声優・アニソンアーティストがゲスト出演する場合があり、A&G公式サイトでも告知される。
  15. ^ 月-木曜の22:00『レコメン!』にも声優・アニソンアーティストがゲスト出演する場合があり、A&G公式サイトでも告知される。
  16. ^ 火曜深夜2:00『井ノ上奈々とP.IDLのLisPon de こえあそび』を放送しているが2018年10月現在、A&G公式サイトの番組表には記載されていない。
  17. ^ 「ご注文はラジオですか??〜WELCOME【う・さ!】〜」にリニューアルのため。
  18. ^ 『けものフレンズ presents フレンズ探検隊2』にプチリニューアルのため。

関連項目[編集]

関連放送枠[編集]

外部リンク[編集]