AG-ONE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ドワンゴ > MAGES. > AG-ONE
株式会社AG-ONE
AG-ONE,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 AG-ONE
本社所在地 日本の旗 日本
101-0061
東京都千代田区三崎町2-2-2 加藤ビル
設立 2006年平成18年)7月7日
事業内容 アニメーションの企画・制作
スクール事業
プロダクションの運営
イベント事業等
代表者 中西孝
株式会社ピクチャーマジック代表取締役社長
株式会社5pb.取締役)
資本金 295百万円
主要株主 株式会社ドワンゴ(46.9%)
株式会社文化放送(45.8%)
中西孝
株式会社アスキー・メディアワークス
株式会社グッドスマイルカンパニー
株式会社セントラルミュージック
主要子会社 株式会社ピクチャーマジック(100%)
株式会社5pb.(出資比率非公表)
外部リンク http://www.agone.co.jp/
特記事項:上場企業であるドワンゴの持分法適用関連会社である。ドワンゴと文化放送で出資比率に差があるが、文化放送の出資額に子会社のセントラルミュージックの出資額を加えるとほぼ同等比率となる
テンプレートを表示

株式会社AG-ONE(エイジーワン、AG-ONE,Ltd. )は、過去に存在したアニメゲーム声優分野において、WEBコンテンツ配信やラジオ番組制作、養成学校及び芸能事務所の運営などを行う企業で、株式会社ドワンゴ株式会社文化放送との合弁会社であった。「アニメ・ゲームのオールインワンカンパニー」を自称している。

概要[編集]

2006年7月7日株式会社文化放送株式会社ドワンゴ合弁事業として株式会社ピクチャーマジック(後に子会社化、現在解散して消滅)の協力を受け設立した会社である(文化放送分は、子会社株式会社セントラルミュージックからの出資も含む)。その後、角川グループ株式会社メディアワークス(後の株式会社アスキー・メディアワークス、現株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークスBC)及び有限会社グッドスマイルカンパニー第三者割当増資で出資していた。

携帯・PCサイト『超!アニメロ』をドワンゴと共に運営していた。

また、セントラルミュージックより番組制作事業の一部の移管を受け文化放送A&Gゾーンの一部番組を中心とした所謂アニラジ等のラジオ番組制作を行っていた。

社長は、設立当初セントラルミュージック出身の大口豊が務めていたが[1]、後に退陣(資本関係の無い新会社を設立して独立)し、二代目社長として、ピクチャーマジックの社長である中西孝が兼任していた。

2008年に、ピクチャーマジックを100%子会社化し、ピクチャーマジックが保有していたAG-ONEの株式が中西個人へ移った。

2010年4月には、ドワンゴ完全子会社であったドワンゴプランニングアンドディベロップメントを吸収合併し、声優・歌手系の芸能事務所「ドワンゴアーティストプロダクション」及び養成学校「ドワンゴクリエイティブスクール」の運営及びAnimelo Summer Liveの開催企画を継承した。

増資・合併により、最終的な資本金は設立当初と比べ5倍近くなり、事業も大幅に拡大した。

2010年4月22日株式会社5pb.に資本参加、傘下に加える。2011年4月21日に同日付官報公告でAG-ONEを存続会社として5pb.を吸収合併すると発表[2]。株主総会での承認を経て同年6月1日付で合併、株式会社MAGES.(メージス)が発足、5pb.社長だった志倉千代丸が代表取締役社長に、当社社長だった中西は代表取締役副社長に就任した。合併後は双方のブランドや事業が維持される[3]

設立からしばらくの間、文化放送本社ビル(文化放送メディアプラス)近隣(浜松町)のビルに本社を構えていたが、2010年7月頃にドワンゴクリエイティブスクール・ドワンゴアーティストプロダクションの事務所と同じビル(三崎町)の別フロアへ移転した(MAGES.設立後も、2ヶ月程度の間、登記上の存続会社として本店所在地となっていた)。

なお、プライバシーポリシーは、文化放送グループ内のプライバシーポリシーに準じた内容となっていた。

設立の経緯[編集]

文化放送は、A&Gゾーン番組の発展により、アニメ関連のコンテンツ力ならびにアニメ関連の人脈に強くなった。 そこでそれを生かし、2006年春に古舘プロジェクトと共同でラジオパーソナリティ・ラジオディレクター構成作家声優などを育成するA&Gアカデミーを開講するなど、その分野でのさらなる発展を模索していた。

そんな時に、携帯電話で多彩なコンテンツを配信しているドワンゴとは、A&Gゾーン番組とドワンゴの携帯サイトアニメロミックスを融合させたり、Animelo Summer Liveを共同で開催するなど関係が強まっていた(他にも文化放送単独主催の多数のライブにドワンゴは協賛し、ライブタイトルを「アニメロミックス presents (メインタイトル)」あるいは「(メインタイトル) supported by アニメロミックス」としており、アニメロミックスサイト上でライブ連動企画を行ったりしている)。ドワンゴとは、これからさらに協力することにより、さらなる発展が見込めると合意し、合弁会社の設置に至った。

さらに、文化放送グループの音響制作のノウハウを融合させることで最大利用を図る。

設立賛同企業
設立発表時に、以下の企業等が、賛同企業として名前が挙げられていた。

事業所[編集]

  • 三崎町オフィス:東京都千代田区三崎町2-2-2 加藤ビル6F(受付)
    同ビルにドワンゴクリエイティブスクール・ドワンゴアーティストプロダクションも所在(受付は2F)
以前の事業所
  • 浜松町オフィス:東京都港区浜松町1-27-8 森ビル5F
    旧本社。ピクチャーマジック浜松町オフィスも併設されていた。

役員[編集]

  • 代表取締役社長
  • 代表取締役
    • 志倉千代丸
      関連会社である5pb.の代表取締役社長である。合併新会社の社長となることになり、存続会社である当社の代表取締役にあらかじめ就任。
  • 取締役
    • 太田豊紀
      合弁元の片割れであるドワンゴの取締役副社長である。5pb.取締役副社長も兼任。
    • 中辻幸人
      株主であるアスキー・メディアワークス在籍。
    • 小餅憲一
      合弁元の片割れである文化放送の常務取締役である。セントラルミュージック代表取締役会長(現在は不明)。文化放送メディアブリッジ代表取締役、5pb.監査役も兼任。
    • 加藤雅彦
      詳細不明。文化放送かその子会社文化放送開発センターに在籍している模様[4]
    • 鈴木則道
      株主であるアスキー・メディアワークスの常務取締役である。
    • 安藝貴範
      株主であるグッドスマイルカンパニーの代表である。
  • 監査役
    • 松本康一郎
      ドワンゴの取締役である。

以前の取締役[編集]

  • 宮野好章
    文化放送在籍(具体的ポスト不明、同社通販サイト超!A&Gショップの運営統括責任者などを務める。以前所在した部署A&G事業部の部長であった)。片寄に変わって就任。
  • 上村貴夫
    不明(AG-ONE運営のニコニコ直販のサポート委託先である。グッドスマイルカンパニーとの取引相手であるホビーストックの代表取締役である。)
  • 瀬田蔵人
    ドワンゴより出向。Animelo Summer Liveの総合プロデューサーであった。
  • 大口豊(初代代表取締役社長)
    セントラルミュージック出身。
  • 片寄好之
    文化放送編成局長。同A&Gゾーンの成長を支えたプロデューサー。

沿革[編集]

  • 2006年7月7日 - 株式会社ドワンゴ(40%)・株式会社文化放送(30%)・株式会社セントラルミュージック(10%、文化放送グループ合計40%)・株式会社ピクチャーマジック(20%)の出資金60,000千円にて「株式会社AG-ONE」を設立
  • 2006年8月 - 「超!アニメロ」モバイル音楽配信開始
  • 2006年9月 - 株式会社メディアワークス(現 株式会社アスキー・メディアワークス)に対する第三者割当により資本金70,000千円に増資
  • 2007年7月 - 大口豊が代表取締役を辞任、株式会社ピクチャーマジックの中西孝が新代表取締役に就任
  • 2008年10月 - 有限会社グッドスマイルカンパニーに対する第三者割当により資本金95,000千円に増資
    株式会社ピクチャーマジックを買収し、完全子会社
  • 2010年4月1日 - 株式会社ドワンゴ プランニング アンド ディベロップメントを吸収合併
    合併及び文化放送に対する第三者割当により資本金295百万円に増資
  • 2010年4月22日 - 株式会社5pb.の一部株式の譲渡を受け入れ、資本提携を締結、5pb.をグループ企業にする
  • 2010年6月 - 本社をドワンゴクリエイティブスクール・ドワンゴアーティストプロダクションの事務所と同じビル内(三崎町)に移転
  • 2011年6月1日 - 株式会社5pb.と合併し、商号を株式会社MAGES.に変更。

ドワンゴ プランニング アンド ディベロップメントの沿革[編集]

  • 2006年12月25日 - 株式会社ドワンゴの100%出資金200百万円にて「株式会社ドワンゴ プランニング アンド ディベロップメント」を設立
  • 2007年4月 - 「ドワンゴクリエイティブスクール」を開校
  • 2007年11月 - 「ドワンゴアーティストプロダクション」を開業
  • 2010年1月1日 - 前日をもって、代表取締役の永井貴尋が株式会社ドワンゴ プランニング アンド ディベロップメント及び株式会社ドワンゴの役員を辞任、株式会社AG-ONE・株式会社ピクチャーマジックの中西孝が新代表取締役に就任
  • 2010年4月1日 - 株式会社AG-ONEに吸収合併され、消滅

主要事業[編集]

イベント事業[編集]

  • Animelo Summer Live
    2010年よりドワンゴに変わってドワンゴプランニングアンドディベロップメントが文化放送との共催相手となる予定となっており、AG-ONEが引継ぎ、文化放送との共催相手として企画を進めている。また、合併に伴い、ドワンゴ出身の総合プロデューサー瀬田蔵人は、AG-ONEに出向(取締役でもある)して、企画を引き続き進めた(2010年9月退任)。

ほか

スクール事業[編集]

タレントマネジメント事業[編集]

ラジオ制作・代理店事業[編集]

2010年3月現在(AG-ONE公式サイト内[2]より) (一部は、ピクチャーマジックに委託[3]

ライセンス事業[編集]

映像・音楽事業[編集]

ホビー/マーチャンダイジング事業[編集]

関連企業[編集]

  • 株式会社ピクチャーマジック(東京都練馬区上石神井一丁目16番14号)
    アニメーション制作等。元々はAG-ONEの設立に当たり、ドワンゴと文化放送に協力して名を連ねた立場。2008年に完全子会社化。ただし、利益や重要度からドワンゴによる持分法の適用は除外となっている[5]
  • 株式会社5pb.(東京都渋谷区猿楽町28-11)
    ゲーム企画制作・アニメゲーム関連音楽制作等。2010年に資本提携しグループ入り。具体的な出資比率が公表されてはいないが、「一部株式を譲渡」とは公表されていることと、ドワンゴから持分法の適用をされている[5]ことから、完全子会社ではないもののそれなりの株式は取得したことになる)。

主要取引先[編集]

ほか

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「アニメ・ゲーム業界の達人達 クロスメディアプロデューサー 大口豊」『THE 声優マガジン VOICHA![ボイチャ!] Vol.5』 シンコー・ミュージック・エンタテイメント 2008年9月17日 pp.64
  2. ^ AG-ONEが6月1日付けで5pb.を吸収合併
  3. ^ 「新会社『株式会社MAGES.』発足のお知らせ」
  4. ^ [1]
  5. ^ a b 平成22年9月期 決算短信 (PDF)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]