SOMETHING DREAMS マルチメディアカウントダウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
SOMETHING DREAMS マルチメディアカウントダウン
ラジオ
愛称 ドリカン
放送期間 1995年4月15日 - 2002年10月5日
放送局 文化放送
放送時間 毎週土曜日 23:00 - 24:00
放送形式 収録
ネット局 北日本放送
北陸放送
ラジオ関西
RKBラジオ
パーソナリティ 冨永みーな(-2002年3月)
椎名へきる(-1998年10月)
堀江由衣(2002年3月-)[1]
田村ゆかり(2002年3月-)[1]
構成作家 今村良樹(初代)[2]
伊福部崇(二代目)[2]
ディレクター 白石仁司(初代)[2]
テンプレート - ノート

SOMETHING DREAMS マルチメディアカウントダウン』(サムシング・ドリームズ マルチメディアカウントダウン)は、1995年4月15日から2002年10月5日まで文化放送をキーステーションに北日本放送北陸放送ラジオ関西RKBラジオで放送されていたアニラジHBCラジオにもネットされていた時期がある。放送時間は文化放送で土曜23:00 - 24:00。文化放送、RKBラジオ以外は30分の短縮版で放送された。通称ドリカン

パーソナリティ[編集]

番組終了時点
過去の出演者

概要[編集]

アニメゲーム声優の曲に限定してリスナーからのリクエストを募るランキング番組であった。

放送開始当初のパーソナリティは冨永と椎名の2名体制であったが、当時コンサートツアーを多くこなしていた関係で椎名が番組を欠席することが増えた影響もあり、1998年10月に降板。代わって番組内グループである「ドリカンクラブ」のメンバーであった堀江と田村の2名がアシスタントに加わった。その後、冨永も番組を一時休業後、2002年3月に降板。最終的に堀江と田村の2名体制になったが、同年10月5日をもって放送終了、番組の基本コンセプトなどを踏襲した『A&Gメディアステーション こむちゃっとカウントダウン』へと引き継がれた。

一時期、文化放送の藤木千穂アナウンサーの司会でドリカンクラブのメンバーを数人呼んでいろんなお題に挑戦させるコーナーも放送されていた。

リスナー同士がドリカンにまつわる曲のイントロクイズで対決する企画や、冨永、田村、堀江が好きな数字を決め、その数字をリスナーが当てる企画も放送されたことがあった。また、番組のスポンサーにオリコンが入っていたため、『オリコン ウィーク The Ichiban』(現・『oricon style』)誌にランキングが掲載されており、パーソナリティによる「キュートにドリカン」というコラムも連載されていた。なお番組後期から終了時まで番組ジングルをTWO-MIXが担当していた。

放送形態[編集]

文化放送オンエア分は生放送だと思われていたが、最終回にて田村が「(本当は)木曜日でした」と収録であったことをほのめかす発言をしていた。これに対し構成作家伊福部崇が「ドリカンはずーっと木曜日だったんです」と後に語っている[2]

当初は6 - 10位はサビの一部分、4・5位は1番、2・3位は1・2番、1位のみフルコーラスの放送で楽曲部分とトーク部分はほぼ半々。トークコーナーでは「ボケ耳ダンボ」や「どーしてもききたい~」などの複数の人気コーナーが週代わりで放送されていた。後にリスナーからの「下位の曲ももっと長く聞きたい」という投稿から、スペシャル版としてトーク部分を大幅にカットして6 - 10位は1番、4・5位は1・2番、1 - 3位はフルコーラスの放送という形式を採用。それが好評だったためにスペシャル版、月一度と放送頻度が高くなり、冨永みーな休養以降はトーク部分がほとんど無い、この形式での放送に移行した。[3]

ドリカンクラブ[編集]

本番組のパーソナリティの妹分として、応募数3482人の中から15人が選ばれた、若手の女性声優志望者からなる声優グループ[2]。 冨永の降板後、田村と堀江はメインパーソナリティに昇格した。またメンバーの1人であった生天目仁美は、本グループ活動休止後、暫くは劇団を中心に活動していたが、後に声優として知名度を上げた。

田村ゆかり 生天目仁美 堀江由衣 浅川悠 吉住梢 たなか久美 中原新 吉田智美 小野まゆみ 朝倉梨奈 河内智子 湯沢愛未 中村沙樹 木瀬明子 與座彩乃

主要記録[編集]

年間ランキング[編集]

※5位までを記載

年度 第1位 第2位 第3位 第4位 第5位
1995年 JUST COMMUNICATION
TWO-MIX
MIDNIGHT BLUE
林原めぐみ
残酷な天使のテーゼ
高橋洋子
みみかきをしていると
國府田マリ子
What's Up Guys?
古本新之輔・林原めぐみ)
1996年 Give a reason
(林原めぐみ)
Just be conscious
(林原めぐみ)
LOVE REVOLUTION
(TWO-MIX)
RHYTHM EMOTION
(TWO-MIX)
Successful Mission
(林原めぐみ)
1997年 魂のルフラン
(高橋洋子)
終わらないメモリー
藤崎詩織
WHITE REFLECTION
(TWO-MIX)
色褪せない瞬間
椎名へきる
don't be discouraged
(林原めぐみ)
1998年 〜infinity〜∞
(林原めぐみ)
Looking For
(國府田マリ子)
A HOUSE CAT
(林原めぐみ)
Believe
桑島法子
LAST IMPRESSION
(TWO-MIX)
1999年 question at me
(林原めぐみ)
WILL
米倉千尋
Key
奥井雅美
赤い華
(椎名へきる)
BODY MAKES STREAM
(TWO-MIX)
2000年 ADVENTURE
野田順子
未来からのエアメール
丹下桜
しっぽのうた
坂本真綾
サクラサク
(林原めぐみ)
指輪
(坂本真綾)
2001年 Love Destiny
堀江由衣
マメシバ
(坂本真綾)
LOVE Graduation
(椎名へきる)
Be My Angel
榎本温子
Reckless fire
井出泰彰
2002年 POWER GATE
水樹奈々
ヘミソフィア
(坂本真綾)
Love parade
田村ゆかり
Northern lights
(林原めぐみ)
ALL MY LOVE
(堀江由衣)

脚注[編集]

  1. ^ a b メインパーソナリティとして
  2. ^ a b c d e ドリカンからこむちゃへ アニソン黄金伝説!!
  3. ^ 年間ランキング発表時はほとんどの年で2週に亘る特別放送になり、1週目で50位から11位、2週目で10位から1位の発表を行っていた。2週目の10位から1位はフルコーラスでのオンエアであった。
  4. ^ 1位滞在期間は14週間だが、番組ではランキング発表の無かった週は連続記録に加算しないため、12週と表記している。以下についても同じ。
  5. ^ キャラクター名義1曲、デュエット曲2曲を含む。以下同様。
  6. ^ デュエット曲1曲を含む。

参考文献[編集]

  • アニソン黄金伝説制作委員会 『ドリカンからこむちゃへ アニソン黄金伝説!!』 扶桑社、2012年3月10日ISBN 978-4-594-06568-3

外部リンク[編集]

文化放送 土曜23:00 - 24:00枠
前番組 番組名 次番組
大学受験ラジオ講座
生ワイド「Jランド」
(23:00 - 26:00)
SOMETHING DREAMS
マルチメディアカウントダウン