おたっきぃ佐々木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おたっきぃささき
おたっきぃ佐々木
生誕 佐々木 伸
(ささき しん)

(1969-10-10) 1969年10月10日(48歳)
東京都目黒区
国籍 日本の旗 日本
出身校 法政大学
職業 ラジオディレクター
活動期間 1991年 -
雇用者 株式会社MFS
配偶者 有り

おたっきぃ佐々木(おたっきぃささき、本名:佐々木 伸(ささき しん)、1969年10月10日 - )はラジオディレクターおよびパーソナリティーライトニングスカーレット(解散)の元代表取締役[要出典]愛称は「おたささ」。

来歴[編集]

東京都目黒区出身。攻玉社高等学校法政大学文学部英文学科卒。実家は自由が丘焼鳥屋を営んでいる[1]

大学在学中にセガに内定を受けるが、留年により内定を辞退。その後、1991年文化放送系列の番組制作会社セントラルミュージック(JCM)に入社。当初は一般の番組でADとして下積みをしていたが、上司の「佐々木、アニメとか好きなんだって?」という一言をきっかけとして、1993年春より「MADARA転生編」のADを担当。同年10月、國府田マリ子パーソナリティの「ツインビーPARADISE」でディレクターデビューを果たし、その後多数のアニメ系ラジオ番組(文化放送A&Gゾーン)のディレクターを手がける。[2]

「ツインビーPARADISE」中期からは「おたっきい佐々木ファンクラブ」のコーナーで番組内にも登場、そこから各種メディアにも登場するようになる。

1997年10月には、文化放送のアニラジ超機動放送アニゲマスター」のパーソナリティに抜擢される。彼にとってラジオパーソナリティとしてのデビュー作となったこの番組は、2004年3月に終了するまで6年半にわたり続いた長寿番組となった。

1998年テレビ東京の番組「渋谷でチュッ!」を一般人に交じって観覧している様子が未公開集で流された。奇抜な格好をしていたからか「こう見えても偉い人」のテロップが入っていた。

キッズステーションで放送中のアニメ情報番組「アニメぱらだいす!」の司会を野川さくらと一緒に担当していた事がある。

2005年以降、ラジオ業界の一線からは退き、家業を継ぐ傍ら、地元である自由が丘のクラブ「ACID PANDA CAFE」(現在は渋谷に移転)の月例イベント「聖子changの昭和ボンクララウンジ」で、昭和アニソンDJ「撲殺先輩」として活動している[3]。なお2011年8月よりラジオ大阪の「がちヨミ!デコよみ!?」で、ラジオDJとしても復帰した。[4]。2017年1月から、株式会社MFSに所属し、ラジオディレクターとして活動する事を自身のFacebookで発表した。

手がけた作品・番組[編集]

ラジオ[編集]

放送が終了した主な番組

テレビ[編集]

現在、放送中の主な番組

放送が終了した主な番組

ゲーム[編集]

アニメ[編集]

書籍[編集]

イベント[編集]

  • DREAM POWER 2001(2001年開催、文化放送A&Gのイベント)
  • TOKYO ANIMESONG STATION(2002年10月開催、司会&プロデューサー)

歌唱[編集]

全曲、作詞も担当

作詞 [編集]

脚注 [編集]

  1. ^ ラジオ ビッグバン: 11/30放送分 智一・美樹のラジオビッグバン公式ブログ(文化放送) 2014年7月6日閲覧。
  2. ^ 著書「フッ完全おたくマニュアル」より
  3. ^ 2008年12月1日放送のラジオビッグバン500回記念パーティーの本人コメントより
  4. ^ 番組紹介:がちヨミ!デコよみ!?”. HiBiKi Radio Station. 2014年2月5日閲覧。
  5. ^ a b c d e オオクボルミオンライン、今チェキAR、まんなかあいらんど、り系ラジオが構成&D。…”. Twitter. 2017年12月26日閲覧。
  6. ^ 『中島由貴と愛原ありさのまんなかあいらんど』第0回【初回限定映像付き放送】”. Twitter. 2017年7月16日閲覧。

外部リンク[編集]