年越し番組

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

年越し番組(としこしばんぐみ)は、大晦日12月31日)から翌年元日1月1日)に掛けて放送され、旧年の終わりと新年の訪れを扱う番組である。

歴史[編集]

1927/1928年上野寛永寺から、ラジオ局JOAK(社団法人東京放送局、現:NHK東京ラジオ第1放送)が除夜の鐘を中継放送した。

地上波テレビ[編集]

NHK総合[編集]

1953/1954年から毎年、『ゆく年くる年』が放送されている。

NHK Eテレ(NHK教育)[編集]

長らく、年越しの際に放送休止か元日の午前0:00に放送終了か基本的にクラシック音楽の収録番組を流し年越しの編成を行っていなかったが、2011/2012年以降、『0655・2355 年越しをご一緒にスペシャル』が放送されている。

民放[編集]

1953/1954年 - 1955/1956年[編集]

TBSは1955/1956年は年越し番組は行われたが、日本テレビは1953/1954年から1955/1956年まで3年連続で年越し番組は行われず年越しをする際は放送休止であった[要出典]

1956/1957年 - 1988/1989年[編集]

各局共同制作ないし持ち回り制作で、『ゆく年くる年』が放送されていた。ただし、フジテレビとその系列局、テレビ東京はこの番組のネットに参加しなかったが、その後はネットに参加するようになった。

1989/1990年 -[編集]

21世紀に入ってからは、局より傾向があり、事前収録の録画式は主に日本テレビテレビ朝日東京MXテレビが好んで実行し、TBSフジテレビテレビ東京などではカウントダウンライブやクラシックコンサートなどの生放送・生中継を積極的に行っており、その中で年越しのカウントダウンも行っている。

日本テレビ[編集]

日本テレビ系列では、同時ネット終了後も1990/1991年年越しまで独自の『ゆく年くる年』を放送した。

その後は不定期に『いけ年こい年』を、1994/1995年1999/2000年・2000/2001年の各12月31日/1月1日、全3回放送した(この間は深夜番組『DAISUKI!』主体の番組)。2000/2001年の放送ではカウントダウンが2分早く、「21世紀が来たー!」というテロップが12月31日23時58分に放送されるという前例のないハプニングを起こした(詳細はいけ年こい年を参照)。2000/2001年の年またぎは天文学上『世紀またぎ』でもあり、自局独自の特別企画を設けていた。

2001/2002年分はナインティナインをメインに『ぐるぐるナインティナイン』主体の番組『ナイナイの夢と笑いが丸い地球を救うのだ!!』となり、以後2005/2006年までの5年間続いた。

2006/2007年以降は、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』の特別版「笑ってはいけないシリーズ」を放送しているが全編録画で放送し、そのまま年を越す。途中生放送の差し込みによるカウントダウンも実施しない。番組終盤に「年を越した」旨が出演者(ガースーが担当する例が多い)から伝えられるが、その部分も事前録画である。

現在のネット局はクロスネット局の福井放送を含む28局が毎年固定されており、その一方でクロスネット局のテレビ大分テレビ宮崎の2局は曜日配列の関係でネットされるかネットされないのどちらかとなる(『ガキ使特番』以降は録画であるためスライド放送が可能となり、同時ネットされない場合は時差ネットされる(例:テレビ大分 2016年1月2日 0:55 - 6:55)。12月31日は木曜日でフジテレビ系列メインの番組ラインナップとなるため)。

テレビ朝日[編集]

民放テレビ版の終了以後、『スーパーアーティストカウントダウンライブ』『ゆく年くる年地球の歌』などの特別番組が放送された。

1999/2000年は『24時間地球大騒ぎ!!カウントダウン2000』を放送、この後2000/2001年から2003年までは、『カウントダウン2000』のコーナー「テレビの殿堂」を独立、同局のテレビ番組やスポーツ中継の名場面などを放送していた。

2004/2005年から2007/2008年までは『お笑い!!ゆく年くる年』が放送され、お笑いを主題とした内容でありながら、かつての民放テレビ版放送の第1回目を再現しようとの主旨で企画されたものだった。

2008/2009年と2009/2010年は『年越し雑学王』が放送され、司会の「爆笑問題」の一人・太田光が出すクイズ出題中にカウントダウンを行うシーンが挿入された。

2010/2011年と2011/2012年は従来の『大みそかだよ!ドラえもんスペシャル』・『ゴールデン枠』(『Qさま!!』など)・『年越し雑学王』の3枠を統合し、『そうだったのか!池上彰の学べるニュース』メインの年またぎスペシャルを2010年は6時間半、2011年は7時間半に渡り放送したが、カウントダウンは池上彰のレクチャー中にテロップ挿入される形に留まり、カウントダウンコールは行わず、年明けを祝福するだけであった。

2012/2013年は21:00から『お願い!ランキング』のスペシャルを放送したが、これ以降は全編収録となりカウントダウンのテロップ表記も行われなかった。なお2013/2014年は18:00から『今年スゴかった人 全員集合テレビ2013』、2014/2015年以降は18:00から『くりぃむVS林修!年越しクイズサバイバー』を放送している。ただしカウントダウンは、2016/2017年の同番組で収録形式ではあるが復活している。

現在のネット局はフルネット局のみの24局で毎年固定されている。

TBS[編集]

平成に入ってからは、サザンオールスターズ桑田佳祐の年越しライブを、地上波では異例の試みとして生中継で放送し、2000/2001年まで続けられた(2000/2001年はWOWOWとの同時放送)。

1992/1993年から2000/2001年までは『39時間テレビ』『30時間テレビ』『超える!テレビ』『SANBA TV』といった年跨ぎ大型特別番組が放送され、その中でカウントダウンのコーナーを設けていた。

2001/2002年以降はNHKやフジテレビと同時刻より『COUNT DOWN TV』のスペシャルライブを生放送し、カウントダウンも行っている。2008/2009年まで及び2013/2014年以降は同番組の前に一年最後の『JNNニュース』も放送している。

現在のネット局は28局で毎年固定されている。

テレビ東京[編集]

テレビ東京系列では、1990年代前期頃から『ゆく年くる年GALA(ガラ)コンサート』を放送した。

1995年からは東急グループ主催のクラシックコンサート『東急ジルベスターコンサート』の模様を生中継している。年を越す曲は毎年変わり、午前0時丁度にピッタリと曲を終わらせ、新しい年を迎えることが特徴。この番組の終了直後にミニニュース番組TXNニュース』が放送される(内容はNHK総合テレビの同時間のニュースと同様。2000年代前期までは「東急ジルベスターコンサート」の前に放送)ため、年越しの時間帯に関してはもっともNHK総合テレビに編成が近いと言える。ただし、5系列は80年代まではすべて「ゆく年くる年」の前後(メガTONのみ後)に最終ニュースを放送しており、TXNのみ残ったともいえる。

現在のネット局は6局で毎年固定されているが、近年では一部の独立局にもネットされるようになった。またBSジャパンでも同時ネットされるため、放送する地上波局がない地域でもBSデジタル放送経由で視聴可能となっている。

フジテレビ[編集]

1989/1990年は『やっぱり猫が好き』のスペシャル版『年またぎ・猫が好き』が放送され、劇中でカウントダウンも行った。

その後も自社で特別番組を制作・放送、1996/1997年は『料理の鉄人』のスペシャル版『完全なる料理の鉄人』を放送、初代「和の鉄人」道場六三郎と2代目「和の鉄人」中村孝明による「お節対決」で、1996年内に料理を作り上げ、カウントダウンと共に試合は終了、そして試食と審査は1997年に入ってから行った。

1998/1999年からは東京ドームで行われる『ジャニーズ年越しコンサート』の模様を毎年生中継(2014/2015年を除く)し、途中でカウントダウンを挿入している。

なお、2014/2015年のみ「ジャニーズカウントダウン」の生中継の放送がなく、その代替として23:00から『2014→2015 ツキたい人グランプリ〜ゆく年つく年〜』を放送した。カウントダウンは当初の予定で30秒前からするつもりであったが、実際は劇団ひとりによる奇術「脱出イリュージョン」中にテロップ挿入される形に留まり、カウントダウンコールは行わず、年明けを祝福するだけであった。

現在のネット局はフルネット局のみの26局が毎年固定されており、その一方でクロスネット局のテレビ大分テレビ宮崎の2局は曜日配列の関係でネットされるかネットされないのどちらかとなる。なお、現在はテレビ朝日制作のものを1993/1994年以降毎年放送している山形テレビは、1989/1990年から1992年/1993年まで毎年フジテレビ制作のものを放送していたが、山形テレビのネットチェンジを経て、その後さくらんぼテレビで1997/1998年以降フジテレビ制作のものを毎年放送しており山形県では5年ぶりに復活した。

独立局[編集]

独立UHF局では、1989/1990年以降、毎年1998/1999年までフルネットの特番(テレビ神奈川制作)を放送していた(ただし、1995/1996年に東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)が放送した『東京NEWSスペシャル』(時間延長)を除く。この番組では映像記者がスタジオに集まって、行く年に手を振った)。内容は毎年異なるが、大半は生放送のライトドキュメンタリーだった。

1999/2000年はミレニアム年越しに伴い、各地でカウントダウンがブームとなったため、独立局は地元のカウントダウンイベント中継など自社制作をする様になった(ただし、1999年4月1日開局のとちぎテレビは通常編成となった)。このため、この年の局を超えた年越し特番はテレビ神奈川とサンテレビの2局ネットだけになった。

翌2000/2001年も世紀を跨いだカウントダウンとなったことから、この傾向が定着し、以後各局は年越しの際、カウントダウンを実施する年越し番組・カウントダウンを実施しない年越し番組・通常編成を含む年越し番組ではない番組のいずれかとなり、ネットの体裁については局による自主編成の番組・独立局のみでのネット局複数体制・テレビ東京からのネット受けのいずれかとなっている。

内容は、県内各地からの生中継や、地元スポーツ(プロ野球Jリーグなど)に関する討論会などが中心である。サンテレビジョンの場合は阪神タイガースの選手・監督・ファンの有識者による「タイガース座談会」(2010年は大晦日が金曜日であったため熱血!タイガース党がベースの特番だった)が行われている。また、テレビ和歌山は2000年代前半まで『わかやまナイズ』等の関連特番として数年間実施していた。番組終了した2006年度分(正式には同年の4月いっぱい)以降は独自の年またぎ特番として例年放送を実施。

2009/2010年以降、テレビ埼玉が『ゆく年くる年歌合戦』を制作、UHFの数局が同時放送している。

また同年以降、TOKYO MXはレギュラー番組の『5時に夢中!』の放送が開始され年越し特番を収録ではあるが、カウントダウンを行った。2011/2012年からは群馬テレビへも同時ネットで放送されるようになった。

2012年以降テレビ放送の完全デジタル化に伴い、2-3秒のタイムラグが発生することから正確なカウントダウンは事実上困難であり、これに関しては不透明な状況となっている。

クロスネット局について[編集]

クロスネット局の場合は、曜日配列の関係で年によって制作する局が異なるケースがあり、現在ではテレビ大分テレビ宮崎の2局(2局ともフジテレビ制作か日本テレビ制作のどちらか)がこれに該当する形で、しかしながらその一方の福井放送は日本テレビ系列単独加盟時代の名残があることから日本テレビ制作のものを毎年放送している。


(かつての事例については書きかけです。)

放送大学[編集]

1984年の開局以来、一貫して年越し番組の放送は行われていない。

地上波ラジオ[編集]

NHK[編集]

特に、1927/1928年から2006/2007年まで毎年ラジオ第1で『ゆく年くる年』が放送されていた。なお、2007/2008年は『新たな年へのメッセージ』、2008/2009年は『年越しラジオ』が放送され、2009/2010年以降は『年越しラジオ ゆく年くる年』が放送されており、それでも年越し番組の継続はされている。

民放[編集]

AM・ラジオNIKKEI[編集]

特に、1955年/1956年から2000/2001年までは、民放AM・短波各局共同ないし輪番で『民放AM・短波版のゆく年くる年』が放送されていた。

FM[編集]

特に、JFN系列各局では、『TOKYO FM版のゆく年くる年』を現在でも放送している。

また、新潟県民エフエム放送(FM PORT)では、2006年より『GOODBYE20○○ HELLO20△△ クラシックの世界へようこそ』というタイトルで年越し番組を放送している。

放送大学[編集]

1984年の開局以来、一貫して年越し番組の放送は行われていない。