野村邦丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
のむら くにまる
野村 邦丸
プロフィール
本名 野村 邦夫
のむら くにお
愛称 ドラ(ちゃん)(茨城放送時代
出身地 日本の旗 日本神奈川県川崎市川崎区京町
生年月日 (1957-01-17) 1957年1月17日(61歳)
血液型 A型
最終学歴 日本大学法学部 新聞学科卒業
所属事務所 JCM(セントラルミュージック)
職歴 茨城放送文化放送 → フリー
活動期間 1981年 -
ジャンル 情報番組
バラエティ番組
公式サイト 文化放送による公式プロフィール
セントラルミュージック ARTIST 野村邦丸 プロフィール
出演番組・活動
現在 くにまるジャパン極
過去 くにまるワイド ごぜんさま〜

野村 邦丸(のむら くにまる、1957年1月17日 - )は日本のフリーアナウンサー。元・茨城放送ならびに文化放送アナウンサー。本名は、野村 邦夫(のむら くにお)。神奈川県川崎市川崎区京町出身。

日本大学明誠高等学校日本大学法学部 新聞学科卒業。その後茨城放送のアナウンサーとして茨城県では名が知れていたが、退社。自分の力を試すべく、フリーアナウンサーとして活躍した後、文化放送のアナウンサー中途採用で入社。

2017年1月31日を以って、文化放送を定年退職。翌2月1日より、株式会社 セントラルミュージック(JCM)所属[1]のフリーアナウンサーとなった。

身長167cm、体重83kg

担当番組[編集]

現在の担当番組[編集]

いずれも文化放送アナウンサー時代から引き続いて担当。

過去の担当番組[編集]

文化放送時代
茨城放送時代

エピソード[編集]

  • マイクネームの名付け親は、邦丸の先輩である元文化放送アナウンサーの菅野詩朗。本人に了承を得ないまま、菅野が勝手に決めてしまったという。1991年のナイターオフ番組(「邦丸・ナースのラジオ横町一番地」)のパーソナリティーに起用される際に命名された[2]
  • 茨城放送時代の愛称は、体型からドラえもんに因み「ドラ(ちゃん)」だった。
  • 茨城放送時代『若者通り22時 夜はこれから』のパーソナリティを務めていた時、局舎の前でこたつに入って豚汁を食べながら放送したことがあったが、リスナーが次々に集まって来て、前の道路で渋滞を引き起こすまでのパニックになったということがあった[3]
  • 邦丸が文化放送の入社試験を受けた当時、文化放送は野球実況が出来るスポーツアナウンサーを中途採用するため、応募に際しては実況テープの提出を義務付けていた。邦丸は実況に自信がなかったが、茨城放送時代の自分の実況テープを聞いているうちに「所々、上手いところがあるなあ」と感じた。本来、一つの試合実況を提出しなければならなかった様だが、邦丸は友人に頼んで、複数の試合の上手い部分の実況だけを編集した物を提出。その影響があったのか分からないが見事合格。入社当時はプロ野球実況も担当していた[2]
  • 番組の企画で、富士山登山に挑戦し、八合目まで登山した。
  • 玉川美沙 たまなび』の「クイズ5パーソンズ」コーナーにて、菅野詩朗アナの代理として出演したことがある。
  • アメリカのロックバンド「シカゴ」の30年来のファンであり、2008年の文化放送アナウンサーカレンダーにも「ダイジナモノ」として、シカゴの直筆サインを携えて写っている。
  • 2001年12月、港区立赤坂区民センター区民ホールで行われたサンスタープレゼンツ:文化放送開局50周年記念アナウンサー特別公演、芝居『忠臣ぐらっちぇ』(原作立川志の輔、演出脚本かわのをとや)では、元アナウンサーの藤木千穂(現編成部)とのコンビで主役を張った(邦丸は赤穂浪士、深野銀衛門役、藤木千穂は大工の娘、おみつ役)。後に制作はプロシード、文化放送開発センターの販売によりビデオ化され、当時の新宿区若葉にあった「文化放送ちけっとぽ〜と」と「文化放送ラジオショッピング」による受付のみで限定販売された。
  • 好きなタイプの女性芸能人として日野てる子[2]ピンキーとキラーズのボーカル今陽子の名を挙げていた[4]
  • 声優の古本新之輔と親交が深く、彼がパーソナリティを務めた文化放送の番組『古本新之輔のパラシュート遊激隊』、『古本新之輔 ちゃぱらすかWOO!』に準レギュラーとして不定期出演。また後者では古本のピンチヒッターを務めたことがあった。

キャラクター作り[編集]

  • 自身が担当する番組内(野村係長シリーズ)で「野村係長(主任)」「肛門ちゃま」「DJデブジャン」などのひょうきんなキャラクターを演じている。
  • キャラクター同様、番組内でモノマネをすることも多い。レパートリーはおすぎピーコや、谷村新司東尾修吉田たかよし玉川美沙など、邦丸自身が対面したことがある人が多い。東尾は比較的好評であったが、その他のキャラクターは似ていないものが多い。しかしその似てなさで笑いを生んでいることも多く、かつて「松浦亜弥をやれ」と指示された際はやけくそで、大橋巨泉風に「はっはっは、松浦亜弥です」とモノマネし爆笑を取ったことがある。なお、大橋巨泉の物真似は、茨城放送アナウンサー時代から得意だったという[3]

関連書籍[編集]

  • 「ラジオパーソナリティー 〜22人のカリスマ〜」軍司貞則著 (扶桑社 1998年5月発売、ISBN 4-594-02467-X
    • P427〜P450に於いて、邦丸の経歴(日本大学在学中〜茨城放送時代〜文化放送入社当時〜サンデースペシャル にちよう道楽王担当時まで)を軍司が本人へのインタビューと共に、詳しく解説している。
  • 「野村邦丸&イカ山ゲソ助の放送業界入門 〜なんて気楽なラジオのしごと」

インデックスマガジンズ 2004年9月発売、原作:杁山恭弘、制作:文化放送、ISBN 4-86048-152-6

  • 内容は『野村邦丸のごきげん!二重丸◎』放送当時の邦丸と同番組のディレクターだった杁山恭弘(いりやまやすひろ。通称「イカ山ゲソ助」現・文化放送名古屋支局長)による「お互いの罵り合い+プライベート暴露+社内業務の責任転嫁的」な内容である。
    • 文化放送が毎週配信しているメールマガジン『1134er』(読みはイイザンサー)の配信内容を元に、2人が対談形式で「邦丸"熟女サイト事件"」「杁山"文化放送トイレ内イカジェット事件"」等々、過去に2人が社内外でやらかした品性の無い行動及び言動を次々と暴露し合っている。
    • 他「クイズミリオネア」をパクり、お互いの知られざるプライベート&品性の無さを問題形式で暴露し合う「クイズダメオネア」コーナーや、邦丸、杁山、それぞれに対し二人が過去番組で係わった事が有るみのもんたおすぎとピーコ奈美悦子弘兼憲史ガレッジセールらが、二人の真の生態を赤裸々に語った「スペシャルインタビュー」などを収めている。
    • 本のおまけとして、ペーパークラフト仕様の「社員生活疑似体験 すごろくキット」「ダメ人間 認定スタンプ」「ダメ人間 診断テスト」、そして巻末の止めとして邦丸、杁山をデフォルメしたキャラクターを模した「特製ペーパークラフト」も付いていた。

    その普段姿の「Before」から、まさかの2パターンでかっこいい「After」姿を拝む事が出来る。

CD[編集]

  • 「青空」c/w「青春アドリブ野郎」 上々颱風 with 野村邦丸(2002年10月17日発売、エムアンドアイカンパニー/MYCD-20005)
    • オリコンシングルチャート192位が初登場兼最高位で、すぐに圏外に去って行った。
    • 「青空」では上々颱風のメンバー白崎映美、西川郷子らと交互にボーカルを取り、「青春アドリブ野郎」では、邦丸がメインボーカルを取っている。なお、「青空」に関しては同年に発売された上々颱風のオリジナルアルバムとベスト盤に邦丸のボーカルがフィーチャーされたバージョンが収録されなかった事を本人は後に知ることとなり、その件に関しては今でもとても切ない気持ちを持っている様子。
    • アートワークは「遠藤久美子のパステルターン」(BOAT RACE提供、2002年 - 2003年)で共演(邦丸がアシスタント)した遠藤久美子が手掛けている(タイトルロゴ、歌詞カード内のイラストは勿論、「大蛇」をモチーフにしたCDを収納するジュエルケースのデザインワークまで全て彼女が手掛けるといった凝り様だった)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ARTIST”. 2017年2月2日閲覧。
  2. ^ a b c なんて気楽なラジオのしごと 野村邦丸&イカ山ゲソ助の放送業界入門(インデックス・マガジンズ インデックスmook)- 「Special Column1 野村邦丸の履歴書」より
  3. ^ a b 別冊ラジオパラダイス「DJ名鑑」(1987年刊)p.216
  4. ^ 文化放送アナウンサーコンテンツ アナ尻マデあと5秒 野村邦丸”. 文化放送. 2015年9月4日閲覧。