フェリペ・ナスル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はデ・オリベイラ第二姓(父方の)はナスルです。
フェリペ・ナスル
Felipe Nasr 2015 Malaysia.jpg
基本情報
フルネーム ルイス・フェリペ・デ・オリベイラ・ナスル
略称表記 NAS
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
出身地 同・ブラジリア
生年月日 (1992-08-21) 1992年8月21日(25歳)
F1での経歴
活動時期 2015-2016
所属チーム '15-'16 ザウバー
車番 12
出走回数 40 (39スタート)
タイトル 0
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 29
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 2015年オーストラリアGP
最終戦 2016年アブダビGP
テンプレートを表示

ルイス・フェリペ・デ・オリベイラ・ナスルLuiz Felipe de Oliveira Nasr, 1992年8月21日 - )は、レバノン系ブラジル人レーシングドライバー。姓のNasrは報道機関によってナッサー、ナッセ、ナッサ(F1速報[1]などと表記される場合もある。母国語ではナッセが最も近い発音となるため[2]フジテレビF1中継においてはナッセと呼称・表記されている。

経歴[編集]

初期の経歴[編集]

レーシング・カート[編集]

7歳の時にカートレースを開始。2000年から2007の間にいくつかのタイトルを獲得する。

フォーミュラ・BMW[編集]

2008年のブラジルGPのサポートレースとして開催されたフォーミュラ・BMW・アメリカの最終ラウンドでオープンホイールレースにデビューし、第2レースで表彰台を獲得。

2009年はヨーロッパに移り、フォーミュラ・BMW・ヨーロッパに参戦。16レース中5勝を含む14回の表彰台を獲得し、参戦1年目にしてチャンピオンを獲得する。報償としてBMWザウバーでのF1マシンのテストを行う筈だったが、BMWがF1から撤退したためテストを行うことが出来なくなってしまった。

2009年フォーミュラ・BMW・ヨーロッパ、スパ・フランコルシャンにて

F3[編集]

2010年はフォーミュラ・BMW・ヨーロッパのチャンピオン獲得で注目され、F1ワールドチャンピオンであるキミ・ライコネンのマネージメントを行うロバートソン親子のマネージメントをこれ以降受けることになった[3]。 この年はイギリスF3にライコネン・ロバートソン・レーシングから参戦し、1勝を挙げシリーズ5位となる。チームメイトの一人は日本人の中嶋大祐だった。

2011年はチームを移籍してカーリン・モータースポーツから去年に引き続きイギリスF3に参戦し、チームメートのケビン・マグヌッセンとチャンピオンを争い、ポイントで大差をつけてシリーズチャンピオンを獲得する。

GP2[編集]

2012年はDAMSと契約するが、4度の表彰台でシリーズ10位に留まった。

2013年は古巣カーリンに移籍する。6度の表彰台でシリーズ4位となる。

2014年も引き続きカーリンから参戦。4勝を含む10度の表彰台を獲得しシリーズ3位となる。

F1[編集]

2014年ウィリアムズとテスト兼リザーブドライバーとして契約を結び、フリー走行1回目に何度か出走を果たした[4]

2015年ザウバーとレギュラードライバー契約を結び、F1デビューが決まった[5]。開幕戦・オーストラリアGPでは完走11台という大荒れの展開にも助けられいきなりの5位入賞を果たし、その後もスペックに恵まれないマシンでポイントを重ね健闘した。

2016年も同体制で参戦。ザウバーの戦闘力は大きく低下し、ポイント獲得はかなり厳しい状況に追い込まれていたが、第20戦ブラジルGPで雨による波乱を耐え抜き9位入賞。この2ポイントは、マノーをランキングで逆転するための貴重な2ポイントとなった。ポイントを挙げた功績はあったがモニシャ・カルテンボーンには財政難のチームを運営する持参金が必要であり、シーズン終了直前に大口スポンサーだったブラジル銀行がスポンサーから撤退する事となり、資金をもたらす術を失ったナスルはこの年限りでシートを失った。

エピソード[編集]

レース戦績[編集]

略歴[編集]

シリーズ チーム レース 勝利 PP FL 表彰台 ポイント 順位
2008 フォーミュラ・BMW アメリカズ アミール・ナスル・レーシング 2 0 0 0 1 25 10位
2009 フォーミュラ・BMW ヨーロッパ ユーロインターナショナル 16 5 6 6 14 392 1位
フォーミュラ・BMW パシフィック 3 2 2 2 2 0 NC
2010 イギリス・フォーミュラ3 ライコネン・ロバートソン・レーシング 30 1 1 3 4 136 5位
マカオグランプリ 1 0 0 0 0 N/A 11位
2011 イギリス・フォーミュラ3 カーリン 30 7 4 8 17 318 1位
マカオグランプリ 1 0 0 0 0 1 2位
2012 デイトナ24時間レース マイケル・シャンク・レーシング 1 0 0 0 1 30 3位
GP2シリーズ DAMS 24 0 0 0 4 95 10位
フォーミュラ3・ユーロシリーズ カーリン 2 0 0 0 0 N/A NC
マカオグランプリ 1 0 0 0 0 N/A 5位
2013 GP2シリーズ 22 0 0 0 6 154 4位
2014 フォーミュラ1 ウィリアムズ・マルティーニ・レーシング テストドライバー
GP2シリーズ カーリン 22 4 1 2 10 224 3位
2015 フォーミュラ1 ザウバーF1チーム 19 0 0 0 0 27 13位
2016 21 0 0 0 0 2 17位
  •  : ゲストドライバーとしての出走であるため、ポイントは加算されない。

GP2[編集]

エントラント 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 DC ポイント
2012年 DAMS SEP
FEA

6
SEP
SPR

3
BHR1
FEA

Ret
BHR1
SPR

6
BHR2
FEA

11
BHR2
SPR

5
CAT
FEA

11
CAT
SPR

9
MON
FEA

17
MON
SPR

Ret
VAL
FEA

Ret
VAL
SPR

14
SIL
FEA

6
SIL
SPR

3
HOC
FEA

4
HOC
SPR

3
HUN
FEA

25
HUN
SPR

8
SPA
FEA

8
SPA
SPR

2
MNZ
FEA

Ret
MNZ
SPR

21
MRN
FEA

6
MRN
SPR

7
10位 95
2013年 カーリン SEP
FEA

4
SEP
SPR

2
BHR
FEA

4
BHR
SPR

2
CAT
FEA

2
CAT
SPR

3
MON
FEA

4
MON
SPR

4
SIL
FEA

Ret
SIL
SPR

7
NÜR
FEA

9
NÜR
SPR

4
HUN
FEA

3
HUN
SPR

5
SPA
FEA

Ret
SPA
SPR

8
MNZ
FEA

Ret
MNZ
SPR

12
MRN
FEA

2
MRN
SPR

16
YMC
FEA

7
YMC
SPR

18
4位 154
2014年 BHR
FEA

8
BHR
SPR

4
CAT
FEA

3
CAT
SPR

1
MON
FEA

3
MON
SPR

Ret
RBR
FEA

1
RBR
SPR

Ret
SIL
FEA

7
SIL
SPR

1
HOC
FEA

5
HOC
SPR

2
HUN
FEA

6
HUN
SPR

3
SPA
FEA

4
SPA
SPR

1
MNZ
FEA

6
MNZ
SPR

6
SOC
FEA

17
SOC
SPR

3
YMC
FEA

4
YMC
SPR

2
3位 224

F1[編集]

エントラント  シャシー  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 WDC ポイント
2014年 ウィリアムズ FW36 AUS MAL BHR
TD
CHN
TD
ESP
TD
MON CAN AUT GBR GER HUN BEL ITA SIN JPN RUS USA
TD
BRA
TD
ABU - -
2015年 ザウバー C34 AUS
5
MAL
12
CHN
8
BHR
12
ESP
12
MON
9
CAN
16
AUT
11
GBR
DNS
HUN
11
BEL
11
ITA
13
SIN
10
JPN
20
RUS
6
USA
9
MEX
Ret
BRA
13
ABU
15
13位 27
2016年 C35 AUS
15
BHR
14
CHN
20
RUS
16
ESP
14
MON
Ret
CAN
18
EUR
12
AUT
13
GBR
15
HUN
17
GER
Ret
BEL
17
ITA
Ret
SIN
13
MAL
Ret
JPN
19
USA
15
MEX
15
BRA
9
ABU
16
17位 2

(key)

  •  : リタイアだが、90%以上の距離を走行したため規定により完走扱い。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ウィリアムズのテストドライバー時代はそれなりに使われたが、レギュラー昇格後はフェリペ・マッサと混同するのでこの表記は敬遠されている。
  2. ^ モータースポーツジャーナリストの小倉茂徳による本人への取材より。
  3. ^ “フェリペ・ナスル(ブラジル人17歳)、F1昇格を目指す”. F1通信. (2010年1月22日). http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/51615059.html 2014年11月6日閲覧。 
  4. ^ “ウィリアムズ、フェリペ・ナスルをテスト兼リザーブドライバーに起用”. F1-Gate.com. (2014年2月22日). http://f1-gate.com/williams/f1_22495.html 2014年2月22日閲覧。 
  5. ^ “ナスルがザウバードライバーに!”. ESPN F1. (2014年11月6日). http://ja.espnf1.com/sauber/motorsport/story/182519.html 2014年11月6日閲覧。 

外部リンク[編集]