モニシャ・カルテンボーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

モニシャ・カルテンボーン (Monisha Kaltenborn,1971年5月10日 - ) は、F1ザウバーチームのチーム代表。インド出身でオーストリア国籍。F1では最初の女性チーム代表である。

略歴[ソースを編集]

インドのデヘラードゥーンで生まれ、オーストリアに移住した。将来の夢は宇宙飛行士になることだったが、ウィーン大学では法律学を専攻し、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで修士号を取得した。

卒業後は国際連合などに勤務し、1998年よりフリッツ・カイザー・グループ (Fritz Kaiser) で企業間法務取引を担当。同社が株式を保有していたザウバーに関わり、ペトロナスとの共同事業をマネージメントした。2000年にフリッツ・カイザーが株式を売却すると、正式にザウバーに移籍。経営委員会のメンバーとして、国際自動車連盟 (FIA) やF1の商業権管理者(バーニー・エクレストン)との折衝にあたった。

2010年1月、BMWザウバーから新生ザウバーとして再出発したチームにおいて、最高経営責任者 (CEO) に就任した。チームオーナー兼チーム代表のペーター・ザウバーは第一線から退くことをほのめかしており、カルテンボーンはその後継者とみなされるようになった。

2010年4月、ミシェル・ムートンを議長として発足したFIAの「ウィメン&モータースポーツ委員会 (WMC) 」のメンバーとなり、女性のモータースポーツ参加を促進する活動に参加している[1]。また、学生の就業体験を支援する「F1イン・スクールズ」のプログラムにも協力している[2]

2014年11月頃、翌年のザウバーのレギュラードライバーについて故意に3名以上のドライバーと多重契約したとの可能性が明るみに出る。2015年3月5日、有効な契約を持つドライバーの1人ギド・ヴァン・デル・ガルデが訴訟を起こしたことで裁判に出廷し、敗訴した。その後も判決に背き契約の有効性を認めない行動を(チームと共に)繰り返したことで、一時は逮捕されるとの報道が流れるに至った。騒動の解決後、最終的に自身の非を認めるコメントを出している。(詳細はドライバー多重契約騒動を参照。)

2012年5月、ペーター・ザウバーはチーム株式の1/3をカルテンボーンへ譲渡した[3]。同年10月、韓国GPよりカルテンボーンが新チーム代表に就任した[4][5]。ペーター・ザウバーはグループ理事会会長としてチームに留まった[5]が、資金難やドライバー多重契約などのトラブルでチーム存続の危機に瀕したため、2016年7月20日、チームの所有権を共同株主だったスイスのロングボウ・ファイナンスS.A.に譲渡することが決まったのを機に、すべての業務から完全に引退した[6]。カルテンボーンはチーム代表に留まる。

脚注[ソースを編集]

  1. ^ FIA、女性のためのモータースポーツ委員会を設立 - オートスポーツweb(2010年4月28日)2012年10月13日閲覧。
  2. ^ ザウバーCEO、F1イン・スクールズを支援 - スポーツナビ(2012年4月29日)2012年10月13日閲覧。
  3. ^ ザウバー、モニシャ・カルテンボーンにチーム株式を譲渡 - F1-Gate.com(2012年5月17日)2012年10月12日閲覧。
  4. ^ Monisha Kaltenborn new Team Principal - sauberf1team.com(2012年10月11日)2012年10月12日閲覧。
  5. ^ a b モニーシャ・カルテンボーン、ザウバーのチーム代表に就任 - F1-Gate.com(2012年10月11日)2012年10月12日閲覧。
  6. ^ ザウバー、チーム所有権の変更を正式発表。新オーナーはスイス企業. AUTOSPORTweb(2016年7月20日).

参考文献[ソースを編集]

  • 「12チーム首脳と考える勝つための組織論」『F1速報PLUS vol.19』 イデア、2011年、pp.42-43

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]