エクストリーム・ネットワークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Extreme Networks, Inc.
種類
公開会社
市場情報
業種 Networking hardware
設立 1996年 (26年前) (1996)
創業者
  • Stephen Haddock
  • Herb Schneider
  • Gordon Stitt
本社
United States
主要人物
製品
  • ExtremeCloud IQ
  • ExtremeXOS
  • ExtremeWireless
  • ExtremeSwitching
  • Extreme Fabric Connect
  • ExtremeAnalytics
  • ExtremeRouting
  • Extreme Defender for IoT
売上高
  • US$948 million(2020)
営業利益
  • US$−0.126 million(2020)
利益
  • US$−0.126 million(2020)
従業員数
  • 2,713 (2019)
ウェブサイト extremenetworks.com

エクストリーム ネットワークス(英文社名 : Extreme Networks, Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンノゼに本社を置くアメリカのネットワーク企業である。エクストリーム ネットワークスは、有線・無線のネットワークインフラ機器の設計・開発・製造を行うとともに、ネットワーク管理、ポリシー、分析、セキュリティ、アクセスコントロールなどのソフトウェアの開発も行い、NASDAQに上場(証券コード : NASDAQ: EXTR)している。米国本社100%出資の日本法人、エクストリーム ネットワークス株式会社(英文社名:Extreme Networks K.K.)は、東京都千代田区に本社を置いている。

沿革[編集]

エクストリーム ネットワークスは、Gordon Stitt、Herb Schneider、Stephen Haddockによって1996年に米国カリフォルニア州で設立された。最初のオフィスはクパチーノにあり、その後サンタクララ、サンノゼに移転した。初期の投資家には、ノーウェスト・ベンチャー・パートナーズ、AVIキャピタル・マネジメント、トリニティ・ベンチャーズ、クライナー・パーキンス・コーフィールド・アンド・バイヤーズなどが名を連ねた [1]。Gordon Stittは共同設立者であり、2006年8月まで最高経営責任者を務め、その後取締役会の会長に就任。

  • 1999年3月2日、米Extreme Networksは100%出資の日本法人「エクストリーム ネットワークス ジャパン」を設立
  • 1999年4月の新規株式公開では、NASDAQ証券取引所にティッカーシンボル「EXTR」として上場[2]。
  • 2013年4月、Oscar Rodriguez の後任として、Charles W. Berger(Actianに買収されたParAccel社出身)がCEOに就任[3]。
  • 2014年11月、NFLの最初の公式Wi-Fiソリューション・プロバイダーに指名[4]。
  • 2015年4月19日、Charles W. BergerがCEOを辞任し、後任には取締役会長のEd Meyercordが就任[5]。
  • 2020年9月、アナリスト企業Omdiaが、エクストリーム ネットワークスをクラウドマネージド・ネットワーキングの急成長ベンダーに選出[6]。
  • 2020年11月、ガートナーのアナリストにより、「2020 Gartner Magic Quadrant for Wired and Wireless LAN Access Infrastructure」において、3年連続で「Leader」に選出[7]。

買収[編集]

  • 1996年10月、Mammoth Technologyを買収。
  • 2001年2月にOptranet、2001年3月にはWebstacksをそれぞれ約7300万ドル、約7400万ドルで買収[8]。
  • 2013年9月12日、Enterasys Networksを現金約1億8000万ドルで買収すると発表[9]。
  • 2016年10月31日、Zebra Technologies社[10]の無線LAN事業の買収を約5500万ドルで完了したことを発表
  • 2017年3月7日、1億ドル規模の取引でAvayaのネットワーク事業を買収する意向を発表[11]。 この買収は2017年7月17日に正式に完了した。この取引の一環として、エクストリームはAvayaから顧客、人材、技術資産を取得した。この買収により、教育、ヘルスケア、政府機関の市場におけるエクストリームの地位は、高い安全性と簡素化されたアクセス、管理、制御を実現するAvayaの受賞歴のあるFabric技術が加わったことで強化された。また、今回の買収により、高性能モジュラースイッチの新製品群、ソフトウェアツール、IoT技術など、エクストリームのスイッチングポートフォリオが強化された。エクストリームは、Avayaから買収したネットワーク資産から「2億ドル以上の年率換算の追加収益が得られる」との見通しを公言している[12]。
  • 2017年3月29日、ブロードコムからブロケードのSRA(Switching, Routing, and Analytics)事業を非公開の金額で買収する意向を発表[13]。 この買収は2017年10月30日に正式に完了し、それに伴い、エクストリームはブロケードからSLX、VDX、MLX、CES、CER、Workflow Composer、Automation Suites、その他一部のデータセンター関連製品を含む顧客関係、人材、技術資産を取得した。エクストリームは、「この取引により、買収した資産から2億3,000万ドル以上の年率換算の追加収益が得られる」と予想していると公言している[14]。
  • 2019年6月26日、Aerohive Networksを2億7,200万ドルで買収する意向を発表 [15]。 Aerohiveの無線、LAN、SD-WAN製品のクラウド管理されたポートフォリオは、業界で高く評価されている。買収は2019年8月9日に購入総額約2億7,200万ドルで完了した[16]。
  • 2021年8月10日、Infovista社のIpanema SD-WAN事業を買収する意向を発表 [17]


一連の歴史的および現代的なM&A活動を通じて、エクストリーム ネットワークスは、以下の企業のネットワークに特化した業界系統を受け継ぐ。Digital、Chantry、Siemens、Cabletron、Enterasys、AirDefense、Symbol、Motorola、Zebra、Wellfleet、SynOptics、Bay Networks、Nortel Networks、Avaya、Vistapointe、StackStorm、Foundry Networks、Brocade、Aerohive Networks。エクストリームは統合後は10億米ドル規模の年間収益を上げ、企業ネットワーク企業のトップ3に入ると主張している[18]。また、業界評論家のZeus Kerravala氏は、「より大きく、より収益性の高いエクストリームは、研究開発に投資する資金を増やし、さらなるイノベーションを促進するだろう」と述べている[19]。

製品[編集]

エクストリーム ネットワークスの製品ラインであるExtremeApplications、ExtremeWireless、ExtremeSwitching、ExtremeRoutingは、データセンター、キャンパス、エッジの各分野で利用可能である。エクストリームのサービスには、プロフェッショナルサービス、プレミアサービス、メンテナンスサービス、マネージドサービスに加えて、100%インハウスで実施するサポートサービスがある。


エクストリーム ネットワークスは、2002年に最初の10ギガビットイーサネット製品を発表し、モジュール式のBlackDiamond 6800イーサネットスイッチで利用可能となった。[20]


2014年、エクストリーム ネットワークスはネットワークを活用したアプリケーション・アナリティクス「ExtremeAnalytics」を発表しビジネス・パフォーマンスの向上を実現。


2017年、そしてAvayaのネットワーク事業統合に伴い、エクストリーム ネットワークスは、強化されたIEEE 802.1aq Shortest Path BridgingとIETF 6329をベースにした標準ベースのファブリック技術であるExtreme Fabric Connectを発表した。Extreme Fabric Connectは、数十年にわたるイーサネットとIS-IS(Intermediate System-to-Intermediate System)の経験を組み合わせ、イーサネットの長所とIPの長所を組み合わせた次世代技術を提供している。[21]


2019年1月、エクストリーム ネットワークスは、AIを搭載した802.11ax(Wi-Fi 6)アクセスポイントとマルチレートスイッチをあらゆる業界の企業に提供した[22]。


2019年2月、エクストリーム ネットワークスは、組織が保護されていないIoTデバイスやネットワークエンドポイントを保護するためのシンプルなセキュリティソリューションである「Extreme Defender for IoT」を展開開始した[23]。 「Defender for IoT」は、あらゆるネットワークに導入することができ、スタッフはこれを使用して、有線および無線のIoTデバイスをサイバー攻撃から隔離・保護することができる。


2019年10月、エクストリーム ネットワークスは、Aerohive Networksの買収により、クラウドベースのエンタープライズネットワーク管理アプリケーションであるExtremeCloud IQをポートフォリオに発表した。2020年6月、ExtremeCloud IQは、すべての主要なクラウドプロバイダー(Amazon Web Services、Google Cloud Platform、Microsoft Azure)で利用可能。市場で唯一の第4世代クラウドプラットフォームとなり、データ無制限の提供が可能となった[24]。 ExtremeCloud IQは、CRN誌の2020年のネットワーキング・プロダクト・オブ・ザ・イヤー賞に選ばれた[25]。


2019年10月下旬、エクストリーム ネットワークスは、エッジからデータセンターまでのすべての新しいエクストリームハードウェア製品を支えるブロードコムのネットワーキングチップセットとプログラマブルシリコンを選択。ブロードコムのスイッチ IC の Trident ファミリーは ExtremeSwitching テクノロジーに組み込まれており、大手ハイパースケール クラウド プロバイダーが活用しているのと同じ遠隔測定機能を企業にもたらした[26]。


2020年9月、エクストリームはエンタープライズクラスのスイッチングとワイヤレスインフラのためのユニバーサルプラットフォームを発表。ユニバーサル・プラットフォームのエンドユーザーは、同じハードウェアを使用して複数のエクストリーム・オペレーティング・システムを実行することができ、柔軟性と選択肢を提供するとともに、総所有コストを最適化することができる。[27]


2020年10月、エクストリーム ネットワークスは、BluetoothとBLEの侵入防止とWi-Fiセキュリティを単一の無線侵入防止システム「Extreme AirDefense」で提供する最初のネットワークベンダーとなった。[28]

日本国内一次代理店[編集]

製品の購入は、一次代理店以外にもシステムインテグレーターネットワークインテグレーターなどから購入することも可能である。

アヴネット株式会社

丸紅情報システムズ株式会社

株式会社Sanko IB

TD SYNNEX株式会社

東京エレクトロン デバイス株式会社

株式会社テリロジー

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

三井情報株式会社

ネットワンシステムズ株式会社

日商エレクトロニクス株式会社

外部リンク[編集]