ミシェル・ムートン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミシェル・ムートン
2011年サロン・アンテルナショナル・ド・ロトにて
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
生年月日 (1951-06-23) 1951年6月23日(66歳)
出身地 フランス アルプ=マリティーム県グラース
WRCでの経歴
活動時期 1973年 - 1986年
所属チーム フィアット アウディ プジョー
出走回数 122
優勝回数 4
表彰台回数 9
ステージ勝利数 162
通算獲得ポイント 229
初戦 1973 ラリー・モンテカルロ(コ・ドライバーとして)
初勝利 1981 サンレモ・ラリー
最終勝利 1984 ラリー・ブラジル
最終戦 1986 ツール・ド・コルス
テンプレートを表示

ミシェル・ムートンMichèle Mouton1951年6月23日 - )は、フランスの元ラリードライバー。1980年代に世界ラリー選手権(WRC)で女性初の優勝を飾るなどWRCのトップレベルで活躍したことで知られ、「史上最も成功した女性レーシングドライバー」と評される[1]。現役引退後は国際自動車連盟 (FIA) の要職で働いている。

ニックネームは「Shelley」。後のフォルクスワーゲングループ内プロジェクトでもあるアウディ・TTSの無人走行試作車のサブネームにも冠された[2]

主な経歴[編集]

ミシェル・ムートンとアウディ・クワトロS1(1985年)

ムートンは高校を卒業して法学を学んだが、すぐラリー競技に熱中するようになった。WRCに初参戦した1973年モンテカルロでは、プジョーに乗るジーン・タイビのコ・ドライバーを務めていた。その後父親の勧めでドライバーに転身し、翌1974年のツール・ド・コルスでドライバーとしてWRC初参戦を果たした。アルピーヌ・A110アウトビアンキフィアット・131アバルトランチア・ストラトスHF(シャルドネ)と乗り継ぎ、地元中心のみのプライベーター参加に留まるが完走率は高いものであった。

1975年、女性3名のドライバーでル・マン24時間レースへ参戦してクラス優勝するなど、ラリー以外のモータースポーツ活動にも精力的であった。

1981年にアウディワークスチームの一員となり、4WDターボ革命を起こしたアウディ・クワトロを駆り、1981年のラリー・サンレモでWRC初優勝を果たす。これはWRCにおける初の女性ドライバーの勝利となった。また、コ・ドライバーもイタリア人女性のファブリツィア・ポンス (Fabrizia Ponsという、女性クルーによるWRC優勝でもあった。

翌1982年はポルトガル、ブラジル、アクロポリスとシリーズ3勝を挙げ、オペルヴァルター・ロールと激しいドライバーズタイトル争いを演じ、最終的に年間ランキング2位となった。また、アウディ初のマニュファクチャラータイトルに貢献した。

その後も1985年にアメリカのパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムで総合優勝を果たすなど、一線級のラリードライバーとして活躍したが、1986年シーズンを最後にグループBマシンがWRCから姿を消すのと時を同じくして現役を引退した。

引退後[編集]

引退後の1988年には、1986年のツール・ド・コルスで事故死したヘンリ・トイヴォネンの追悼を目的に、ラリーやF1を含めた世界の一流ドライバーが腕を競うイベント「レース・オブ・チャンピオンズ(ROC)」を開催した。その後もROCは年末の恒例イベントとして定着しており、ムートンは現在もROC主催者の副代表を務めている。

2010年には国際自動車連盟 (FIA) の女性初の役員として、女性のモータースポーツ参画を促進するため設立された「ウーマン&モータースポーツ・コミッション(WMC)」の議長に就任した[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Russell, Richard. “History of Audi's Quattro all-wheel-drive system”. CanadianDriver. 2006年12月7日閲覧。
  2. ^ TT-S アウディが無人走行車で世界最大のヒルクライムレースに参戦? -2009年11月10日 Autoblog JP ニュースリリース
  3. ^ FIA、女性のためのモータースポーツ委員会を設立 -2010年4月28日 AUTO SPORT web ニュースリリース

関連項目[編集]

外部リンク[編集]