アブダビグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Abu Dhabi Grand Prix
ヤス・マリーナ・サーキット
(2021-)
レース情報
周回 58[1]
コース長 5.281[1] km (3.281 mi)
レース長 306.183[1] km (190.253 mi)
開催回数 15
初回 2009年
最多勝利
(ドライバー)
イギリスの旗 ルイス・ハミルトン (5)
最多勝利
(コンストラクター)
オーストリアの旗 レッドブル (7)
最新開催(2023年):
ポールポジション オランダの旗 マックス・フェルスタッペン
レッドブル-ホンダ・RBPT
1:23.445
決勝順位 1. オランダの旗 マックス・フェルスタッペン
レッドブル-ホンダ・RBPT
1:27:02.624
2. モナコの旗 シャルル・ルクレール
フェラーリ
+17.993s
3. イギリスの旗 ジョージ・ラッセル
メルセデス
+20.328s
ファステストラップ オランダの旗 マックス・フェルスタッペン
レッドブル-ホンダ・RBPT
1:26.993

アブダビグランプリ(アブダビGP, : Abu Dhabi Grand Prix, アラビア語: أبوظبي سباق الجائزة الكبرى‎)はアラブ首長国連邦 (UAE) のアブダビヤス・マリーナ・サーキットで2009年に初開催されたF1レースの1戦。首都名を冠しているが、UAEで開催される唯一のグランプリである。

概要[編集]

2008年6月のF1フェスティバルで開催が発表され、開催初年度の2009年はF1最終戦として開催された。翌2010年も最終戦として開催されたが、2011年から2013年の間は最終戦の一つないし二つ前のレースとして開催されていた。しかし、2014年以降は最終戦での開催が続いている。

開催期間に関しては、2014年11月に2016年までの開催契約を複数年延長することを発表[2]。2021年12月には2030年までの開催契約を締結したことが発表され[3]、契約上は2030年まで開催される予定である。

グランプリの主催者はBBCの取材に、将来、ナイトレースの開催の可能性があると語っていた[4]。2009年は現地時間夕方の午後5時からレースを開始する「トワイライトレース」という形になった[注 1]。レース後半は日が落ちるためナイトレースに対応する照明設備を備えている。

冠スポンサーをエティハド航空が務めており、大会名は「FORMULA 1 ETIHAD AIRWAYS ABU DHABI GRAND PRIX」となる。

特筆すべきレース[編集]

前述した通り、2009-2010年及び2014年以降はシーズン最終戦として開催されていることから、チャンピオン決定の舞台となる年が多い[5]

  • 2016年 - この年もハミルトンとロズベルグのメルセデス勢によるチャンピオン争いとなったが、2014年と異なりロズベルグがハミルトンをリードし、ロズベルグは3位以上になればハミルトンの結果に関係なくチャンピオンを獲得できる状況であった。ハミルトンはポール・トゥ・ウィンでレースを制したが、2位につけるロズベルグに対しあえてペースを落とす走りで後方のドライバーにオーバーテイクさせてチャンピオン圏外の4位以下に順位を落とす作戦を取るも、ロズベルグは2位を守りきって初のチャンピオンを獲得し[11]、5日後に引退を表明した[12]
  • 2021年 - マックス・フェルスタッペン(レッドブル)とハミルトン(メルセデス)が1974年エマーソン・フィッティパルディクレイ・レガツォーニ以来F1史上2度目となる2人のドライバーが同点で迎える最終戦となった。ポールポジションはフェルスタッペンが獲得するが、スタートでハミルトンの先行を許し、その後もハミルトンが優位を保ったままレースは続いた。ところが、レース終盤にニコラス・ラティフィウィリアムズ)がクラッシュしたことによりセーフティカーが導入されてから状況が一変する。フェルスタッペンはソフトタイヤに交換するが、首位をキープしたいハミルトンはハードタイヤのままステイを選択。ハミルトンとフェルスタッペンの間にいた周回遅れの5台を同一ラップに戻した後、最終ラップでセーフティカーが解除された。残り1周の一騎打ちはタイヤの優位性もあり、フェルスタッペンがハミルトンをオーバーテイクして勝敗が決し、フェルスタッペンが初のチャンピオンを獲得、ハミルトンはミハエル・シューマッハを抜く8度目のチャンピオンを残り1周で逸した[13]ホンダエンジン(パワーユニット)を使用するドライバーがチャンピオンになったのは1991年アイルトン・セナ以来30年ぶりで、このレースをもって第4期活動を終了するホンダは有終の美を飾った[14]

過去の結果と開催サーキット[編集]

決勝日 ラウンド サーキット 勝者 コンストラクター 結果
2009 11月01日 17 ヤス・マリーナ ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル レッドブル-ルノー 詳細
2010 11月14日 19 ヤス・マリーナ ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル レッドブル-ルノー 詳細
2011 11月13日 18 ヤス・マリーナ イギリスの旗 ルイス・ハミルトン マクラーレン-メルセデス 詳細
2012 11月05日 18 ヤス・マリーナ フィンランドの旗 キミ・ライコネン ロータス-ルノー 詳細
2013 11月03日 17 ヤス・マリーナ ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル レッドブル-ルノー 詳細
2014 11月23日 19 ヤス・マリーナ イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 詳細
2015 11月29日 19 ヤス・マリーナ ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ メルセデス 詳細
2016 11月27日 21 ヤス・マリーナ イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 詳細
2017 11月26日 20 ヤス・マリーナ フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス メルセデス 詳細
2018 11月25日 21 ヤス・マリーナ イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 詳細
2019 12月01日 21 ヤス・マリーナ イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 詳細
2020 12月13日 17 ヤス・マリーナ オランダの旗 マックス・フェルスタッペン レッドブル-ホンダ 詳細
2021 12月12日 22 ヤス・マリーナ オランダの旗 マックス・フェルスタッペン レッドブル-ホンダ 詳細
2022 11月20日 22 ヤス・マリーナ オランダの旗 マックス・フェルスタッペン レッドブル-RBPT 詳細
2023 11月26日 23 ヤス・マリーナ オランダの旗 マックス・フェルスタッペン レッドブル-ホンダRBPT 詳細
2024 12月08日 24 ヤス・マリーナ 詳細

開催されたサーキット[編集]

優勝回数[編集]

ドライバー[編集]

(2勝以上)

回数 ドライバー 優勝年
5 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン 2011, 2014, 2016, 2018, 2019
4 オランダの旗 マックス・フェルスタッペン 2020, 2021, 2022, 2023
3 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル 2009, 2010, 2013

コンストラクター[編集]

(2勝以上)

回数 コンストラクター 優勝年
7 オーストリアの旗 レッドブル 2009, 2010, 2013, 2020, 2021, 2022, 2023
6 ドイツの旗 メルセデス 2014, 2015, 2016, 2017, 2018, 2019

エンジン[編集]

(2勝以上)

回数 メーカー 優勝年
7 ドイツの旗 メルセデス 2011, 2014, 2015, 2016, 2017, 2018, 2019
4 フランスの旗 ルノー 2009, 2010, 2012, 2013
2 日本の旗 ホンダ * 2020, 2021
イギリスの旗 RBPT/ホンダRBPT * 2022, 2023

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2018年-2020年はレース開始時刻が午後5時10分に変更されたが、2021年から午後5時に戻された。F1、各レース開始時間を刷新。欧州では多くが15時10分決勝スタートに”. motorsport.com (2018年2月2日). 2018年2月3日閲覧。F1、2021年グランプリ開始時刻を発表…鈴鹿日本GPは14時スタート!リアルタイム視聴が難しいのは6戦”. Formula1-Data (2021年1月31日). 2021年12月10日閲覧。
  2. ^ 1位から10位まで25-18-15-12-10-8-6-4-2-1の各点が与えられた。
  3. ^ 1位から10位まで50-36-30-24-20-16-12-8-4-2の各点が与えられた。

出典[編集]

  1. ^ a b c Abu Dhabi Grand Prix 2021 - F1 Race”. formula1.com. 2021年12月10日閲覧。
  2. ^ 人気のアブダビ、F1開催契約を延長f1sokuho.mopita.com(2014年11月26日)2022年3月25日閲覧。
  3. ^ F1アブダビGP、グランプリ開催契約を更新…2030年までformula1-data.com(2021年12月9日)2022年3月25日閲覧。
  4. ^ http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/motorsport/formula_one/7640907.stm
  5. ^ 今季終了前に振り返る「シーズン最終戦のドラマ」の歴史|F1アブダビGP特集”. The Sporting News (2022年11月18日). 2024年2月2日閲覧。
  6. ^ 最終戦アブダビGP「ベッテル、悲願のラストピース」【F1 2010 続報】”. webCG (2010年11月15日). 2024年2月2日閲覧。
  7. ^ 最終戦アブダビGP「成長したハミルトンに、2度目の栄冠」【F1 2014 続報】”. webCG (2014年11月24日). 2024年2月2日閲覧。
  8. ^ F1、最終戦のみ得点が2倍に。王座早期決定を防ぐ”. オートスポーツweb (2013年12月10日). 2024年2月17日閲覧。
  9. ^ ウィリアムズからマッサへ、3年間を振り返る感動的なメッセージ「オブリガード(ありがとう)」”. TOPNEWS (2016年11月28日). 2024年2月17日閲覧。
  10. ^ ホンダの復活、ポイント2倍廃止―15年のF1における変更点”. AFPBB (2015年3月11日). 2024年2月17日閲覧。
  11. ^ 【F1 2016 続報】最終戦アブダビGP「ロズベルグ、11年目の初戴冠」”. webCG (2016年11月28日). 2024年2月2日閲覧。
  12. ^ F1新チャンピオンのロズベルグが戴冠5日後に電撃引退。「説明するのは難しい」”. autosport web (2016年12月3日). 2024年2月2日閲覧。
  13. ^ 【F1 2021】最終戦アブダビGP続報:フェルスタッペン、“最強ドライバー”のハミルトンを倒し初戴冠”. webCG (2021年12月13日). 2024年2月2日閲覧。
  14. ^ 【F1 アブダビGP】ホンダ有終の美、セナ以来30年ぶりチャンピオン…フェルスタッペンが最終ラップで大逆転”. Response (2021年12月13日). 2024年2月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]