キース・オドール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
キース・オドール
基本情報
国籍 イギリスの旗 イギリス
生年月日 (1962-04-05) 1962年4月5日
死没日 (1995-09-11) 1995年9月11日(33歳没)

キース・オドール (Kieth O'dor, 1962年4月5日 - 1995年9月11日) は、イギリスのレーシングドライバー。ソールズベリー出身で、主にツーリングカーレースで活躍した。オドールはベルリンアヴスにおけるレースで事故死した[1]

背景[編集]

オドールは「O'dor」または「Odor」(その表記は毎年変化した)と表記されたが、元々の一家の姓は、ハンガリー語の「Ódor」であった。キースの父親、ヤノス・オドール(ヤンスピードを設立したヤン・オドールとしてよく知られる)は、ソ連によるハンガリー侵攻の後にイギリスに移住した。

ツーリングカー[編集]

オドールは1990年に日産・スカイラインGT-RでグループNのプロダクション選手権タイトルを獲得した[2]。1991年には父親のチーム、ヤンスピードからイギリスツーリングカー選手権に参戦し、日産・プリメーラをドライブした。その成績は総じて悪くは無かったが、特筆すべき物でも無かった。1993年イギリスグランプリのサポートレースとして開催されたBTCCシルバーストントヨタジュリアン・ベイリーウィル・ホイが接触、ホイの車のルーフが吹き飛び、コメンテーターのマレー・ウォーカーが当時のトヨタの宣伝文句「前の車はトヨタだ」をもじって「車を逆さまにするのはトヨタだ」と語ったことで有名だが、オドールはこのレースを制した。オドールはこの年をランキング6位で終えているが[3]、翌1994年は激しい争いに互することができず、日産はイギリスにおけるツーリングカーレースへの参加を一時的に終了した。

事故死[編集]

彼は1995年にADAC スーパー・トゥーレンヴァーゲン・カップドイツの2リッターツーリングカー選手権)で日産のワークスチームを運営していたBMSスクーデリア・イタリアに移籍した。

オドールはアヴスで行われたダブルヘッダーの第1戦で、BMWヨアヒム・ヴィンケルホックを破って優勝した。これは日産にとってこのシリーズにおける初優勝であった。第2レースではヴィンケルホックとピーター・コックスに次ぐ3位を走行していたが、左フロントサスペンションがコントロール不能となりコンクリートウォールに激突した。これは仮設コースに設置されたシケインの縁石に乗り上げたのが原因と考えられる。オドールのプリメーラは2度スピンしてコース中央に停止した。これは北ヘアピンカーブのアプローチ地点であった。後に付けていたアルフリート・ヘーガーハンス=ヨアヒム・スタックはこれを回避した。ヘーガーはプリメーラを回転させてしまい、その後フランク・ビエラアウディが右側面のドア部分に激突した。

オドールはイギリスでのレースが長く、ドイツにおける他のドライバーとは違って右ハンドル車をドライブしていたため、この事故で運転席側に衝突され重傷を負った。彼はベルリンの病院に空輸されたが、翌晩に死亡した[4]

記録[編集]

経歴[編集]

  • 1980年代 – ラリーでレース経歴を開始する
  • 1987年 – イギリス プロダクション サルーンカー選手権 – 2000ccクラス優勝(プジョー・205)
  • 1989年 – イギリス プロダクション サルーンカー選手権 優勝(フォード・シエラ コスワース)
  • 1990年 – イギリス グループN サルーンカー選手権 優勝(日産・スカイライン GT-R)
  • 1991年 – イギリスツーリングカー選手権(日産・プリメーラ eZX)
  • 1992年 – BTCC – ランキング12位(日産・プリメーラ eGT)
  • 1993年 – BTCC – ランキング6位, イギリスグランプリのサポートレースで勝利(日産・プリメーラ eGT)
  • 1994年 – BTCC – ランキング15位(日産・プリメーラ eGT)
  • 1995年 – ドイツ STW カップ – ランキング10位、1勝(日産・プリメーラ eGT)– アヴスで死去

イギリスツーリングカー選手権[編集]

凡例)(太字ポールポジション斜体ファステストラップ

チーム 車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 順位 ポイント
1991 ニッサン・ヤンスピード・レーシング 日産・プリメーラ eGT SIL
SNE
Ret
DON
Ret
THR
11
SIL
131
BRH
15
SIL
Ret
DON
1

10
DON
2

8
OUL
10
BRH
1

Ret
BRH
2

Ret
DON
9
THR
6
SIL
11
17位 10
1992 ニッサン・ヤンスピード・レーシング 日産・プリメーラ eGT SIL
6
THR
15
OUL
12
SNE
Ret
BRH
7
DON
1

16
DON
2

8
SIL
10
KNO
1

10
KNO
2

7
PEM
9
BRH
1

10
BRH
2

8
DON
Ret
SIL
Ret
12位 17
1993 ニッサン・カストロール・レーシング 日産・プリメーラ eGT SIL
Ret
DON
5
SNE
DNS
DON
9
OUL
4
BRH
1

2
BRH
2

2
PEM
5
SIL
1
KNO
1

7
KNO
2

11
OUL
10
BRH
5
THR
11
DON
1

8
DON
2

11
SIL
11
6位 82
1994 オールド・スパイス・ニッサン・レーシング 日産・プリメーラ eGT THR
9
BRH
1

11
BRH
2

Ret
SNE
4
SIL
1

8
SIL
2

DNS
OUL
11
DON
1

13
DON
2

12
BRH
1

12
BRH
2

13
SIL
DNS
KNO
1

14
KNO
2

14
OUL
10
BRH
1

16
BRH
2

DNS
SIL
1

11
SIL
2

Ret
DON
1

22
DON
2

18
16位 16
  1. ^ – レースは豪雨のため中断された。ポイントは与えられなかった。

参照[編集]

外部リンク[編集]