クロフト・サーキット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クロフト・サーキット
Croft track map.svg
所在地ノース・ヨークシャー, イングランド
主なイベントイギリスツーリングカー選手権
ナショナル・サーキット
コース長3.4 km (2.1 mi)
コーナー数12
レコードタイム1:13.656 (メキシコの旗 セルジオ・ペレス, T-Sport, 2008, イギリス・フォーミュラ3選手権)

クロフト・サーキットは、イギリスノースヨークシャーにあるダルトンオンティーズの近くにあるモーターレースサーキット[1]。ターマックサーキットは2マイル (3 km)強長く、飛行場の土地に基づいているが、基本的な飛行場回路から長い間移動している。同サーキットでは、イギリスツーリングカー選手権 (BTCC)、イギリスラリークロス、ピックアップトラックレースシリーズなどが開催されている。

歴史[編集]

クロフトでのレースの最初の記録は1920年代にさかのぼるが、クロフトサーキットが重要なモータースポーツ会場になったのは第二次世界大戦後のことだった。

第二次世界大戦の初めに、RAFクロフトという名前の飛行場が現在サーキットで占められている場所に建設された。クロフト飛行場としても知られるRAFクロフトは、主に爆撃機の飛行場として使用されていた。ウェリントンランカスターホイットリースターリングハリファックス爆撃機など、他にもさまざまな種類の航空機があった。

主に滑走路を失った爆撃機の帰還を伴う悪名高い事故が数多く発生。1機の爆撃機がドイツから戻ってきて、約4マイル (6 km)アトリーヒルの木に衝突。すべての乗組員の死亡が確認された。木の切り株は、1990年代半ばに地主によって削り取られるまで、アトリーヒルの負の記念碑として存在していた。

クロフトエアロドロームには、カナダの419飛行隊を含む多くの飛行隊があり、近くのエリホルム駅は、戦時中、しばしば空軍兵と地上要員で混雑していた。クロフトエアロドロームへの公道沿いの縁は、爆弾やその他の軍事機器の棚を保管するために使用され、当時の地元の子供たちにとって魅力的な場所だった。

敵対行為の終わりに、エアロドロームはRAFによって放棄され、格納庫などの主要な建造物のほとんどが取り壊され、近くの村でハードコアとして使用されているが、軍事時代の建物や建造物が近くの農地に残っているのを見ることができる。

1947年、実業家兼評議員のジョンニーシャムが土地のリースを取得し、ダーリントンとディストリクトエアロクラブを結成。しかし、クラブはわずか5年後に崩壊し、飛行場は使用されなくなった。

1940年代後半から1950年代にかけて、ダーリントン&ディストリクトモータークラブは滑走路と周辺道路を利用してさまざまなレイアウトでモーターレースミーティングを開催し、1962年にブルースロプナーと仲間の愛好家が公のオークションで会場の半分を購入し、サイトのトラックを1964年7月に完成させた。1964年8月の最初の会議[2]は、3万人から5万人の群衆が集まった。

何年にもわたって、サーキットは多くの有名な名前を主催し、国内および国際会議を主催してきた。しかし、ブランズハッチシルバーストーン、リッデンなどのイングランド南部のサーキットに注目が集まった為、1967年12月にクロフトはラリークロスの開催を踏みきった。イベントはITVのWorld of Sportによって利用され、ライブで放映された。ラリークロスはウィンタースポーツと見なされていたが、サーキットレースは続いた。 1981年までに収益性は低下し、サーキットは完全なリサーフェシングを必要とし、サーキットレースは終了した。地元の農家であるジョージ・シールドは、ラリークロスを運営するリースに同意し、ダーリントン&ディストリクトモータークラブと協力して、このスポーツのトラックの開発に成功した。クロフトは1987年と1990年のFIAインターナショナルカップイベントと1994年のFIAヨーロッパラリークロス選手権の英国ラウンドを開催した。

ラリークロスの注目を集めて、ターマックレースを再導入することが決定され、オートバイやカーレースの人気のコースとなった。

1コーナーと2コーナー

1997年、サーキットは大きな変革を遂げた。サーキットは2.127マイル (3.423 km)に延長され、新しいピット、パドックコンプレックス、コントロールタワー、観客エリアが建設された。

BTCCとブリティッシュスーパーバイクがすぐに改修の終えたクロフトで開催され、ブリティッシュスーパーバイクは2011年までの開催だったが、BTCCでは現在もクロフトで開催されている。

ちなみに、BTCCでボクスホールやホンダのワークスドライバーだった、ジェームス・トンプソンは、同コースが得意と語っていた。理由はトンプソンの地元に近く、走り込んでいたからだという。初めてトンプソンがBTCCでクロフトにて優勝したのはホンダ・アコードで参戦した98年であった。

参考文献[編集]

  1. ^ Motor Sport Magazine database”. Motor Sport Magazine. 2020年1月9日閲覧。
  2. ^ Lloyd, Chris (2019年7月26日). “Turning Point in History”. Darlington & Stockton Times (30-2019): p. 54. ISSN 2516-5348 

外部リンク[編集]