フォード・シエラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
5ドア(初期型)
3ドア(初期型)
メルクールXR4Ti
5ドア(後期型)
サファイア
1986年RSコスワース
1992年RSコスワース4x4
コクピット

シエラSierra )は1982年から1993年までドイツイギリスを中心としたフォード欧州部門が生産した中型ファミリーカーである。

概要[編集]

1982年9月21日に、それまで英独両国で生産されていたコーティナタウヌスの後継車として発表された。シエラの開発には、BMW時代に3シリーズを開発し後にGM副会長となるボブ・ラッツルノーのチーフデザイナーとなるパトリック・ルケマンら、その後の自動車業界で活躍する才能が結集していた。

デザイン[編集]

オーソドックスな3ボックスセダンであった従来のコーティナタウヌスを見慣れた人々の眼には、シエラの空力的なハッチバックデザインは非常に新鮮なものであった。

1981年に発表したコンセプトカー・プローブIIIの好評を受けて、この時代のフォードは生産車の「エアロルック」化を推進、北米では1983年モデルのサンダーバード、1986年のトーラスへとその流れは続き、特にトーラスは大ヒット車となった。

しかし、これに対してヨーロッパで生まれたシエラの販売は当初低調であった。コーティナタウヌスの需要層には余り好まれなかったらしく、特にイギリスでは「Jellymould」とか「The Salesman's Spaceship」[1]などと揶揄された。

また、ボディスタイルは3ドアと5ドアのハッチバックとワゴンのみとなり、トランク付きの4ドアセダンが用意されなかったことも不評であった。エスコートも同様にハッチバックのみであったので、一時期トランク付きのフォード車は大型のグラナダしか存在しなかったのである[2]

このデザインのもうひとつの問題は横風に対する不安定さであった。この問題はサイドウィンドウ後端に小さなスポイラーを取り付けることで解決したが、メディアでは大きく取り上げられ、販売の立ち上がりを阻害した。

なお、上級版の「ギア」と1985年に追加されたスポーティーモデルの「XR4i」は専用のフロントグリルと大型のヘッドライトを持っていたが、1987年にはハッチバック車もマイナーチェンジを受け、全てのシエラが「ギア」「XR4i」同様の大型ヘッドライトを持つようになった。

また、3ドア車は1985年からイギリスでは販売中止となったが、ヨーロッパ各国では最後まで販売された。

メカニズム[編集]

時流に先んじたスタイルにもかかわらず、シエラはライバルのオペル・アスコナフォルクスワーゲン・パサートとは異なり、コーティナタウヌス同様、後輪駆動レイアウトを採用した。このことはモデル後半になると居住性の面でライバルに対し不利となったが、その反面各種のスポーツモデルが人気を呼ぶ理由ともなった。

1982年10月に登場した時点でのエンジンは、OHV・1,294cc60PS、同1,593cc75PS、SOHC・1,993cc105PS(いわゆるピントエンジン)、V型6気筒2,294cc114PS、プジョー製2,304cc67PSのディーゼルエンジンが用意された。ギアボックスは4速が標準で、5速は1,600cc以上でオプションまたは標準であった。ギアボックスは当初はコーティナタウヌス用の「タイプ9」を用いていたが、V6やDOHCエンジン車は後に新しい「MT75」に改められた。また1,600cc以上には3速オートマチックも用意されていた。

1985年にはXR4i向けにV6・2,792cc150PS、同じくフルタイム4輪駆動を組み合わせたXR4x4には2,935cc150PSエンジンが追加された。さらに、旧態化して排気ガス規制への対応が困難となった「ピント」エンジンに代えて、1988年には1,800ccの新しい「CVH」エンジンが投入され、1989年には2000がDOHC化、1992年には1600も燃料噴射の「CFi」とされた。1990年にはディーゼルエンジンがフォード自製の1800ターボディーゼルに変更された。

派生モデル[編集]

サファイア[編集]

1987年には4ドア・ノッチバックの「シエラ・サファイア」が追加され、ようやくコーティナタウヌスを惜しむ声に応えられるようになった。

XR4i[編集]

1985年には2段構えのリアスポイラー、通常の3ドアと異なる6ライトのサイドウインドーなど、独自の外観を持つスポーツ版、XR4iが登場。欧州市場向けにはV6・2,800cc/2,900ccエンジンを搭載していたが、アメリカにも4気筒2,300ccターボ付きエンジンを搭載して輸出され、メルクールという新ブランドのローンチモデルとしてXR4Tiの名称で、BMWアウディなどと対応する欧州製プレミアム小型車としてリンカーン-マーキュリーの販売網を通じて販売された。シエラの名称はゼネラルモーターズオールズモビルの車種名として商標登録していたので用いることができなかった。メルクールXR4Tiは1989年まで販売されたが、商業的には成功しなかった。

RSコスワース[編集]

1985年にはターボ付16バルブDOHCエンジン「シエラ・コスワース」が登場した。2,000ccで204PSを発し、当初はグループAツーリングカーレース出場資格を満たすための500台限定の3ドアハッチバックとして登場したが、ティックフォードによってスポイラーやエアダクトを追加され、225PSに強化されたエボリューション版の「RS500」も製作された。

1988年になるとRSコスワースは新しい「サファイア」をベースに生産されることとなり、更に1990年にはスポーツセダンの「RSコスワース4x4」に発展した。13,140台の2WDと12,250台の4x4版が生産された。1992年以降は「エスコートRSコスワース」が登場し、市場を受け継いだ。

モータースポーツ[編集]

シエラのスポーツモデルである「シエラ・コスワース」「シエラRS500」は、ツーリングカーレースで世界的に活躍した。

日本では1987年に全日本ツーリングカー選手権(JTC)クラス1にプライベーターの手で登場。同年に長坂尚樹がドライバーズタイトルを獲得したほか、翌1988年横島久がドライバーズタイトルを獲得。1989年日産・スカイラインGTS-R(R31型)を駆る長谷見昌弘にドライバーズタイトルを奪われるものの、メイクスタイトルは死守した。ただ1990年スカイラインGT-R(R32型)が登場すると事実上勝負権を失い、1991年にプライベーターへのGT-Rの供給が始まるとシエラユーザーは次々とGT-Rに乗り換え、同年中に姿を消した。

欧米では1987年世界ツーリングカー選手権に登場、ドライバーズタイトルは逃したもののマニュファクチャラーズタイトルを獲得した。JTCとのダブル開催となった同年のインターTEC富士スピードウェイ)でも優勝を飾っている。

生産台数[編集]

販売の立ち上がりは不調で、イギリスでは先代のコーティナが長年維持していたベストセラーカーの座をエスコートに譲ってしまったが、約2,700,500台のシエラがドイツベルギーイギリスで1992年12月に生産中止されるまでの10年余りに生産された。また、欧州以外でもアルゼンチンベネズエラ南アフリカニュージーランドでも現地生産された。

当時の日本にも5ドア2.0ギアとXR4iの両車種は近鉄モータースを通じて正規輸入された。また、RSコスワースも4ドア版を中心に日本にも比較的多数が並行輸入された。

注釈[編集]

  1. ^ セールスマンの宇宙船・社用車に多く用いられているためにこう呼ばれた
  2. ^ 1983年にエスコートの4ドア版「オライオン」、1987年にシエラの4ドア「サファイア」が追加された。