グループA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

グループAは、自動車レースに使用する競技車両のカテゴリーの1つ。 グループB車両と同様、一般の市販車に改造を施したものがグループA車両だが、グループBよりも改造規制が強い。

概要[編集]

1981年FIA(国際自動車連盟)の下部組織だったFISA(国際自動車スポーツ連盟)によって、それまで1から8の数字によって形成されていたレギュレーション(FIA国際競技規則・付則J項)を改正し、AからF・N・Tという8つのアルファベットへ簡略化されたものの1つである。グループAは部門I(量産車部門)に所属し、4座席の大規模量産ツーリングカーが該当する。

連続する12か月間に2,500台以上(1993年より。それ以前は5,000台以上)生産された4座席以上の車両がホモロゲーション(公認)の対象となる。また、改良型の公認(ホモロゲーション)取得として、変形オプション(VO)には2,500台、スポーツエボリューション(ES)には、500台以上の追加生産が必要となっており、これらはエボリューションモデル、あるいは正常進化モデルと呼ばれる。

公認には有効期限があり、生産を中止した日から7年後に公認が無効となる。ただしメーカーによっては公認を延長するところもある。

1982年から施行され、ヨーロッパツーリングカー選手権世界ツーリングカー選手権(グループA規定の下で行われたのは1987年のみ)、世界ラリー選手権で採用された。 日本では1985年から1993年まで全日本ツーリングカー選手権で採用された。

しかし強力な戦闘力を持つ市販ベース車両を量産する必要があったことからメーカーの負担が増大し、加えて競争の激しさ故に高コスト化が進み、エントラントの減少を招いたため、グループA規定でのレース開催は事実上終了している。ただし規則としては依然機能しており、世界ラリー選手権のWRカー・スーパー2000スーパー1600グループRや、世界ツーリングカー選手権で採用されているTC1規定などの公認取得条件にもグループAの規則が用いられている。特にWRCは規則上はグループA車両が参戦することも可能であり、WRカーは2017年現在もベース車両の公認はグループAとして受ける必要がある。またグループAの派生であるグループN、またその派生と呼べるカテゴリが地域選手権に存在しており、レース界における量産ツーリングカーの定義として生き続けている。

主な車種[編集]

関連項目[編集]