フォード・ギャラクシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フォード・ギャラクシーとは、

「Galaxie」[編集]

ギャラクシー(初代)
ギャラクシー(2代目)
ギャラクシー・500(3代目)

1959年から1974年までの間、4モデルに渡り、アメリカ・フォードのトップレインジをになう後輪駆動のフルサイズモデルとして生産されていた。3代目はブラジルで生産されたほか、4モデルともに日本に輸入されていた。

初代[編集]

1959年にデビューした初代ギャラクシーは、ベストセラーモデルであった「フェアレーン」の上級版としてデビューしたが、翌1960年には早くもフルモデルチェンジし2代目となった。

2代目[編集]

1960年にデビューした2代目は、2ドアと4ドアのセダンとハードトップ、2ドアのコンバーチブルの5バリエーションを持つ量販車種として販売され、6気筒3700ccよりV型8気筒7000ccまでの多彩なエンジンバリエーションを持っていた。

なお、「リンカーン・コンチネンタル」や「マーキュリー・ミーティア」及び「モンテレー」と兄弟車種であった。

3代目[編集]

1965年にデビューした3代目からは2ドアハードトップがカタログ落ちしたものの、2代目がもつ多彩なエンジンバリエーションは3代目にもそのまま持ち越された。

なお、1967年より4ドアセダンとハードトップモデルがブラジルの現地法人でも生産され、ビッグマイナーチェンジを繰り返しながら、上級版の「LTD」、「Landau(ランドー)」と併せて1983年まで生産された。

4代目[編集]

4代目は1968年にデビューし、5ドアステーションワゴンが新たに追加されたものの、6気筒エンジンはカタログから落とされた。1974年に生産中止され、後継車種は同じくフルサイズの「LTD」となった。

「Galaxy」[編集]

ギャラクシー(フロント)
ギャラクシー(ドイツ仕様)

フォルクスワーゲンとの共同開発でフォルクスワーゲン・シャラン姉妹車1998年1月生産スタート。イギリスの他、ドイツでも製造を開始した。

車内のセカンドシートは180度回転。日本への輸入は1999年12月中止されたが、ドイツでは2000年代に入っても生産は続いた。

関連項目[編集]