フォード・モンデオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

モンデオMondeo )はフォード1993年から生産・販売している乗用車であり、ボディタイプは4ドアセダン、5ドアハッチバックステーションワゴンがある。初代の生産は欧州工場であったが、2代目からアジアの工場でも生産されている。

歴史[編集]

初代 Mk1・Mk2(1993-2000年)[編集]

Mk1
Mk2・後期型

フォード・シエラの後継車として60億ドルの費用をかけて開発され、1993年に発売された。1994年度のヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞している。

日本では1994年6月にセダンとステーションワゴンの発売を開始した。当時国産車では多くの車種がオプションだったエアバッグABSを標準装備し、セダンの1.8LXは200万円を切った車両価格が話題になった。また新聞では、「日本のフォルクスワーゲン・ゴルフはなぜ高いか」という比較広告も話題になった。

その後2.5リッターV型6気筒エンジン搭載モデルやディーゼルエンジン搭載モデルやスポーティモデルのGTも日本に投入されたが、この2.5リッターV6エンジンは2,543ccであり、日本の税制上では2,500cc超~3,000cc以下扱いとなるため日本市場での競争力という点では不利であった。

またイギリスではBTCC(英国ツーリングカー選手権)にも参戦していた。1996年にはマイナーチェンジが施され、フロントマスク及びリアデザインが大幅に変更されている。一見しただけでは同じ車とは思えないほどのデザイン変更であるが、これは当時フォードが進めていたオーバルデザインコンセプトに基づいたものである。またデビュー当初にそのデザインがあまりにも没個性的とあるという一部からの批判があったことも一因と言われている。

欧州ではクーペモデルはなかったが、北米ではこのプラットフォームを利用したモデルとしてマーキュリー・クーガーが発売された。

北米ではフロントマスクやCピラーからトランクエンドまでのデザインを変更した上でコントゥアおよびマーキュリー・ミスティークという2つのモデルとして生産していたが、サイズの割に車両価格がトーラスとさほど違わないため失敗し、3代目は北米市場に導入されなかった。

2代目 Mk3(2000-2007年)[編集]

Mk3モンデオ・5ドアHB
ST220
台湾仕様 メトロスター

2000年パリサロンで欧州デビューし、翌2001年5月に日本で発売された。ジャガー・Xタイプとは姉妹車の関係にある。フォード・フォーカスで培われた操縦性、安全性、そして人間工学面でのノウハウが反映されていた。デザインもフォーカスに通じるエッジの効いたものを採用しており、スコーピオンが消滅したことに伴う車格のアップとともにヨーロッパ・フォードの最上級モデルとなっている。サイズアップが図られたことにより、先代で問題点の1つとされていた後席の居住性が大きく改善され、全体的な品質も大きく向上している。2005年にマイナーチェンジを実施し、バンパーやグリル、テールレンズなどが小変更されている。

ヨーロッパを中心に多くの自動車ジャーナリズムの賞を獲得したが、2001年度のヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーではアルファロメオ・147に1点差で次点に終わった。

イギリス仕様のCMではトムとジェリー テイルズのキャラを使用。

日本へは2001年4月より販売が開始された。先代同様ハッチバックは導入されていない。2.5リッターV6エンジンは先代と違い2,494ccであるため、日本市場における自動車税額での競争力の不利が取り除かれた。2005年3月31日にはV6DOHC3リッターエンジンと6速MTを搭載したスポーツモデル・モンデオST220が20台限定で発売され、2006年6月1日にはカタログモデルとなった。ST220は最終的には53台のみ国内登録された。 この3代目は欧州に加え中国重慶台湾ベトナムと生産拠点が増えた。

尚、台湾仕様は「メトロスター」の名で販売されたが、フロント部分が大幅に変更され、高級感が増している。

3代目 Mk4(2007年-2012年)[編集]

Mk4モンデオ・セダン
Mk4モンデオ・ワゴン

2005年にフランクフルトモーターショーにてデザインコンセプトモデルであるイオシスを発表、2006年パリモーターショーにてプロトタイプが発表され、2007年5月より販売が開始された。プラットフォームはボルボが開発したEUCDプラットフォームを使用し、サイズは先代よりもさらに拡大されている。外観はフォードの新しいデザインテーマであるフォード・キネティックデザインを採用し、先代から大幅にイメージを変えた。ボディタイプは先代同様に4ドアセダン、5ドアハッチバック、ステーションワゴンが用意される。


4代目 Mk5(2013年-)[編集]

Mk5セダン
Mk5セダン リア
Mk5ハッチバック サイド
Mk5ワゴン リア

サイズはMk4とほぼ同じであるが、「ワン・フォード・プログラム」の下、この代より北米仕様であるフュージョンとはボディを共用する姉妹車になった。主要販売国は欧州各国、中国韓国(韓国の場合、2015年3月にフュージョンからスイッチしての販売)である。尚、フュージョンには未設定の5ドアハッチバックとワゴン(エステートもしくはツアラー)も引き続き投入される。

当代では更なるエンジンの大幅なダウンサイジングが図られ、ガソリンエンジンには1.0 L、1.5 L、1.6 L、2.0 Lの4種のエコブースト(ターボ)エンジンが用意されるが、(1.0 Lのみ直列3気筒。中国市場は1.5 Lのみ)、シリンダーヘッドと一体化されたエキゾーストマニホールドでコンパクト・軽量化を達成。一方、ディーゼルエンジンには1.5 Lと2.0 Lの2種のTDCIが用意される(韓国市場は2.0 Lのみ)。フュージョンに用意されるハイブリッドは各国仕様共通で設定されない。

2013年9月のフランクフルトモーターショーではヴィニャーレとのコラボレーションも発表され、2015年にも発売する予定である[1]

モータースポーツ[編集]

・1993年。イギリスツーリングカー選手権(BTCC)に参戦。ドライバーは、アンディ・ロウズポールラディシッチ。ラディシッチが3勝を挙げた。

・1994年も2台がフル参戦。またシリーズ後半に3台目がエントリーした。ラディシッチが2勝し、シリーズ3位を得ている。ボディカラーはブルー。

・1995年。2台がエントリーした。ドライバーは、ラディシッチと前年限りで引退した、ロウズに代わってケルヴィン・バートが参戦した。ラディシッチ6位。バートは9位。この年の全日本ツーリングカー選手権(JTCC)のシリーズ後半にプライベーターのモンデオが参戦。ドライバーは、和田久。またドイツツーリングカー選手権(STWカップ)にも参戦。ローランド・アッシュが初優勝した。

・1996年も2台がフルエントリー。ラディシッチとボルボに移籍した、バートに代わってスティーブ・ロバートソンが参戦。しかし参戦開始以来初めての未勝利と苦しいシーズンとなった。JTCCにも和田のモンデオが前年同様プライベータ―として参戦した。また引き続きSTWカップにも参戦。この年のドライバーは、アッシュと元F1ドライバーのティエリ―・ブーツェンワーレン・ヒューズの3人。この年限りでSTWカップからは撤退した。

・1997年もラディシッチが続投し、新たにウィル・ホイがルノーから移籍してきた。またインディペンデント(プライベーター)のマット・ニールも参戦したが、シーズン後半に日産・プリメーラに乗り換えた。STWカップに代わってスウェーデンツーリングカー選手権(STCC)に参戦を開始。スティグ・ブロングビストが参戦した。

・1998年はホイがフル参戦。また元F1ドライバーで1992年のチャンピオンナイジェル・マンセルもこの年スポット参戦だったが、モンデオをドライブした。またSTCCにも参戦。前年同様ブロングビストが参戦した。

ウィル・ホイドライブのモンデオ。1998
ナイジェル・マンセルもスポット参戦し、モンデオをドライブした。


・1999年は、ルノー・ラグナで1997年のチャンピオンを獲得した、アラン・メニュと昨年にプリメーラ

で2位になった、アンソニー・レイドをドライバーに抜擢した。またこの年からマシンのカラーリングも一新。イエローとブルーのカラーリングになった。メニュがモンデオにとって1996年以来の優勝を飾ったが、この年もクラッシュやマシントラブルに苦しみ優勝はこの1勝に留まった。STCCにもフル参戦。

アンソニー・レイドのモンデオシリーズ2位に入った。
チャンピオンを獲得した。アラン・メニュのモンデオ。

・2000年はスーパーツーリング最終年度となり、ワークスやプライベータ問わず撤退が相次いだが、フォードはBTCC参戦を継続。メニュとレイドのコンビに加え、撤退したボルボチームから移籍してきた、98年チャンピオンのリカルド・リデルを加えてモンデオはこのシーズンを支配した。メニュがドライバーチャンピオンを獲得。2位にレイド、3位にリデルというリザルトとなり、チームタイトル・マニュファクチャタイトルと合わせて3冠を達成し、モンデオはBTCC参戦を終了。有終の美を飾った。また前年に引き続き、STCCにも参戦した。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]